読切小説
[TOP]
鞭禁止プレイ!
「ウィンケル、最初に貴様が選ぶがいい」
アマゾネスの族長の言葉に私は戸惑う。
今回、私はアマゾネスの男狩りに傭兵として参加した。
与えられた役割は囮……本隊とは別行動をして、ターゲットを護衛している用心棒をターゲットから引き離すのが役目だった。
作戦は大成功。
ターゲットは全員、本隊のアマゾネス達に捕縛され、用心棒たちも囮部隊と本隊に挟み撃ちにされ、狩られた。
男狩りが終わり、戦利品の男を分け合っているのだが、囮部隊の中で私が他のアマゾネス達を差し置いて一番に男を選ぶ権利が与えられた。
「いいの?」
「ああ、貴様は客将だからな。我らアマゾネスは、礼は忘れぬ。別働隊の働きとしても素晴らしかったと聞いている。さぁ、好きに選ぶが良い」
「それではお言葉に甘えて……」
私は頭を下げ、縛られている男を物色していく。
今回のターゲットは旅をしていた反魔物派の富豪だったらしい。
豪奢な服を着たボンボン、雇われた屈強そうな用心棒……いろんな男がいる。
その中で、私は一人の少年に目をつけた。
ごく一般庶民が着ているような服を纏っている、痩せている少年だ。
恐怖に震えて目を潤ませている様子にダークエルフの嗜虐心がそそられる。
「この子が良いわ」
「ほう、可愛らしい子ではないか。良かろう、連れて行け。それからこれはついでの報酬だ。持っていくがいい」
そう言って族長は私に富豪が持っていた金銀財宝の一部を私に持たせた。
おそらく、ひと月くらいは遊んで暮らせるほどの量である。
だが確かに、族長の言うとおり「ついで」だ。
私たち魔物娘の何よりの報酬は男なのだから。
こうして私は私の奴隷候補を連れ、意気揚々と故郷に凱旋したのだった。


その日の夜……
故郷に向かう途中で私と少年は宿に泊まった。
魔物娘のために、いくら嬌声を上げても何をしても迷惑にならない、防音魔法が施された宿だ。
「うふふふふ……」
ランプの明かりを消し、私は笑う。
今からこの少年を私の奴隷として調教する……
何も知らないこの無垢な少年を、私好みの男に……そう思うだけで私の股間が潤んでくる。
夜目にも、彼がこれからのことに対する恐怖に震えている姿がダークエルフの本能をくすぐった。
私はダークエルフの魂とも言える鞭を取り出す。
そして少年に、これから行われることを知らしめるために、鞭で床を打ち据えた。
「ひいいいいいいっ!?」
尋常ではない悲鳴が少年の口から上がる。
私は面を食らった。
男を調教する術は故郷で学んでいる。
父などを練習台に鞭などのあらゆる調教の技術も身に付けていた。
母や姉、近所の人など、他のダークエルフが男を調教する様子も見学している。
そういうわけであらゆる男がダークエルフの調教によって奴隷として堕ちていく様子を一から見ているのだが、このような反応をする者は初めてだ。
「やめて、やめてぶたないで……やめてやめてやめて……」
うわ言のように少年がつぶやき、怯えていた。
まだ調教されていない男は誰でも最初は鞭で叩かれることを嫌がり、やめるように泣き叫ぶ。
だがやがては鞭の快楽を知り、奴隷として、マゾヒストとして堕ちていったものだった。
目の前の少年も、言っている言葉はその男たちと同じである。
しかし彼は調教される喜びを知らないから拒絶している訳ではなさそうだ。
『何かが違う……!』
私の頭の中で警報が鳴り響いていた。
このまま鞭を振るってはいけない、振るったらこの少年は壊れる……そう叫んでいる。
私たちはあくまで「調教」するのであって「壊す」ことはしない。
奴隷を壊してしまうのは、それは調教失敗であり、ダークエルフとして恥ずべきことのひとつだ。
どうするべきか困り、私は鞭を振り上げたまま固まってしまう。
「やめて、ぶたないで……う、ううう……」
少年はまだ怯えている。
「……」
バチンっ!
無言で、もう一度床を鞭で打ってみた。
「ひいいっ!?」
少年の怯えが強くなった。
その様子に私の中である一つの考えが浮かぶ。
『……もしかして、この子は鞭の味を知っている?』
それを考えると、いっきに私の頭の中に、少年の情報が蘇ってきた。
今回の男狩りのターゲットは反魔物領の富豪だった。
ターゲットの団体の中にいた男たちは、富豪、その息子たち、用心棒、そしてこの少年……
富豪と息子たちはいかにも金持ちらしく、いい服を着ていた。
用心棒とこの少年はそうではなかった。
用心棒たちは皆、屈強な身体つきをしていた。
だがこの少年はおよそ用心棒も務まりそうにない、痩せた身体だ。
『……少なくとも、この少年は富豪の息子ではない。かと言って、用心棒でもない……』
この少年を選ぶときにはまったく気にしなかったことを、頭の中に列挙し、整理していった。
糸くずのようにこんがらがっていた謎が少しずつ解されていく。
やがて糸くずが完全に解され、ピンとひとつの糸になった。
『まさか……!?』
私はランプを再び点け、少年の服をやや強引に剥いだ。
さっきほどではないが、私の行動に少年が怯える。
「こ、これは……!?」
一方、私は驚愕と怒りに目を見開いていた。
私の目に映っていたのは、少年の身体に走る無数の傷跡……
鞭の傷跡も確認できた。
だが、この傷跡はダメだ。
調教のためではない、傷が残る、痛めつけるため、あるいは八つ当たりの打ち方だった。
不自然な火傷の痕も見られる。
焼きごてか何かを押し付けられたような痕だ。
「ひどい、誰がこんなことを……」
震える声で私はつぶやいた。
誰がやったかまでは分からない。
だが、なぜこの少年にこのような傷跡が付いているかは分かった。
この少年は、性的な意味ではなく、真の意味での奴隷だったのだ。
人間としての権利も自由も認められず、他人の支配下に非人道的に労働させられ、懲罰として嬲られる奴隷……
少年がそれまで受けた仕打ちのことを思うと、私は胸が張り裂ける思いだった。
「……」
少年は何も言わない。
ただ黙ってじっと、自分の傷跡が私の目にさらされているのを耐えている。
おそらく、富豪のもとで酷い仕打ちを受けたときも、このようにじっと耐えていたのだろう。
そのことがより私を悲しませた。
思いに突き動かされ、私の身体が動く。
その動きは……私はダークエルフらしからぬ行為だった。
「ごめんなさい、怖がらせちゃって……今まで辛かったわよね? 痛かったわよね?」
私は少年を優しく抱きしめ、謝り、言葉をかけた。
こんなことをするダークエルフなどいないだろう。
「お、お姉さん、僕……」
少年が声を漏らす。
震えてはいるが、その震えは怯えではなく、これまで溜め込んでいた気持ちが爆発しそうな震えであった。
「お姉さんじゃなく、私はあなたの新たな主人(マスター)よ。でも心配しないで。あなたを鞭で打ったり痛めつけたりしないわ」
「本当に?」
「本当よ。ダークエルフの誇りにかけて約束するわ」
私の言葉に、とうとう少年は気持ちを爆発させて、泣き出した。
胸が彼の涙で濡れていく。
私にしがみついて泣いている彼の頭を私は撫で続けた。
しかし……私はあくまでダークエルフであり、魔物娘だ。
『さて、このコには鞭が使えないということになるわね……さて、どう調教するべきか……』
頭を撫で続けながら、そんなことを考える私であった。


