『蒼い水晶のみる風景』

(・・・あれ? 私は・・・なんで海の底にいるの?)

マコは自分がおかれている状況に疑問を持っていた。なぜならば・・・
海の底から空を見上げているから・・・

(・・・私はどうして・・・ここにいるの?)

マコは過去を思い出そうとゆっくりと目を瞑り・・・思い始めた。

(私は・・・嵐の夜・・・家族の漁船が心配で・・・同い年の15歳の彼氏の・・・ナオ君の静止を振り切って・・・船着場に・・・それで・・・止め縄をしっかりむすんだ・・・あとに・・・・・・っ!!)

彼女はしっかりと思い出した!!

(そうだ・・・私・・・『流された』んだ・・・そしてそのまま・・・海に沈んで・・・あぁ・・そうか・・・)


私・・・死んじゃったんだ・・・・


(・・・でも・・・なんでか体の感覚があr)

ふと自分の手のひらを月明かりの空にかざした・・・・

「え ??・・・・な、なによ・・・コレ!!」

その手は・・・真っ青だった。

バッ!!

そして体全体を見るマコ・・・その眼でみてしまった・・・自分の姿を・・・

体全体が蒼く、足『だった』ものはヒレになり、尾ひれが生え、手を耳へ這わせると横に尖っていて・・・頭には角のようなモノが・・・

「わたし・・・人じゃなくなった・・・の・・・」

<<怖がらないで下さい・・・>>

「っ!!・・・・だっ誰ですか!!?」

<<貴女はあの夜、海に溺れて死掛けでした・・・でも貴女から必死に生きようとする気持ちとともに、誰かに謝るように叫んでいました。>>

「・・・!! ・・・・ナオ・・・くん・・・」

少し涙ぐむマコ・・・

<<おそらく思い人でしょう? そんな幸せな人をこのまま死なせてしまうのは忍びないので・・・『ネレイス』になっていただきました>>

「グスッ・・・ねれ・・・いす???」

<<海の魔物の一種です。>>

「・・・魔物・・・」
(魔物・・・か・・・街で見かけることが多かったけど・・・まさか自分がなるなんて・・・)

<<・・・彼と一緒にいたいですか? >>

「っ!? モ、勿論です!!」

<<ふふっ、正直ですね・・・ではココで少し力を付けて彼を迎えにいきなさい。今の貴女のままでは陸にすら上がれませんから・・・>>

「あっ、あなたは・・・?」

<<わたしは海神ポセイドン・・・貴女の生みの親でもあります・・・>>

「・・・わたし、また・・・彼に会えるんですか ?」

<<えぇ・・・ただ其の為にはココで魔力を貯めないといけないので・・・5年ほど居てもらいます・・・>>

(5年・・・か・・・でも!!)

「・・・分かりました!! また、ナオくんに会えるなら!!」

そしてマコはソコから5年、海の底でひたすら思い人のために力を蓄えていた・・・




5年後、地上・・・ナオの家・・・




一階建ての海の見える平屋・・・そこのテラスにてを突き燦々と降り注ぐ太陽を仰ぎながら彼・・・ナオは思いにふけっていた・・・

(・・・あれから5年か・・・)

「マコ・・・オレあの時おまえにもっとキツく注意していれば・・・ずっとその後悔しか無かったよ・・・」

(本当に今でも思い出すと辛くなる・・・酷いときは海に身投げしそうになったり、首括りかけたりもした・・・でも・・・)

「・・・ナオ・・・」
と心配そうにナオを見つめる女性・・・同い年だろうか?

「・・・ぁ・・・ゴメン、ナナ。」
「・・・うぅん、私も時々思い出しちゃうもの・・・マコのこと・・・」
「・・・あの頃良く3人で遊んだな・・・」
「ふふっ、15歳になって幼馴染といっても女の子と遊ぶのはちょっと変わっていたかもね!!」
「ちょっ!! ナナ!! 」
そう、彼女・・・ナナはマコ、ナオの幼馴染であり・・・

「・・・でも、ちょっと悔しいな・・・」
「えっ? 」
「今『彼女』になってるアタシよりもナオの心に残ってるマコのこと・・・」

現、ナオの恋人だった・・・

「・・・ナナ・・・本当に今までありがとう、な・・・お前が傍で励ましてくれなきゃ今頃・・・マコのもとに逝っていたかもしれないから・・・」
「ナオ、それは言わない約束!!・・・さ、お昼食べましょう。」
「・・・うん。」
フフッと影のある笑いをするナオを心配しながらも微笑んで食事に誘うナナ。

