読切小説
[TOP]
夏デート in 水族館
夏真っ盛り。ニュースなど見なくても日差しだけで30度を超えていることは分かる、そんな日。


「髪跳ねてないかな」


そこは駅前の広場。
鏡は無いので手に意識を集中させて自身の髪を弄る。男の名前は幸谷 泰華(さちたに たいか)。今は恋人との待ち合わせをしていた。


「笑われないようにしないと」


二個年上の恋人は自分のことをよくからかってくる。一応デートと称されるものなので、格好つけて普段はつけないワックスを少しつけている。家でもチェックしたが寸前になって身だしなみが気になりだしたのだ。


「何してんだよ♪」


突然声をかけられ、同時に後ろから頭をくしゃくしゃと撫でられた。


「わ、待って待って。髪型が崩れます!」


慌てて両手を出して頭に触れている手の静止を試みるが撫でる主のもう片方の手に封じられる。曲がりなりにも成人男性の、両手を片手で封じてしまう輩に小柄な泰華は成す術がなかった。
会話でストップを求める。


「茜華さん!ワックス付いてるんですから止めてくださいよぉ。」


既に泣きそうな声を出す。精神的にもさほど強くなく小柄な泰華は、恋人である名里籐 茜華(なりとう せんか)に訴えかける。


「せっかく調えてきたのに。ボサボサじゃありませんか?」


とっさに髪を弄る。先ほどは堅苦しい印象だったものから、まとまりは無いが若者っぽくなったと言ったら良いのだろうか。


「変に固まってた髪を梳かしてやったんだろう。ほら、格好良くなったぞ。」


抑えていた泰華の両手を開放し、頭を愛でるのを止めた茜華。流石に文句を言ってやろうと後ろを振り返る泰華だが恋人の格好を見て口ごもる。

茜華の格好は上が白と水色のボーダーのタンクトップに下はポットパンツ。スニカーにレディースのベースボールキャップ。ショルダーバックを斜めにかけている。


「ん?どうした?」


少しニヤけた顔で泰華に聞き、赤い二つの目は泰華の瞳を覗き込もう近づいてくる。
キャップからはみ出た耳はピコピコと楽しげだ。

そう彼女は人間ではない。ヘルハウンドという魔物娘だ。
漆のように黒い肌、業火のように赤い目。大きな手足と耳。人間に犬の特徴を持たせたような姿かたちをしている。性格は基本、凶暴だと思っていた間違いないだろう。しかし、現代社会に馴染んでいるため、警戒する必要までは無いが。


「い、いえ何でもありません。」


茜華の格好ではムチムチの太ももが強調され、タンクトップは大きな胸で張り裂けんばかりだ。裸を見ている泰華も中途半端に隠れている分意識をして目のやり場に困ってしまう。


「ふーん、あたしはてっきりこの格好に欲情したのかと思ったぞ。」


妙に嬉しそうに言う。


「エッチな格好って自覚があるなら自重してくださいよ!ほかの男の人たちも見れるんですよ!」


快晴の休日昼前。もちろん駅前なので家族連れ、学生のグループにカップルと多くの人でごった返している。
その中でも肌は黒く、スタイル抜群な茜華は嫌でも目立つだろう。


「ん?嫉妬か?全く可愛い彼氏を持つと参るなぁ。泰華だって髪の毛格好つけてたじゃないか。」


ククっと喉を鳴らす。今は無き髪型をからかっているのだ。
しかし、ここは素直に行く泰華。


「僕は嫌です。茜華さんは綺麗なんですからいくらでも言い寄られますよ・・・。僕に勝ち目のない人が話しかけてきたらどうするんですか。」


本心だ。傍から見ても整った顔立ちに長身のスタイル抜群。ほっておかない男はいくらでもいるだろう。目に見えてテンションが下がる愛しい男。少し困ると共にさらにからかいたくなる。