あれから数年の月日が流れた。


「あ、あああっ! マスター、マスター!」
「アダン、アダン! んっ、はうっ! あ、あっ、あん!」
彼と私の嬌声が絡み合う。
アダンと言うのは古いエルフ語で【人間】と言う意味だ。
それまで人間として扱われていなかった彼のために、私はこの名前を彼につけた。
もっとも、彼の立場は奴隷であるわけだが、同じ奴隷であってもそれは性的な奴隷であり、すなわち私の夫だ。
故に今、私は夫と愛を交わし、交わっている。
その交わりだが、ダークエルフにしては少々変わっていると私は思う。
本来なら、ダークエルフが鞭で打ち、足で性器を弄り、騎乗位で跨って腰を振るのが普通であろう。
しかし、そうなっていない。
彼は私を組み敷き、私に腰をうちつけていた。
男が上になり女が下になるなど、他の魔物娘や人間ならともかくダークエルフらしからぬ体位であろう。
少なくとも私の故郷ではほとんどのダークエルフが女性上位で交わる。
そんな中、私とアダンの交わりは正上位や後背位が基本だ。
とは言え、主導権は渡してはいない。
あくまで私は彼のマスターであり、私が立場としては上位であり、彼に奉仕させる立場だ。
「っく、マスターっ! 僕、もう……!」
「ダメッ! まだ出しちゃダメよっ! んはぁ! 私が満足する前に、出すなんて……あんっ、許さないわっ!」
我慢できなくなってきたアダンにキツイ口調で私は命令する。
射精を我慢するなど、男にとってはかなりの苦痛で、気力も使う。
だがアダンは歯を食いしばって射精をこらえ、私を満足させようと腰を動かし続けた。
そう、彼は私のためだったら何でも我慢し、私の命令を実行しようとする。
ある意味、最高の奴隷だ。
ここまで来るのはなかなか大変だったのだが。


