読切小説
[TOP]
迷いの刃
「待て、そこの者!私はリザードマンのナディアだ! 私と勝負しろ!」
旅の女剣士、ソレーヌ・ブラントームは森にさしかかろうとしたとき、何者かに声をかけられた。
振り向いてみると、確かにリザードマンがそこに立っていた。
腰にバスタードソードを佩いており、ただ立っているだけのように見えるが隙はなく、かなりの手練に見える。
だがそれでいながらレオタードのような服に包まれている身体は女性らしく、悩ましい曲線を胸元で描いており、またちらりと覗く太腿が眩しい。
「ずいぶん急な話ね。私はこのとおり女よ? ただ単にこの森を通り抜けたいだけなのだけれども?」
自分が女であることをアピールするかのように、身にまとっている黒のショートマントの前を開け、ソレーヌは自分の胸を揺らしてみせた。
彼女もまた、目の前のリザードマンに劣らぬ魅力的な身体付きをしている。
シャツは身体にぴったりとフィットしており、彼女の胸の大きさを強調していた。
丈も非常に短く、平らでくびれている健康的な色気を漂わせている腹部が露わになっている。
履いているパンツも丈がとても短く、そこから滑らかな脚が覗いていた。
シャツもパンツもすべて黒色で、それが彼女の肌の白さをさらに際立たせている。
「確かにお前は女だ。だがリザードマンは自身を磨くために戦士と腕試しをする。とぼけても無駄だぞ。お前の技量は一挙一動を見れば分かる!」
「だから貴女と勝負しろと? やれやれ、私の都合は考えてはくれないわけね……」
腰の剣を抜いたナディアにため息をつきながら、ソレーヌは右手にレイピアを、左手にダガーを構えた。
レイピアにしては少々幅広で、斬撃にも使える物だ。
ソレーヌも構えたのを見てナディアは満足げに微笑む。
「それでいい……では、行くぞ!」
ナディアがバスタードソードを構えて突進する。
戦いの火蓋が落とされた。




「でやあああ!」
鋭い掛け声と共にナディアのバスタードソードが、ソレーヌの喉元を狙って突き出される。
体を横に開きながらソレーヌは何とかそれを躱した。
だがそれだけでは終わらない。
突き出されたバスターソードがさらに袈裟懸けにソレーヌを狙ってなぎ払われた。
後ろに跳び下がってソレーヌはそれも躱す。
「まだまだぁ!」
下段からナディアの剣が切り上げられる。
「くっ……」
普通に下がるだけでは追撃され続けると判断したのだろう。
ソレーヌは蜻蛉返りを打ちながら後方に大きく下がり、ナディアとの間合いを取った。
「ふぅ、本気も本気のようね。怪我したらどうするの?」
「安心しろ、この剣は魔界銀製だから死ぬことはもちろん、怪我もすることはない。まぁ、魔物化はするだろうがな」
ニヤリとナディアが笑う。
魔界銀とはその名のとおり、魔界で産出される白銀の金属だ。
これによって傷つけられた人間女性は血の代わりに身に持っている精が溢れる。
そして入れ替わりに魔物の魔力を注がれて発情し、やがてはその魔力によって魔物と化するのだ。
男性が相手なら傷つけられたらその手創を負わせられた相手のことが魅力的に見えて仕方がないはずだ。
人間を傷つけたり殺したりすることを嫌う魔物娘にとっては一石で二鳥も三鳥も落とせる武器だが、人間にとってはやはり恐ろしくて厄介な武器である。
だが、それに対してソレーヌは涼しげに笑うだけだった。
「余裕を見せていられるのも今のうちだぞ……!」
再びナディアが突進した。
下から上、右から左、次々と流れるように連続攻撃が繰り出される。
「……」
それをソレーヌは、まるで水に浮かぶ一枚の葉のようにふわりとよける。
「はぁっ!」
ナディアが身体を一回転させる。
普通の剣士であれば意味の無い行為。
だが彼女はリザードマンだ。
後ろの腰から生えている強靭な尾が鞭のようにしなってソレーヌの顎を狙って飛んでくる。
リザードマンならではの奇襲だ。
「ふっ……」
だが、ソレーヌはそれもあっさりと躱した。
「なにっ……!」
一瞬驚いたナディアだが、でもすぐに気持ちを立て直す。
立て直せるだけの勝算が彼女の中にはあった。
涼しい顔をしているが、今のソレーヌのよけ方はやや際どかった。
尾先と彼女の顎先との距離はおよそ10センチ……最初は15センチほどの距離を保ってソレーヌは躱していたのだ。
その距離が縮んでいる。
『勝機はある……』
再び流れるような連続の斬撃がソレーヌに乱れ浴びせられる。
回数が重ねられるにつれてナディアの剣のスピードは上がり、ソレーヌと剣先の距離が縮まっていく。
8センチ、7センチ……
ピッ!