「仕方ないだろう?あたしは暑いのが苦手なんだから。それにささやかながら腕っぷしはあるから問題ないさ。同時でも15人くらいなら相手してやるよ。」


泰華の頭を、今度は愛しい男を撫でるやり方で、愛でる。加えて話す。


「でも、あたしのことを一人で相手しちまう男がいるんだよなぁ。ワイルドな髪型の。」


誰だろうなと言って太陽のような笑顔を泰華へと向ける。


「・・・ちゃんと一緒にいてくださいね。」


自分を撫でる手を取って恋人繋ぎにする。不覚にもときめいた茜華は話題を逸らす。


「ところで、今日はどこに行くんだ?」


「水族館です。涼しいだろうし茜華さん魚好きでしたよね?」


「おう!ならさっさと行こうな。頭上のあいつが核融合を起こしてあたしを苛めてくるんだ。」


「お日様に文句言っても仕方ないですよ。それじゃ、行きましょうか。」


太陽を指し恨めしそうに言うと泰華を引っ張て、駅の中へと歩いていくのであった。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


電車とバスに揺られて30分。二人の住む地域では大きめの水族館へ到着した。


「長かったなぁ」


対して長くない移動にコメントする茜華。


「どこかで休みますか?」


「休むって、泰華。今日はデートなんだからな。もちろん最後は“やって”やるがまずは水族館だぞ。休むのはそのあとだ♪」


気の優しい泰華の反応を予測してそのように言ったのである。からかわれた側は顔を赤くして怒る。


「僕そんなこと考えてませんよ!もう、茜華さんなんて知りません。」


一人で入場ゲートの方へと歩いていく。ククッと喉を鳴らし茜華も後を追うのであった。


≪水族館≫

【水辺コーナー】
多くの水槽がある。薄暗く冷房が良く利いていて過ごしやすい空間である。
二人はとりあえずルートにある水槽を順番に見ていこうということで回り始めた。

序盤は小さな甲殻類や水辺に生息する虫のコーナーだった。


「僕、タガメとかゲンゴロウって初めて見ました。」


「そうなのか?」

「タガメ格好良いですね。」


「まぁ男はこう言うの好きかもな。サソリとかデザインでも使われてるし。ちなみにタガメは獲物に消化液を流し込んで溶かしてから食べるんだぞ。」


ホラーやグロテスクが嫌いな泰華は露骨に青くなる。


「こういうの苦手な奴って想像力があるんだよな。よし泰華。前にあった時のあたしの夜の格好を思い出してみろ!」


前に・・・夜・・・茜華さんの格好・・・。
ボッと効果音がつくくらい顔を赤くする泰華。


「今日もすごいぞぉ、なんたって・・・」


「つ、次いきますよ!」


慌てて次のコーナーへ向かう二人だった。


【大水槽への道】

メインとなる大水槽の前にいくつかの水槽と大水槽の一部が窓の形式で見られるところだ


「チョウザメってキャビアが取れる鮫ですよね!」


ここぞとばかりに得意げになっている泰華。


「そうだなぁ。そのおかげで乱獲されて今はかなり手厚く保護されてるらしいな。人間って勝手だよなぁホント。ちなみに、鮫っていってもチョウザメ科だから正確には鮫ではないんだ。」