・・・そのとき2人は気付かない・・・


『水面から顔を出していた何者かの視線に』・・・

チャプン・・・

そしてそれは静かに水中へと姿を消した・・・





夜・・・




リビングで暖を取っていたナナとナオ。すると・・・

ピンポーン♪

「うん? 誰だ?」
「私が行くよ。」

トットットッ・・・

「はぁい? 何方ですか?」

・・・ゴトッ

「 ? 」

・・・ヒタッヒタッヒタッ・・・

「なにか郵便受けに・・・あら? 蒼い通信水晶?珍しい・・・ 」
不思議がりながらも『ソレ』を持ってリビングに戻る

「お ? 誰だった? 」
「それが・・・コレを入れて何処かに行っちゃったのよ・・・」

ゴトッ

と、ソレをテーブルに置いた瞬間!!

「っ!!!?」
急に顔面が蒼くなるナオ・・・心なしか震えている・・・

「っ!! ど、どうしたの!? ナオ!!」
「・・・そ、それは・・・本当に『今』はいっていたのか?!」
「え? えぇ・・・」
異様に怯え始めたナオ・・・ナナは訳がわからないので聞いてみた・・・

「ねぇ、ナオ? この通信水晶がどうかしたの? 」
「・・・『ソレ』は・・・5年前の嵐の夜・・・オレがマコにプレゼントしてそのままマコと一緒になくなっていた【蒼い水晶】だよ・・・ほらっ・・・ココ・・・」
そういって水晶の一角に・・・

M&N・・・XX_xX_xx

と文字と数字がほってあった・・・
「この数字・・・この水晶を送った日なんだ・・・ここらで『たった1つ』の蒼水晶で町中どころかここら一帯探しても片手で収まる人数しか持っていないんだ・・・・そして『M&N』は・・・」
「『マコ・ナオ』・・・・っ!!」
ことの異常さに気がついたナナ!!

「なんで・・・今・・・まさか・・・」
「マコはいきていr」

そのとき!!


ピルピルピル〜♪ ピルピルピル〜♪

・・・通信水晶が音と共に発光した・・・・通信が来た合図である・・・

「「っ!!!??」」

ナオは恐る恐る通話の操作をし、通話を試みる・・・

「もっ、もしもし・・・」
「・・・あはっ・・・やっと声が聞けた・・・久しぶりだねナオくん・・・」
「なっ!? だっ誰d」
「今、会いに行くね・・・」

ガチャ・・・ツーツーツーツー


「な、なんなんだ・・・」
「ナオっ!! あ、アタシこ、怖いy」


コン・・・コン・・・


「「っ!!!!!!!!???????」」

・・・リビングにつながっているテラス側から・・・

ノックの音が・・・

「ひどいや・・・ナオくん・・・」
「っ!! マ、マコ・・・なのか!?」
「ひっ!?」

囁かれた言葉に動揺するナオ、恐怖に負けて悲鳴を上げるナナ・・・

「私・・・ナオくんに会いに来るためだけにずっと海で我慢してたんだよ?」
「・・・・」
「・・・バタッ」
とうとう耐え切れなくなって気絶したナナ・・・

「それなのに・・・ナオくんはナナと付き合っていたなんて・・・」
「どうして・・・」
「私・・・こんなにもナオくんのこと・・・思っていたのに・・・」
「どうして今ままで黙っていたんだよ・・・」
「・・・海から出れなかったからだよ・・・ナオくん・・・」
「出られないって・・・魔物でもないn」
「私今・・・『人じゃない』の・・・」
「・・・え?」
「今のわたしは・・・」

カラカラ・・・フワリッ!

ドアを開けたことで風が入ってカーテンがめくれ上がった・・・

「・・・『ネレイス』だもの。」

「・・・」
月明かりに照らされた人外の美しさに息を呑むナオ。

「・・・ふふっ、どうかな? きれい・・・かな? 」
「ぁ・・・あぁ・・・キレイ・・・だ・・・」
「ありがと。」

5年前と違いお互いに成長したナオとマコ。
胸が露出し、腰が括れ、秘所を一切隠そうとせず、妖艶な笑みをみせるかつての『彼女』に心拍数が上がり、興奮していくナオ。

「・・・ねぇ久々の再開に・・・ヤラナイ?」
キラッとマコの目が光った瞬間・・・

犯 せ 犯 せ 犯 せ !!!!!!