黄金色の細い毛がキラキラと宙を舞う。
ソレーヌの髪の毛先をナディアの剣がかすめ、斬り飛ばしていた。
「……っ!」
ここで初めてと言っていいくらい、ソレーヌが攻撃を繰り出した。
ひゅんと音を立ててレイピアが振られる。
「くおっ!」
慌ててナディアは身をひいた。
その間にソレーヌは再び宙返りを打ちながら後方に跳んで間合いをとる。
「ふぅ、危なかった……これはちょっと本気を出さないといけないかもね」
「何……?」
ナディアの眉がつりあがる。
こっちは全力を出してぶつかりに行ったのに、相手が本気を出していなかったことに、怒りと驚きを覚えた。
その間に、ソレーヌが少し姿勢を前傾させた。
攻める構えだ。
「させるか……!」
ソレーヌが攻撃をしかけて来る前にナディアは三度目の突撃を試みた。
目の前の女剣士にどれだけ余力があるか分からないが、さっきまでは自分の剣が当たりそうだった。
先の先を取り、このまま押し切れば……
だが、ナディアが一歩踏み出すより遥かに早く、ソレーヌが間合いに踏み込んできた。
人間業とは思えないほどのスピードだ。
「なっ!?」
反射的にナディアは剣を横薙ぎに払ったが、目にも止まらぬ速さで躱される。
剣先とソレーヌの身体との距離は僅か3センチ……
今のソレーヌのスピードをもってしたらもっと大きく距離を取ってかわせるはずだ。
だが最小限の動きと距離で躱されていた。
ようやくナディアは悟る。
自分の剣先が相手の身体に近づいたのは、間合いとスピードを計られ、誘導されていたのだと。
詰め将棋のごとく、ソレーヌの中ではチェックメイトへの道筋が出来上がっており、それももう終わりに近い。
最小限の動きで躱したソレーヌが反撃する。
ヒュンとレイピアがナディアの首を狙って突き出された。
首をひねって躱そうとしたが間に合わない。
レイピアの刃先がナディアの首を捉え、頚静脈を斬り裂く……
「ふわああああっ!?」
ナディアの口から声が上がる。
だがその声は激痛の咆哮ではなく、快楽に染まった嬌声だった。
血も吹き出ていない。
「こ、これはぁ……なに、なにいぃ!?」
「うふふ、勝負あったわね」
性的快感で身体に力が入らない……
ソレーヌがくすくす笑う声を聞きながら、ナディアは膝をつく。
膝をついた瞬間、ようやく状況が掴めてきた。
相手が持っていた武器も魔界銀製だったのだ。
魔物が魔界銀の武器で傷つけられても害自体はないが、発情の効果は十分通る。
だが、魔界産の武器を人間が持っていることはまずないはずだ。
「あ、あなたは……一体、何者……?」
子宮が疼き、下着が自分の淫液で濡れていくのを感じながらナディアは訊ねる。
「そう言えば、腕試しをするというのに名乗っていなかったわね。私はブラントーム家第二女のソワレ・ブラントームの第一女、ソレーヌ・ブラントームよ」
ブラントーム家……ナディアも聞いたことがある。
さるヴァンパイアの名家だ。
だが目の前の剣士からは魔力は感じないし、そもそも今は昼……とすると、彼女はヴァンパイアではない。
導き出される彼女の正体は一つ。
ダンピール……
ヴァンパイアが、インキュバスになる前の男性と交わった際に稀に産まれる突然変異種だ。
魔力と身体能力は母親ゆずりで、魔物の中でも上級である。
それでいながら容姿や気配の魔力はほぼ人間と同じ……一見だけでは魔物の中でも魔力に長ける上位種のバフォメットですら、彼女達をダンピールであると見抜くのは難しい。
リザードマンのナディアが彼女に勝てなかったのも、そしてダンピールであると見抜けなかったのも無理はない話であった。
「とは言え、貴女は強かった。貴女の剣に迷いがなければ、私も勝てなかったかもしれない……」
「迷い……?」
昂って荒い息遣いの下でナディアは訊ねる。
ソレーヌは頷いて膝を曲げ、ナディアと視線の高さを合わせた。
「あなたの剣は迷いや焦り、いろんな物で硬くなり、スピードが殺され、剣筋がぶれている。しかもその迷いは戦いに起因するものではない……」
自分でそこまで相手の弱点を挙げたところで、ソレーヌはハッとした顔をした。
