読切小説
[TOP]
なまらぬくい
ピンポーン

朝…まだ太陽も出きっていない冬の早朝、アパートの一室で
寝ている俺の耳に呼び鈴の音が入ってきた。
この時間帯に来るのは大体は新聞屋だが、一々呼び鈴を使うことはしない。
だからこれは…

「先パーイ!センパイ、センパイ、センパイ!」ダンダンダン!

やっぱり。聞こえてくるのはドア越しでも届いてくる程元気のある女の子の声…
てか、そんなに声出るなら呼び鈴いらないじゃん;それにそんなに扉叩いたら…

「先パーイ?いたら返事をしてくださ…ふきゃあっ!?」ドサドサドサァ・・・

あ〜、言わんこっちゃ無い;昨日の大雪で屋根に結構積もってたんだろうなぁ…
(っと、思ってるだけじゃいけないな;助けに行かないと…)
まだ眠たがる体を無理矢理起こして声の主を助けに行く。
生き埋めにされた女の子をほっぽって寝るなんて非情な男では俺はない。

ガチャ  ギィィ…
「ふぇ、ふぇんぱ〜い;はふへへ〜(泣)」

扉を開けるとこんもり盛られた雪製の小山から片手を出して助けを求める声がする。
スコップを使うと危ないので、手を使って掻き出して数十秒…

「…っしょっと、大丈夫か?」
「ん〜…ぷはぁっ!! あ〜苦しかったぁ; ありがとうございます、先パイ♪」

顔を出してきたのはイエティの母富裳 暖女(もふも あたため)ちゃん、俺の彼女だ。
近くの商店街(俺が働いてる所)会長の娘さんで年は高校生になるかならないか位。
ちなみに俺は三十過ぎなので、暖女ちゃんとは所謂年の差カップルである。
仕事に関しては本当は暖女ちゃんの方が先輩のはずなのだが、
「そちらの方が年上なのと仕事の方も学校等で大して手伝えていないから」
という理由で俺の事を先輩と呼んでくれる。ええ娘や(/_-。)
それにしても、少しの間とはいえ雪に埋まっていたというのにこの明るさと元気さ、
さすが寒冷地住まいの魔物娘である。
…自力で出られたんじゃ、なんて事は言わない。失礼だしね。

「こんな時間にどうしたんだ、今日はシフト休みだろ?」

「おせっかい焼きに来たんです!先パイまだご飯食べてないでしょう?」

「そうだけど、また作ってくれるのか?」

「はい!食材も持ってきました!美味しい料理作ってあげますね♥」ニパッ

そう言いながら布をかぶせた籠(背中に背負うタイプである…デカ過ぎない?)
を見せながら満面の笑みを見せてきた。
この太陽にも負けない底抜けに明るい笑顔…あぁ、癒される。
起きたばかりの体に暖かさが染み渡ってくる様だ…

「…先パイ?」

「あぁすまん、ほれ、中に入ってくれ」

このまま立ち尽くしていると流石に寒いだろう、早く家に入れてあげよう。

「おじゃましま〜す、って、あ〜!先パイったら
この前片付けたばっかなのにもう散らかしてる〜!」

「いや〜ははっ、つい面倒臭くってな;またお願いできねぇか?」

「んもうっ!私は先パイの掃除機じゃないんですよ!?」ぷくぅ

「悪いと思ってるて;俺も手伝うからさ、な?」

「む〜、今度来た時もこんなだったら知りませんからね?」ガサガサ

前もそう言いながら片付けてくれたけどね、本当はダメなのは分かってるんだけどなぁ、
つい甘えたくなるって言うか、あの膨れっ面も可愛いから見たいって言うか…

ガタガタッ、ゴットン、クシャクシャポイッ、カッコー(掃除中)

「…よしっ!こっちはある程度片付いたんで
後は先パイでやってくださいね?私は料理の準備をしますので…」

「おう、いつもすまないねぇ;」

「そう思ってるのなら少しは保たせてください!
全くもう、いつもゴミ掃除から始めさせて…!
せっかくのさわやかな朝が台無しです!」プンスカ

(ゴメンな、保たせる気は無えかも;)