ナオの脳内はピンク一色になった・・・

「ふふっ・・さぁ楽しみましょう? ナオ?」
「・・・うん。マコ・・・」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「うっう〜〜〜ん・・・」
と、頭を抱えながら首を振り意識を覚醒させていくナナ。

「あ、あれ? 私どうしt」
「あ、起きた? ・・・あん♪・・・もっと奥ぅ!!」
「っあ!! マコォ!! また!! また出すぞ!!」
「きてぇ!! また私にそそぎこんでぇぇ!!」

ドピュゥゥゥ!! ドプッドプッ!!・・・・

・・・ナナは再び気絶しそうになったが・・・

「させないわよ!!」

キンッ

「っあ!? な、何っ!?これぇぇ!!・・・体が・・・あちゅいのぉ〜!!」
マコは気絶しかけたナナに魅了の術を使用し、強制的に発情させた!!

「ふふっ、ナナ・・・あなた私のナオを横取りした罰で自慰してなさいよ。そのうちに・・・」
「ハァハァ・・・っあ!! そんな締め付けないでくれ!! また、また立っちまう!!」
「いいの!! ナオくん!! もっと出して!! 私が貴方の『所有物』ってことを刻みこんでぇ〜」

キュゥゥゥっと締まるマコの蜜ツボ・・・

「っはぁ!! ・・・じゃあ・・・もっと刻んであげるよ!! マコ!!」
「あはっ・・・うれ・・・しぃ・・・ひゃう!! そこ、かんじ・・・しゅぎちゃぅぅぅぅぅ!!」
「はぁぁっ!!・・・あっ・・・あっ・・・しゅごぉいぃぃ・・・ふたりぃ・・・きもひ・・よさしょ・・う・・・キャウン!!」
興奮したナオがその剛直を出し入れし始め、Gスポットにヒットし喘ぐマコ。それをみていたナナが激しい劣情に耐え切れなくなって激しく自慰を始めた・・・

その後マコ達は・・・対面座位で激しく繋がる。側伏位で胸をコレでもかと揉みしだく。後背位で尾ひれを抱きかかえて尻を浮かし更に深く深く繋がる。
何度目かもわからない射精の時・・・

「んくっ・・・マコ・・・ナオ・・・もう・・・たえられ・・・ないよぉ・・・せつ・・・ない・・・よぉ・・・」

と、とうとうナナが絶えられなくなって下着をびっしょりと濡らし、床に池を作り、体液まみれの上気した顔で泣いて懇願してきた・・・

「・・・じゃあ・・・私に一言言うこと・・・あるでしょ? 」
「ヒグッ・・・ウ・・・マコ・・・ゴメン・・・なさい・・・」
「・・・ふぅ・・・いいよ。ゆるしてあげ・・・るっ!!」
「ひゃぅぅぅぅぅん!!」

ぷしゃーーーーーっ!

謝罪したナナにマコは許してあげるといって手をナナのクリに這わせて思いっきり抓った!!
その瞬間盛大に潮を吹くナナ・・・

「じゃあ今度は・・・3人でたのしみましょ♪」

そうしてその家からは朝方まで2人のカノジョの喘ぎ声が木霊した・・・







朝方の最寄の浜辺・・・




「・・・ねぇナナ。ほんとにいいの?」
「うん。私もマコと同じになるよ!!」
「・・・ナオだけ迎えに行くつもりだったのに・・・」
「・・・迷惑・・かな・・・」
「逆。また3人でいられるんだもん。嬉しいにきまっているじゃない♪」
「マコォ・・・ぐしゅっ・・・」
「あぁ〜もう・・・ナナは昔からなきやすいな・・・」
「でもソコがナナらしいところじゃない? ナオ。」
「・・・ふふふ、だな!! 」
「ちょっとぉ!! ひどくない!? 2人とも!!?」
『はははは〜!!』

「・・・では儀式をはじめますよ?」
と傍で控えていたシー・ビショップさんが控え目に言ってきたので・・・

『よろしくお願いします。』

と三人仲良く返事をした。



・・・青年が住んでいたい家には『蒼い水晶』がいまも綺麗に輝いていた・・・

Fin

おまけ

「なぁマコ。」
「ん? 何? ナオ。」
「どうしてあの夜、あんな手の込んだことしたんだ?」
「だって・・・あっちの方が登場がかっこいいし!! 何より『ヤン属性』っぽくないっ!?」
「・・・・とりあえずリク主のヤドカリさんに謝れっ!!」


はい!! リク貰って書いた結果がこれだよっ!! のjackryです。
いかがでした?
ヤン属性は・・・皆無になってしまった・・・不甲斐ないです!!(´;д;`)

11/04/19 11:38 jackry

top / 感想 / 投票 / RSS / DL

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33