ほとんど関連性のない根拠が彼女の頭の中で繋がり、ひとつの仮説を導き出す。
「ナディア……あなた、好きな人がいるんじゃない?」
「な……!?」
ナディアの頬が発情以外の理由でさらに赤くなり、目が泳ぎ出す。
彼女の反応を見てソレーヌの中で仮説が確信めいたものに変わった。
「いるみたいね。どんな人?」
「い、いにゃい! 知らないっ、あ、あんな弱いヤツ!」
どもっている上に噛んでいて、極めつけに「あんなヤツ」と本人の中で考えている人物のことが口から出ているということは、、本心は口にしている言葉と裏腹ですと言っているようなものだ。
そして、素直になれていない証拠でもある。
ソレーヌの顔にサッと捕食者の笑みが広がった。
意地っ張りな者を調教し、素直にしてやろうとする、ダンピールの本能とも言うべき物が彼女の心に沸き起こる。
「素直じゃないのね」
歌うような口調で言いながら、ソレーヌはナディアの背後に回り込んだ。
自分の脚をナディアのそれに絡みつかせて自由を奪い、彼女の両腕も外側から縛るようにして封じる。
そして手を、ナディアの大きな胸の膨らみに添え、揉みしだき始めた。
「ん、んぅ!? な、何を!? は、はぁう!」
いきなりの展開にナディアは戸惑うが、魔界銀による傷とダンピールの魔物をも悶えさせる指使いに、身体が反応して止まない。
拘束されているために逃げることもできず、ナディアは甘い喘ぎ声を上げた。
下着が冷たく濡れているのが不快で、眉が快感以外の物で寄る。
「ちょっと、素直になってもらうかなと思ってね。ねぇねぇ、もっと彼氏について教えてよ……」
「ば、バカ! そんなんじゃない! 付き合ってなんかいな……ふわぁあん!」
「んちゅ、れろ……でも、好きなんでしょう?」
ナディアのリザードマン独特な耳を、音を立ててしゃぶりながらソレーヌは訊ねる。
ソレーヌの問いにナディアは喘ぎ声で答えられない。
だが、首をぷるぷると振って否定をしようとしてみせた。
「ふーん……まぁ、なんだっていいけど、その人についてもっと教えてよ」
「彼とは……んぅ、とある学園都市で、ひゃう! で、出会ったの……」
もはや抵抗する気も黙秘を貫き通す気力も削がれてしまったようだ。
胸を揉まれて熱い吐息を吐きながら、まるで催眠術にかかったかのようにナディアは打ち明けていく。
「路銀を稼ぐため、あんっ、私はそこで……武術の客員講師を、ふあっ、2ヵ月勤めた……」
そこで出会ったのがナディアの想い人であった(彼女はまだ肯定していないが)。
彼はまだ学園に入学して2年目の、少年といっても差支えがないくらいの青年らしい。
当然、腕も未熟……ナディアの足元には到底およばない実力だ。
「だけど彼は、ま、負けず嫌いで……んっ、倒されても倒されても立ち上がってきて、くぅっ、でも目がキラキラしていて純粋で……ひあ、ひたすらまっすぐで」
おそらく、そこがナディアの恋心をくすぐったのだろう。
『……っと言うより、ベタ惚れじゃない……』
胸を揉みしだき、傷口を舐めて魔力のこもった唾液を擦りつけながら、ソレーヌは呆れる。
攻め手を休めないまま、ソレーヌは続きを促した。
「そのまま……客員講師をやる期間は、お、終わって……はうぅ、私はその学園を去ったけど……彼とは未だにて、手紙でやりとりをしていて……」
「何よ、彼もまんざらじゃないじゃない。 なんで付き合わないのよ?」
我慢できなくなり、思わずソレーヌは本音を吐いた。
だが疑問を口にしながら、その答えは彼女も分かっている。
「私はリザードマンで強い男を夫にしないと……」
これだ。
リザードマンの本能とも言うべき「自分を打ち負かした強い男を夫にし、子どもを産みたい」という深層心理が彼女の恋心の枷になっているのだろう。
しかしそれは、人間の視点も持つダンピールのソレーヌからしたら、言い訳である。
そんな物は自分の気持ち次第でいくらでも打ち破れるはずだ。
少なくとも、「彼のことが好き」と認めることくらいはできるはずなのに、ナディアはそうしない。
「でも、好きなんでしょう?」
「うあ、私は、わたしは……」