調教の際、鞭は使えないということがあの夜、分かった。
そういうわけで私は鞭を封印したのだが、他の代用手段も使えなかった。
蝋燭やハイヒールの踵など、肉体的苦痛を快楽に変える調教は鞭と同様に、彼は受け付けられなかったのだ。
かと言って、足で彼の性器を踏みにじったりする調教も上手くいかなかった。
奴隷として生まれた彼は男の尊厳、人間の尊厳というものを持っていなかったからだ。
だから足で性器を踏みにじっても彼は物理的な刺激で勃起して射精するだけで、精神面には何の効果も及ぼしてない。
言葉嬲りも然り。
どんなに屈辱的な言葉を吐いて虐めてみても、プライドもないし私の奴隷になる前から非人道的な言葉を言われていた彼には何の効果もなかった。
故郷で学んだ知識がまったく通用しない彼に私は手を焼き、頭を抱えた。
だがあるとき、ついに彼を上手く調教する手段を見つけた。
それは……


「あっ!? ひゃう!」
目の前で火花が散ったかと思った。
彼の必死な腰使いは私の子宮口を何度も突いている。
その突いてくる勢いはまるで下腹部からの快感が全身に押し広げているかのようだった。
快感は広がるだけでなくどんどん膨れ上がっていき、私を最高潮へと押しやっていく。
「もう、もうイキそう……ふふふ、よく頑張ったわね。さぁ、一緒にイキましょう」
アダンの我慢を解き放つ矢を私は放った。
同時に自分も身体の力を抜いて快感に身を任せる。
「うあ、あああ! マスター、マスタぁー!」
私を呼びながら彼が射精した。
どくんと、私の膣内で彼の肉棒が脈打ち、生温かい液体が私の体内に出されて暴れ狂う。
「あっ、あっ、あああ……」
彼の射精で私も達していた。
射精中の肉棒からより精を搾り取ろうとするかのように、膣がきゅっと収縮するのを感じる。
私は身体をガクガクと震わせて彼の精液を受け止め、やがて脱力した。
「うぅ……ふう……」
彼も大きく息をつく。
私の中に精を出し尽くしたのだ。
マスターである私を満足させるためにひたすら腰を振り、気力を振り絞って射精を我慢していた彼はへとへとになっていた。
がくりと身体の力が抜ける。
だが私に体重をかけないように、ベッドについた肘で自分の身体を支えていた。
そんな忠義な奴隷に私は微笑みかける。
「ふふふ、たくさん出したわね、それじゃあ……」
頑張った奴隷にはご褒美をやらなければならない……


アダンの調教に悪戦苦闘していた私だったが、あるとき、ついに活路を見出した。
それが鞭の対極にある存在、飴―――褒美だった。
飴の使い方は私も心得ている。
普通は鞭の後に飴を与えるのが定石だ。
ところがアダンにはそもそも鞭は効果がない、あるいは受け付けられない。
鞭しか知らなかった彼には仕方がないと言える。
だが、そこに勝機があった。
鞭しか知らず、飴を知らなかった彼は、その存在を知ると飴を貪欲に求めた。
そこから先は簡単だった。
飴を条件に私は彼に奉仕の術を、調教を仕込んでいった。
馬の鼻先にニンジンをぶら下げるようなものだ。
その結果、彼は飴のためなら私の言うことは何でもきく、最高の奴隷となった。
私のためだけの最高の奴隷……
もちろん彼に奉仕されるばかりではない。
マスターである私も彼に奉仕され、喜ばせてもらったら、きちんと彼を褒め、褒美を与える。
さて、その飴なのだが……


下から私は腕を伸ばし、彼を包み込むようにして抱きしめた。
片手は後頭部に回してそのまま頭を撫でる。
「よしよし……」
「ふああ……マスタァ……」
私の胸の中でアダンが甘えた声を漏らす。
挿入や射精よりも、彼は私に抱きしめられることを一番喜ぶ。
私と出会うまで奴隷として過ごし、人に抱きしめられることなどなかったアダン。
あの夜、私に抱きしめられたぬくもりは今でも忘れられぬ物で、何にも勝る褒美らしい。
「ふふふ、本当にあなたは私に抱きしめられるのが好きね?」
「はいマスター……僕はもうマスターとマスターのぬくもりなしでは生きていけません……」
嬉しいことを言ってくれる。
私も彼なしでは生きてはいけない。
奴隷以前に、彼は私の愛する夫である。
愛するからこそ私専用の奴隷に調教するのだ。
もっとも、やはりマスターと言う立場があるから「愛している」とか「アダンなしでは生きていけない」とか、口が裂けても言わないけど。
口に出さない分、彼に奉仕を求め、そして……
「よしよし、あなたは私の最高の奴隷よ」
私は彼を抱きしめるのだった。
彼への褒美として、そして彼が自分の愛する男であることを確認するため……

12/05/30 23:34更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
タイトルからギャグテイストなSSだと思った?
残念! ややシリアスなSSでした!
と言うわけで、ちょいとバイコーンSSが詰まったので、ちまちまと進めていたDエルフSSを完結させたのですが、いかがだったでしょうか?
こんな調教があっても良いのではと思いまして……まぁ、鞭とかでひっぱたかれるより、私がこう言うのを望むというのもありますがw

さて、来週こそバイコーンSSを完結させたいな……
というわけでそれまでごきげんよう。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33