「そうなんですかぁ。こっちのクエってのはデカいですね。」


「高級魚だな。重さは50キロにもなって天然ものだとすげぇ高いんだよ。あたしも一回しか食ったことないけど鍋にすると最高だ。」


「今度食べに行きたいですね!」


ニコやかな雰囲気で進んでいく。


【大水槽】

泰華が無邪気に話題を作り、茜華は適度な知識を語る。基本はこんな流れで大水槽まで来た。


「デカい水槽ですねぇ。鰯がいっぱいいます。」


「まぁ分かるだろうが1匹1匹じゃ簡単に捕食されるから群れで泳ぐんだ。」

ほうほうと相槌。が入る。


「だから魚辺に弱いなんですよね。」


「正確には稚魚の時に食べられるからとか、足が早いからとかそのあたりも理由とされているな。」


「足が早い?」


魚の足?
ん?と小首をかしげる恋人を愛しく思うのと同時にからかいたくなる。


「知らないのか?鰯ってえらで走るんだぞ。」


「そうなんですか!?」


リアルに驚く泰華。もちろん、信じているからだ。


「ぷっ、ククッ。ウソに決まってるだろ。腐るのが早いってことだよ。」


口を押えているが笑いが漏れている。


「…酷いです。」


純粋な心を弄ばれたことに傷つく。そんな泰華の目には涙が。

茜華は根っからのサディストと言うわけではないが、からかった後の泰華の反応を見ていると下腹の当たりが疼くのを感じた。

今の泣き目にも少しゾクゾクしている。


「すまんすまん、悪かったよ。ハゼみたいなのだっているもんなぁ。よしよし。」


人目をはばからず泰華を抱き寄せ、頭を優しく撫でる。


「許してな。可愛い子は苛めたくなるんだよ。もちろん、苛めてるんではなく可愛がっているんだが。」


「茜華さん。僕、恥ずかしいですよ。こんな所で抱っこしないで下さい!子供じゃないです!」


茜華はまた怒らせてしまったかと若干焦る。
すると泰華が声を上げる。


「茜華さん!あっち見て下さい!デッカい魚がいますよ!」


「お、おう。んじゃ、行くか。」


これだけ切り替えが早いと自分がからかわれているのではないかと感じる茜華であった。


【アマゾン水槽】


「このデカくて偉そうな魚は…。」


「ピラルクーだな。最大で4〜5メートルになるのもいるらしいぞ。」


すかさず情報を入れる。


「この手前の子、腰が曲がってますね。」


「4メートルくらいあるな。成長したが水槽が狭いのか、どこかにぶつけたかで骨が曲がったんだろう。」


「可哀想ですね…。」


これまた分かりやすく泰華は落ち込む。


「まぁ、先天性ってのもあるだろうしな。仕方ないさ。ほら、あっちにはペンギンがいるぞ。」


少し行くとペンギンやラッコのコーナーであった。
茜華が話し終わるころにはそちらへ向かっている泰華。


「茜華さん。皇帝ペンギンですって!大きいですね!」


「さっきから、デカいって感想が多くないか。ペンギンは何といっても一夫一妻制って珍しい生き物なんだよ。」


「純愛を貫くんですね!」


「そうとも取れるが・・・少し声のボリュームを下げような。実際繁殖期にはパートナーを変えるとかも聞くが…。あとこの水槽、上に開けてて外からも見えるみたいだな。」


ピンポーンパンポーン。
ここでイルカショーを告げる放送がなった。


「茜華さん!イルカショー行きますよね!」


「そうだな。定番だし、行ってみるか。あたしはその前にお手洗いに行くが、泰華はどーする?」


「僕は良いです。あっ、荷物は持っておきますよ。」


そう言って茜華のショルダーバックを預かり先にイルカショーへ向けて歩いていった。


「さっさと終えて合流するかな。」


泰華と別れてトイレへ向かった茜華。すると子供の声が聞こえてくる。
ママぁ〜、どこぉ?ママぁ〜。


「・・・。」


あぁ〜もう。仕方ねぇな。


【イルカショー】


『次に三匹同時でジャンプしまぁす!見事成功したら大きな拍手お願いします!!!』
ざっぱぁ〜ん。瞬間に会場全体に拍手が爆発する。
しかし、一人全く反応していない男が。


「茜華さん、遅いなぁ。薄着だったし冷えちゃったんじゃないかな・・・。」


スマホを取り出そうとして気づく。茜華のショルダーバックを預かっており恐らく自分が現在二台所持していることに。

目の前でイルカ達は縦横無尽にジャンプし、道具を使用した芸を次々披露している。
が、泰華の頭は茜華のことでいっぱいだった。




『今日はお越しいただいて本当にありがとうございましたぁ!またいつか、皆さんに会えることを心よりお待ちしております!!!』

ついに、茜華はショーの時間内に現れなかった。


見物人たちは一斉に動き、イルカと写真撮影をするために並んでいる人達がいる。
その中で泰華は茜華を探していた。単純に自分を見つけられていないだけか、でなければ具合が悪くて医務室にいるのかもしれない。最悪のことが浮かぶが、それならば連絡が来るはずである。
館内を探すことも考えたが、行き違いになると悪いのでやめておいた。