ソレーヌによる愛撫に加え、彼に関することを自分の口から説明して自分で整理された結果か、ナディアは否定せずにうつろにつぶやいた。
ダンピールが追い討ちをかけてくる。
「好きなんでしょう? ほらほら、認めてしまいなさいよ。好きなんでしょう?」
「う、うううう……」
「好きならばちゃんと好きって言わないと……それでキスとかくらいしておかないと、他の魔物に盗られるわよ?」
ソレーヌは少し脅しをかけてみた。
だが、それでもナディアは認めない。
「ずいぶん意地を張るわねぇ……」
焦燥感ではダメかと判断したソレーヌは攻め方を変えてみた。
魔物らしい、快楽を主とした方法に。
「なら考えてご覧なさい。この手が彼の手だと想像したら……?」
「……っ!」
ナディアの身体がびくんと跳ね、体温がさらに上昇したのをソレーヌは、そしてナディア本人は感じた。
ソレーヌの言葉通り想像して、感度が上昇したのだろう。
彼女の喘ぎ声にあてられて自身の股間も熱を持っているのを感じながら、もうひと押しだとソレーヌは笑った。
右手を胸から離し、ナディアの下腹部に持っていく。
そしてクロッチ部分を下着ごとずらして、秘部を露にした。
ナディアの秘裂はソレーヌのそことは比べ物にならないくらい、愛液をとろとろとだらしなく垂れ流している。
指を這わせてみるとそこはすっかり解れており、男を受け入れる準備が完全に整っていた。
「や、やめて……そんなところ、触らないで」
「どうして? 気持ちいいんでしょう? このまま止めたら生殺し状態で、気が狂いそうでしょう?」
自身も女だから、ソレーヌはナディアの状態が手にとるように分かる。
くちゅくちゅと膣の入口を、音を立てていじった。
「んあああ、止めて欲しくないけど……」
「けど?」
逆接続詞が続いたことに、ソレーヌは一瞬怪訝に思った。
が、すぐに理解する。
「分かった。彼以外に触れられたくないんでしょう?」
「そ、そんなこと……」
「あらら? まだ認めないの? じゃ、私も面白くないからや〜めた」
わざと意地悪くソレーヌは囁き、膣から指を離した。
「あ、あ、あああ……」
切なげな吐息がナディアから漏れる。
快感の代わりに不完全燃焼の苛立ちと焦燥感がナディアの身体に沸き起こっていた。
物足りないと言わんばかりに身体がふるふると揺れる。
頃合だと判断して、ソレーヌは愛液まみれの手をナディアの前にかざして訊ねた。
「もしこれが彼の指だったら、どうされたい? ん?」
「……して欲しい」
少しの間、ナディアの荒い息遣いと呻き声のようなものだけが響いていたが、ぽつりと何かを彼女がつぶやいた。
「ん? 聞こえないわよ〜?」
「……! 気持ちよくして欲しい! レントスに気持ちよくして欲しい……!」
恥も理性も意地もかなぐり捨て、ナディアは叫んだ。
訊かれてもいなかったのに、想い人の名前を呼んだのは堕ちた証拠だろう。
だがソレーヌはもう一歩、満足していなかった。
「う〜ん、気持ちよくして欲しいだけかぁ……」
考え込むような口調で言いながら、秘裂の表面を攻め立てる。
人差し指と中指で陰唇をこじ開けるようにだけにとどめ、クリトリスも膣内も攻めない。
彼女を絶頂させる前に、どうしても言わせたい言葉があった。
「もう一度だけ聞くわよ……ナディア。彼……レントスくんの事が好き?」
元々、答えは彼女の心の中にはっきりとあった。
リザードマンの本能の枷がかけられ、意地で包み隠されていただけだ。
答えはすぐに返ってきた。
「好き、好きなのぉ! レントスのことが、本当は大好きなのぉ!」
悲痛なまでに本心がこもった叫び……
ぎゅっとソレーヌがナディアを左手で後ろから優しく抱きしめる。
「ようやく素直になったわね。それをレントスくんに言うのよ?」
「うん、言うぅ……」
ソレーヌに挑んだ時の気迫や意地を張って叫んでいた彼女はどこへやら、ナディアは幼女のように聞き分け良く頷く。
素直に調教されたナディアの後ろで、ソレーヌはにんまりと達成感に満ちた笑みを浮かべた。
「大変良く言えました。それじゃ、ご褒美をあげないとね」
くちゅりと指を二本、ナディアの膣内に潜り込ませる。