残りの片付けを俺に任せ、彼女は料理の準備をする。
残りといっても拾うものは殆ど拾い、
分別も済ましているため、後は袋に詰めるだけである。
ごみ拾いの際はいつもここまでやってくれる、本当に尽くされてるっていうか…
甘えてるよなぁ、俺…いや、甘やかされてるのかもな?
そんなことを思いながらふと視線を彼女の方にやる。
目に入るのは暖女ちゃんの料理姿、
マフラー一筋にオーバーオール(+エプロン)と季節的に過激な格好になっている。
寒すぎるんじゃと思うかもしれないが、
彼女は獣人型の魔物娘なため、体の大部分は毛皮で覆われている。
その上寒冷地生息だからこの時期にも着込む必要は無い
(どころか服を着る事自体必要無いそうだ)。
この格好、俺としては性的にもかなり過激な方だと思う。何故かって?
彼女達は胸や尻は毛皮でそんなに覆ってない。オーバーオール一着程度では
彼女の褐色の肌を隠しきれてはいないのだ。特に胸なんかは大きいから
ちょっと姿勢を変える度に谷間がモロ見えである。
エプロン付けたってそれは変わらない。尻の方だって上から手を潜り込ませれば、
直もみ出来るんじゃないだろうか?おそらく彼女は穿いていない…
…と、そんな事考えていたらムラムラしてきた;今手出したら、また怒られるだろうなぁ…
でももうやる事終わったしなぁ…

(…いいよな、今日が初めてじゃないし、前にやっても結局許してくれたしな…)
そうと決まれば早速…

ムニンッ
「んひゃっ!?」

「料理どうかな〜?進んでる〜?」ムニムニ

後ろから抱きつく形で彼女の体をまさぐり始める。まずは尻。
やはり下着は穿いていなかった。服越しでもこの尻肉の感触の伝わり様、間違いない。

「す、進んでますけど、ひうぅ、先パイ、何を…」

「ん〜?何って〜…」

それじゃあ、お次は…

ムニュンッ
「あぁんっ!?♥」

「こういうこと、してるんだよ♪」ムニュムニュ

久々に触る暖女ちゃんの胸…直で揉んでるから尻以上に感触が手に伝わってきて…

(コレやばいな、勃ちが大きくなってきた;)

「ちょ、ちょっとぉ;今料理中なんですよぉ、そんなことしたら…はうぅっ♥!?」

「料理よりもさぁ、まず暖女ちゃんを食べたいなぁ♪」

なんてこと言いながら今度は上から手を潜り込ませ、尻の方も直揉みする。
尻肉の感触がダイレクトに伝わってくる…

「あ、あぁん♥ ちょ、ダメ、ですぅ…今日、は、ちょっとまって…んひゃっ♥!?」

「そんな事言いながらさぁ、今日もこのオーバーオール着てきてるじゃん」

今、彼女が着ているオーバーオールは
用を足せる様に下にチャックが付いているタイプである。
つまり、そのチャックを開ければ…

ジィィィ…
「尻触ってただけでもちょっと分かってたけど、目で見た方が分かる濡れ様だね」
「ひ、あふ、やあぁん♥ そんなに、いじっちゃ、やぁ、ですぅ♥」

チャックを開いた瞬間に広がってきたメスの匂い、
そして湿った白毛の隙間から見えた女性器。
少し触っただけでもくちゅりと音を立てていて…
俺の性欲を刺激するには十分すぎる代物だった。
もう何度も見ているはずなのにガマンが…!

「な、なぁ暖女ちゃん、料理はやめて、このまま続きしない?君もガマン出来ないだろ?」

「ふにゅうぅ…えっと;い、いつもならそれでもいいですが…今日はちょっと…」

「どうしたんだ?乗りが悪いな…前ヤッた時は許してくれた所か
結局最後には自分からガッチリ抱き付いてきてたのに…」

俺と暖女ちゃんはもう結構前からエッチをしている。
初エッチもこんな時だっただろうか…
俺が時と場所を選ばないのもあって怒られたのだが顔に説得力が無く、
結局最後にはお互い次の朝まで抱き合ったんだっけ…
それからも結局最後は、なんて流れが
当たり前だったのに今日はやけに頑なである。
何かあるのだろうか?

「…その前抱っこしてくれた日から結構経ってますよね?先パイたまってますよね?」

「うん、だから早く…」

「私、折角の休日だから前以上に、出来るだけなが〜い時間、
先パイに抱っこしてもらいたいんです、
だから…ほら、いっぱい準備してきたんですよ?」チラ

暖女ちゃんが視線を向けたのは先ほどの大きな籠、
さっきは布を被せられてて中身は見えなかったけど…

「うおぉ!こ、これは…」

中を見ると、大量の魔界産の食物、一種類だけじゃない、
山の幸、海の幸、飲み物に至るまでの殆どが魔界産の、
あるいは魔物娘が作り出す物ばかり…
魔界産の食物を持って来る事自体は初めてじゃないけど
この量は流石に…すごいな;
それでこんなに大きい籠選んだのか…

「ね?今日のためにいっぱい貰ったり、買い寄せをしたんですぅ♥
だから、少し待ってください、ね?♥ わ、私も、ガマンしますからぁ♥」

言ってる本人が一番ガマン出来なさそうな顔をしている。
体をモゾモゾさせ、股からは愛液が垂れてきているし…
このまま続けても何だかんだで進みそうな気はするが…

「…分かったよ、我慢する。ただ何もしないと結局、
なんて事になりそうだから俺も手伝うよ」

「お、お願いします。抱きつかれて触られたから、足に力が入んなくなっちゃって;」

お互いに昂ぶったリビドーを何とか抑えつつ調理を再開することにした。
…しかしこれだけの量全部食べるって事になると、今日一日じゃ治まらない気がする…
腹の容量的な意味でも、性欲的な意味でも…