「泰華!」


「茜華さん!具合は大丈夫ですか!?」


そこに息も切れ切れの茜華がやっと合流した。


「すまん、本当にすまん!あたしは大丈夫なんだ。実はトイレの前に迷子がいてな・・・。」


案内係に預けてすぐに来ようと思ったんだが・・・。その子が、あたしが離れようとするとぐずっちまって。関わった以上中途半端にできなくてな・・・。


「悪かった。」


髪型のこと。ウソをついてからかったこと。意図していないとはいえショーを一緒に見れなかったこと。これは本気で怒られても仕様のないことだと覚悟を決める。


「親御さんは見つかったんですか!?」


想像とは斜め上の、しかも質問が飛んできた。一瞬思考が止まるがすぐに答える。


「あ、あぁ。外まで探しに行ってたみたいでな。館内で警備員伝えに連絡が来てあとはすぐだった。」


「なら、良かったです。」


目の前の男はホッと胸をなでおろしていた。


「・・・怒っても良いんだぞ。仕方がなかったなんて言い訳はしない。」


選択肢としては別に周りの人が助けるだろうと急いでも良かったんだから。


「そんなこと言わないでください。僕はそこで助ける方を選んでくれる、優しい茜華さんを好きになったんです。」


イルカショーは全く頭に入って来なかったですけど、と泰華は苦笑する。


「はぁ・・・。」


大水槽前の時とは違う意味での抱擁。泰華は抱かれると身長の差的に茜華の胸に顔がくる。したがって茜華の顔は見えない。
が、罪悪を感じている恋人に何もしないのは男ではないだろう。


「次いきましょう。僕、茜華さんとクラゲ見たかったんですよ。」


笑顔で茜華を見上げる。


「そう、だな。挽回しないとな。ショーだって日程的にあるだろうし。」


そう言って館内へと向かう二人。
ただ、イルカの健康診断でその日のショーはもうないということは、張り紙によってすぐに知ることになったのだ。



【クラゲ水槽】


「綺麗ですね。なんか少し前からクラゲ流行りですよね。」


今日はもうショーを見ることができないと知ってか、茜華には声が届いていなかった。


「茜華さん?」


「ん?どうした?」


「僕は大丈夫ですから、元気出してください。」


自分の後ろで呆けていた愛しのヘルハウンドの手を取る。そして再び恋人繋ぎの形をとり、話続ける。


「僕、これ以上落ち込むならそこに怒りますよ。一緒に居るんですからそれで良いじゃないですか。自信満々な茜華さんで、自信のない僕をからかってくれる茜華さんで、こんな僕でも一緒に居てくれる茜華さんで。僕はそれで充分ですから。」