レントスに気を使って、入れるのは第一関節までだが、それでも十分に彼女を絶頂に導けるはずだ。
「ふううっ! い、いい! あ、ああん!」
あられもない嬌声を上げてナディアはよがる。
『あんなに凛としていた彼女がこんなに可愛い声を上げて乱れるなんて……この姿を見られるのは、あとはレントス君だけなのね。幸せ者だわ』
ナディアを攻め立てながら、ソレーヌは考える。
彼女の乱れ様は堕ちる前と比べると本当に可愛らしく、女のソレーヌですらおかしな気分にさせた。
ナディアの秘裂をいじっているときから火照っていた蜜壷が、ぐじゅぐじゅと奥から熱い粘液を吐き出しているのを感じる。
ショーツの下で蕾が硬さを増し、触って欲しいと蜜壷と一緒に主張していた。
『でも今はこっちが先ね……!』
自分の欲を押さえつける代わりに、ナディアをより一層激しく攻め立てる。
「やっ、だめぇ! そんなに激しくされると私……わ、わたし……ああっ!」
ナディアの身体がぴくぴくと震える。
もうすぐ絶頂だ。
ソレーヌは左手で乳首を軽く抓りあげ、人差し指と中指の根元でクリトリスを挟んで刺激し、そして膣肉を抉るように圧迫した。
3点も感じるところを一度に攻められてはたまらない。
後ろからソレーヌに抱きしめられたままナディアは身体を弓なりに反らして達した。
「くっ、ふああああ……」
しばらく身体を硬くしていたが、やがてその身体がだらりと弛緩した。
「ああ、レントス……好き、大好きぃ……」
ぼんやりとつぶやく声は弱々しくなり、そして彼女は意識を失った。



「う、ううう……」
どれくらい時間が経っただろうか、呻き声を上げてナディアは目を覚ました。
戦闘直後の情事の影響で、身体が重い。
「……ソレーヌ?」
返事はない。
彼女の姿は忽然と消えていた。
まるで先程のことは夢だったのではないかと思うくらいだ。
さらにはナディアの服は整えられている。
だが……
「夢のはずがないわよね……」
自分の下腹部を押さえながら、ナディアはつぶやいた。
下着には自分が反応した証が残っている。
そして今も、レントスを求めて下着に包まれている性器は疼いていた。
「ああ、レントス……」
つぶやきながらナディアは立ち上がった。
やるべきことは決まっている。
今すぐにあの学園都市に戻って、自分の素直な気持ちをレントスに伝えるのだ。
まだ少しけだるいが、ナディアはその脚を学園都市に向けるのであった。




「ふぅ、素直に行ったようね……」
学園都市の方へ向かって歩いていくナディアを、近くの樹の上から見つめてソレーヌはつぶやく。
ナディアの足取りは情事の影響か少しおぼつかないが、それでも迷いは見られなかった。
「きっと上手く行くわ。素直になったらあんなに乱れて、そしてその間、彼の名前を何回も呼んだのだもの……」
ナディアの乱れ様を思い出し、彼女をイカせるために後回しにしていた自分の蜜壷が再び疼き出す。
「それにしても、あんなに男の人の事を好きに思えるなんて素敵だなぁ……私にも、いつかそんな人が現れるかなぁ……」
まだ見ぬ未来の恋人に思いを馳せながら、木の上でソレーヌは自分の下腹部に手を伸ばした。
12/06/23 12:39更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
はい、そんな訳でリザードマンと……ダンピールのSSでした。
……あらすじやタグの時点でバレバレだったでしょうか?

やはりダンピールさんは他の魔物娘と絡ませるほうが動かしやすいですね。
そして今回はリザ子が犠牲になったのだw

なお、ダンピールが一目ではそれと分からないという設定は、健康クロス様に直接お尋ねして確認しました。
他にも訊いたことでは、ダンピールは人間女性をヴァンパイアに変えることができるけど、積極的には変えようとしないのだとか……

では、次は『雨の日に焼鳥と……』を更新するつもりです。
結構短いのはこのSSにも手を付けたため……おや、こんな時間にだれか来たようだ……

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33