〜料理完成〜
あれだけ籠に入っていた殆どが使われ、多めに盛った二人分の定食セットといった感じで
出来上がり、籠の中身は数える程度の個数となった。
出来上がった料理は名前だけ言うと、芋入りご飯、茸の味噌汁、トンテキとサラダ、
果物類と花蜜入りのヨーグルト、といった感じである。
普段インスタントかレトルトで済ませている分、中々豪勢に感じる。
それらの料理を暖女ちゃんと…

「ん、ちゅぱ、んく、は…先パイ…」

「んぐ、む、んっくん…暖女ちゃん…」

口移しでの食べあいっこである。匂いだけでもうガマンが効かなくなってきた;
お互い性欲が溜まっていた状態で魔界産の食物を使った料理…
ただ食べるだけでも高まっていくのに、こんな食べ方をしたら高まりも半端ではない。
全部食べきった頃には…

「はぁーっ♥ はぁーっ♥ はぁーっ♥ せんぱいぃぃ…♥ 」

「ふーっ!ふーっ!ふーっ!あたため、ちゃん…」

完っ全にできあがっていた。お互い完全に服を脱ぎ、抱き合っている所までいっている。
暖女ちゃんの肉球がついた大きな白い手は俺の頬や胸板を撫で回し、
俺の両手も暖女ちゃんのほっぺやおっぱいにとどまらず、
お尻や腰も撫で回し、お互いに相手の体をむにむにとまさぐり合う。
おかげでもう高まり過ぎて性器の方も準備万端、
俺の息子はもはや剛直となり先走りで塗れ、
彼女のまんこは股下全体を、と言っても過言ではない位、愛液で塗らしていた。
布団は朝からそのままにしているのでそれを使い、

「あたためちゃん…もう、良いよね?」

「はいぃ…たまったものぜんぶぅ、わたしにください♥」

横になり両手と股を広げ、こちらを受け入れる体勢になる暖女ちゃん。
お互いを抱き締める様な体勢で俺は愛液が湧く彼女のまんこに
自身の剛直を思い切り突き入れる!

ずぷ…ぐちゅんっ!
「あ…っ〜〜〜〜〜〜♥!」
「〜〜〜っぐうぅぅ!」

彼女の膣内はこれまでに無いくらい熱くぬるぬるになっていて、
加えて俺の息子全体を舐める様にうねり
きゅうきゅうとした締め付けを小刻みに繰り返してくる。
限界も限界な状態で、そんな快感に耐えれるわけも無く、
すぐさま膣内へ凄まじい勢いで子種をぶちまける!

「ふき…!ふにゃあああぁぁぁぁぁん♥!きてるぅ♥ あったかぁ、いっぱぁぁい…♥」
「うっくあぁぁ…!中がうねって…止まん、な…」

彼女もイったのだろう、体を抱き締める力が強くなり、
中も激しくうねり、締め付けもさらに小刻みになった。
それもあってか射精が全然治まらず、
どぷんどぷんと垂れ流す様に中へ中へと放っていく…
長い吐精が終わり、絶頂から降りられたのは数分も後だった。

「くっうぅ…っはぁ!はぁ、はぁ、はぁ…」
「んっく…はあぁぁぁぁ♥ きもち、よかったですぅ♥」

「あ、はは;すごかったなぁ…今までにも何回か
食べた事あったけど、ここまでなのは初めてだ…」

「え、へへ…♥ のぼったまま戻れなくなっちゃうかと思いましたよ♥」

いつもよりもはるかに長い絶頂、そして射精の量、
何よりも驚きなのは全く萎えた様子を見せない自身の剛直、
これが魔界の食べ物、魔物娘の作り出す食べ物の効果なのか…

「先パイのおちんちん、まだ元気ですねぇ…♪」

「ん?ああ、もう一回しようか、体位変える?」

「いえ、全部抱っこでください♥ 先パイの温もりをもっと感じさせて下さい♥」

「嬉しい事言ってくれるじゃないか…!」

蕩けた表情で求めてくるのが可愛くてたまらず、
俺は彼女を抱き締める力を強くし、
腰を強く突き上げ始める!