そんなに落ち込んだら迷子だった子も可哀想じゃないですか。困っている人を助けて、茜華さんに大事がなければ僕はそれで良い。


「・・・そうだな。泰華がこんだけ言ってくれてんのに情けないな。」


真っすぐ泰華を見ると微笑みがちに言われる。


「情けない茜華さんも好きです。ギャップ萌えってホントにあるんですね!」


普段あまり言わないことまで言って慰めてくれる恋人。その気持ちに答えようと切り替える。


「そんなこと言う奴は今夜ベットの上でもっと情けない姿にしてやろうかぁ♪」


繋いだ手を引っ張り、体を寄せ合う。クラゲコーナーで照明が薄く暗くさっきよりは目立ってないだろう。耳元でいつものように囁いた。


「それも良いですけど今はデートを楽しみましょうよ。」


握った手に力を込めて泰華は言った。


「もちろんだ。」


「で、クラゲってなぜ流行ってるんですかね?」


「あ〜、それはな、日本で潰れそうになっていた水族館がクラゲでギネスを・・・」


ーーーーーーーーーーーーーーーー


そのあと遅めの昼食を取り、早いものでもう生き物のコーナーは終わっていた。
後は物品コーナーだけだった。


「何買いますかねぇ!迷っちゃいますよ。」


既にタガメのシールにピラルクーのぬいぐるみを抱え、なおも目移りしている。


「ほどほどにしとけよぉ。」


苦笑しつつ、はしゃぐ恋人を見守る。すると後ろから声をかけられた。


「おねぇちゃん!」
「先ほどは本当にありがとうございました。」


元迷子とその母親であった。


「さっきはありがとう!」
「お礼も言えないままですみません。」


「いや、私も急いでたし気にしないでください。」


「茜華さぁん!良いもの見つけましたよ!」


ふっと泰華がこちらへ来た。


「あっ、旦那様、先ほどは奥様にお世話になりまして。本当にありがとうございました」


「えっ、旦那?ぼ、僕は、そのただの恋人で。お母さん見つかって良かったねぇ。」


子供に語り掛ける。ありがとう!と屈託ない笑顔に泰華も満足げだ。
あっ!パパトイレから出てきた、と子供が駆けていく。


「待って!では、重ねてありがとうございました。失礼いたします。」


母親も男の方にいって何かを話す。すると男も申し訳なさそうにこちらを向いて頭を下げた。軽く手をあげ、それに答える茜華。
そして泰華の方へ眼をやる。


「子供さん、可愛いですねぇ。茜華さん本当にいいことをしましたねぇ。」


慰めではなく、単なる称賛にむず痒さを感じ話を逸らす茜華。


「さっき何を見つけたんだ?」

泰華に何を持っているのか尋ねる。するとこれまた満面の笑みで見せてくる。


「皇帝ペンギンストラップです!」


デフォルメされたペンギンがハートの片割れを持っている。一方は眉が濃く、一方はまつ毛が立っていた。シンメトリーになっており合わせるとハートができるというものである。


「純愛まっしぐらな僕と茜華さんにぴったりです!これ二人で付けたいです!」


これ以上なく、喜んでいることが分かる。断れるはずもないし、理由もない。


「それ良いな!じゃ、私がこっちかな。」


そう言って眉が濃いほうをとる。暗に女々しいと言われた泰華は例によって意味のない反発をするのであった。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



帰りのバス。

隣り合って寄り添っている二人は小さな声で話す。


「楽しかったですねぇ。僕、幸せです。」


「そりゃ、良かった。でもホントにショーのことはごめんな。」


そう言って泰華の頭を寄せ、撫でる。


「そうですよ。僕許してないんですからね。」


上目使いで茜華を見上げ


「だから、また必ず来ましょう。他にも動物園に遊園地。温泉も良いですね。海外は・・・僕、言葉通じないの怖いです。」


残念そうにいう泰華に苦笑する茜華。


「私がどうにかするさ。泰華は楽しんでくれればいいんだ。そんな泰華が見れればあたしも幸せだし。」


自分より小さい手を握り、話を続ける。


「今日のも良い思い出だが、こんなもんじゃ無いからな。もっともっと幸せにしてやるぞぉ。覚悟しろよ♪」


そう言って笑いあう二人。
バスの動きに釣られ、2匹のペンギンも揺れているのだった。
18/05/10 19:42更新 / J DER

■作者メッセージ
描いていて楽しかったです。知人からのリクエストも良いのですがやはり自身の好きな設定が一番スラスラかけますし字数も長くなりますね。

夏と秋を書いたのであと二つも描こうか、デートもので描こうか悩んでおります。
続編としないのは徒然なるままに描きたいからです。ご容赦をば。

長くなりましたが、宜しければ、以前の物もお読みいただけると幸いです。

では、最後に皆様の余暇のお供の慣れることを願いましてー。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33