「んひゅうん♥ あひゃあっあ♥ いい♪センパイの、キモチ、いいですぅ♥」

「暖女ちゃんのも、すごく良いよ、体は、ふわふわすべすべで、それなのに、
ナカはどろどろに、熱くて、俺、また出そう、だ!」

食べ物の効果なのか、彼女の膣内もいつも以上に貪欲で、
抜き差しする度に肉ひだは絡み付き、離れないでと言わんばかりに
膣内全体が俺の剛直を強くくわえ込んでくる。

「ふっあ♥ ひぃん♥ せんぱぁい♥
もっとぎゅっとしてください♥ もっとおくついてくださぁい♥
こころもからだもぉ、ぽかぽかにしてくださぁい♥」

「くっ、締め付けがさらに強く…あぁ、もっとしてやる!
心や体だけじゃない、ナカにも熱いの入れてやるよ!」

体も膣内もきゅっと締めて、甘えてくる暖女ちゃん。その可愛らしい反応で
またたまらなくなってきた俺は、暖女ちゃんの口にキスをする。
体中、上下の口もぴったりくっつけ、俺と彼女は同時に果てた。

「くっ、〜〜〜〜〜〜〜っ!!」
「んっ、〜〜〜〜〜〜〜っ♥!」

体を震わせ、舌と舌を絡ませながら、
俺たちは絶頂しながら互いの体をたっぷりと味わった。

〜夜〜
深夜の零時も過ぎただろうか、もう何度目になるか分からない、
暖女ちゃんの膣内目掛けてどくんどくんと
朝と比べ全く衰えを見せない勢いで精を放っていく。

「ううっぐ・・・はぁ、はぁ…すっげ;まだ元気…」
「んひゅうぅ…♥ えへへぇ♥ この調子だと二、三日出しても治まりそうにありませんね♥」

ご飯を食べたのは朝の八時辺り、
つまり半日超えて彼女と交わった事になるはずなんだけど、
自身の性器は彼女の膣内で未だビンッビンの剛直状態を保っている。
予想通り今日一日では治まりそうに無い。どうしよう…
別に彼女とヤれる事自体はイヤじゃない、むしろ万々歳!ただ…

「明日シフト入ってんのにこのままはちょっと…」

「あ、その事なら心配しなくても良いですよ」

「?、どういうこと・・・まさかクビ!?」

「違いますよ!? 暗い事考えないで下さい;
しばらく休みをとれる様にお願いしたんですよ♪」

「ああそうなのか、一瞬あせった; ありがたいけど代わりとか大丈夫かな?」

「みんな大丈夫だって言ってましたよ?お父さんなんか
『これだけの量な上にアイツの事だし、二、三日でも足りないだろ?
何だったら子供がデキるまでヤり続けろ』って♥」

何て心優しい応援…!商店街のみんな、オヤっさん…
いやお義父さん、ありがとうございます!

「暖女ちゃん…そこまで言われてるんだったら、頑張らないとな?」

「はい♥ 私も先パイの子供産みたいです♥ だから私のお腹、
先パイの精液で膨らんじゃうくらい、たっくさんください♥」

全く普段はこちらを甘やかして、こういう時には俺に一杯甘えてくる。
こんな可愛さ見せられたら…!

「色々ガマンが…出来なくなっちゃうだ…ろっ!」ズンッ!
「あひぃんっ♥」

剛直と同じく、疲れを見せない俺の腰は彼女の体をずんずん突き上げ、
両手は小さくふわふわな褐色の体を包み込みながら
汗で濡れ、より一層艶めかしくなっているお尻やおっぱいを
むにゅむにゅと大きく形を変える様に揉みしだく!
その度に彼女は可愛い喘ぎ声を発し、体中を震わせ、
膣内の剛直をより気持ちよく締め上げる!
それによりまた彼女の膣内にどくんどくんと俺の精が注がれてゆく…

「ふっあ…んひゃああぁぁぁん♥ すごい、出てるぅ♥ こんなにたくさん出されたらぁ…
これだけでホントにお腹膨らんじゃいますよぉぉ♥」

「うっく…まだまだ、だ…甘えんぼな暖女ちゃんのナカにぃ、
もっともっと流し込んであげるよぉ!」

「あっあ、すっごいぃ、気持ち、いいですぅ♥ 嬉しい、ですぅ〜♥ あぁぁ〜〜♥!」

その後さらに乱れに乱れて、本当に子供がデキて
オヤっさんが大いに嬉し泣きしたのは別の話。
17/12/30 01:04更新 / 糸並

■作者メッセージ
冬も終わり間近ですが、いかがお過ごしでしょうか?糸並です。
季節の変わり目は体の調子が崩れやすいと聞きます。
体調管理を怠らずに気を付けましょう。
今回はイエティを題材にした現代SSを投稿しました。
イエティっぽさが出てたでしょうか?
ほっこりできたでしょうか?エロく書けたでしょうか?
感想等ぜひよろしくお願いします。

※どうでもいいかもしれませんが、今SSに出てきた商店街は、
 「一年を経て…」に出てくる商店街とは別の商店街です。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33