読切小説
[TOP]
俺と犬とで祭と花火
「こーいちー! フランクフルト食べたいぞーっ!」
「一本200円もするボッタクリじゃないか、歩美。そんなものに浪費していないで、ほら、いくぞ」
今日、俺こと耕一は同じクラスで彼女の、ワーウルフの歩美を誘って近くの縁日に来ていた。
一年前に同じ高校に入学した時から気になっていた子だったから、付き合えてとても嬉しい。
ちなみに付き合って2週間も経っていない。
仲良くなったきっかけは一か月前、夕立に降られた時だった。
雷雨を避けて一緒に雨宿りをしている時に距離が一気に近づいたのだった。
それで、夏休み前の終業式の時に俺が告白してOKを貰ってから付き合い始め、今に至る。
そして、今日は彼女と夏祭りという一大イベントだ。
それも二人とも浴衣姿。
髪と同じ黒色の浴衣に可愛らしいピンク色の帯という歩美の姿にドキドキしてしまう。
それだというのに・・・
「食べたいーっ! フランクフルト食べたいぞーっ!」
涎を垂らして歩美はおねだりしている。
「さっき焼きそばにたこ焼きに焼きとうもろこしにリンゴ飴に綿菓子まで食べたじゃないか。まだ食べたいのかよ?」
「うがーっ! 食べたいぞ、肉ぼ・・・」
「その言い方はやめろーっ!」
今始まったばかりではない。
屋台の物を食べたいとだだをこねてばかりだ。
別にお金に関してはこの日のためにそれなりに貯めておいたし、歩美もお金を出したりしているからまぁいいんだけど・・・
「はぁ、食べてばかりじゃないか・・・」
結局俺は折れてフランクフルトを2本買い、歩美に与える。
歩美は尻尾をちぎれんばかりに振ってフランクフルトを受け取ってかぶりついた。
「わーい、ありがとう♪ 耕一大好き♪」
おごったから大好きという訳ではないのだろうが・・・でも、こう言われたらやはり嬉しい。
この仕草を見たくてついついさっきから歩美のおねだりに折れている。
「さっきから食べてばかりじゃないか。綿菓子とリンゴ飴はともかく、焼きそばもフランクフルトもいつだって食べられるのに・・・」
「甘い甘い。祭りの時に食べるからこそ、なんだよ」
肉球が付いている獣の手で歩美はチッチッチと指を振る。
「それだったら、金魚すくいとかヨーヨーすくいの方が祭りらしいというか・・・」
「何? 耕一はそれがやりたいの?」
「えっ? いや、特にそれをすごくやりたいというわけでもないんだけど・・・」
思わず俺は口ごもる。
そう、やりたいというわけでもない。
金魚なんて飼いたいとは思わないし、水が入った風船ヨーヨーで遊ぶ年でもない。
何となく、それが祭りの雰囲気だと思っていた。
けどそれだけだと、歩美の焼きそばやフランクフルトを食べる動機と何ら変わらない。
「じれったいなぁ・・・ほら、あそこでやっているから行くよ!」
「あっ、お・・・」
おいと言おうとして俺の言葉が途切れる。
歩美が俺の手をつかんで引っ張っていた。
付き合ってすぐ手をつなぎ始めたから別に驚くことでもないのだが、心が弾んだ。



いざ、金魚すくいをすることに。
おっちゃんに二人分のお金を渡して俺はしゃがみこむ。
「で、やりたいとは言うけど、耕一、すくえるの?」
すぐ横にしゃがみこんだ歩美が訊ねる。
彼女曰く、今まで一度も成功したことがないらしい。
だからこういうものより食べ物に目が行くようになったのかもしれない。
「まぁ、頑張ってみるよ」
そう言って俺はおっちゃんからすくうポイをもらって構えた。
金魚すくいのコツは3つだ。
ポイを水につける時は一気に全面につける。
紙に水圧がかからないように斜めに入れる。
金魚は追いかけずに動きを予想して先回りする。
この3つだ。
これに気をつければ・・・
「・・・よっと、一匹! 二匹っと!」
「お〜! 耕一すごいじゃん!」
もう既に紙が破れてしまった歩美が隣で歓声を上げる。
まぁ、さすがに俺も名人というわけではないので、三匹目をすくおうとしたところで破れてしまったが。
それでも、歩美に褒められていい気分だった。
そして俺は気づく。
ただ祭りの雰囲気を楽しむために金魚すくいをしたかったのではなく、歩美と一緒にはしゃいで祭りを楽しみたかったから金魚すくいをしたかったのだと。



「もうそろそろ花火が上がるぞ」
「う、うん・・・」
お祭りもいよいよクライマックスだ。
俺たちは神社の石段に腰掛けて花火が上がるのを待っている。
この花火が何発か上がったところで、俺は・・・勇気を出して・・・!
しかしどういうわけか、歩美はさっきのはしゃぎ様はどこへやら、変におとなしい。
暗くてわかりにくいけど、すこし顔色も悪い気がする。
「どうした? 気分が悪い?」
「ううん、そうじゃないんだけど・・・」
そんな会話をしているうちに、花火が上がった。
どーんという胸にも衝撃が響く音と共に、空に色鮮やかな大輪が花開く。
「お〜っ」
思わず俺は声を上げる。
その一方で歩美は・・・
「ひぃっ!?」
耳を抑えて顔を伏せてしまった。
花火は続けて2発3発と打ち上げられるが、歩美は見ようともせず、そのままの姿勢だ。
尻尾も興奮して毛が逆立っていて、怯えるように地を張って歩美のお尻にくっついている。
「うぅ・・・実は私、花火は苦手なんだ」
「花火が苦手? でも去年の部活の合宿でみんなで花火をやったとき平気だったじゃないか」
「花火自体は大丈夫なの。綺麗だと思う。でも花火が上がるあのドーンって大きな音が苦手なんだ・・・」
耳を塞いでブルブル震えたまま歩美が言った。
それを聞いて俺は思わず間抜けな声を出す。
そうだ、歩美は大きな音とかが苦手だ。
そう言えば歩美って雷も苦手だった。
夕立に降られた時も雷が怖くて震えていたじゃないか。
『これは失敗だったかな・・・未然に防げることだったのに』
俺は頭を掻く。
歩みに無理をさせたくはないが、俺は打ち上げ花火を歩美と一緒に見たかった。
花火の綺麗さとかドキドキを一緒に楽しみたかった。
実はやりたいこともある。
じゃあ、どうする・・・?
『あの夕立の時、雷を怖がっている歩美に俺は・・・』
安心させるように背中を軽くぽんぽんと叩いた。
それで歩美は落ち着き、いつも以上に心を開き、それによって距離が近くなったのだった。
『なら、今も・・・』
俺は思い立って歩美の背中に手を伸ばす。
あの時と同じと言うのも、せっかく彼氏彼女としてデートで来ているのに水臭い。
思い切って抱きしめるように腕を回す・・・いや、横から抱きしめる。
「・・・!? 耕一?」
突然のことで歩美は一瞬驚いたようだったが、それでも振り払ったりはしなかった。
俺はさらに背中に回した手を動かし、あゆみの背中をぽんぽんと叩くように摩り、落ち着かせようとする。
「ん・・・んん、耕一・・・」
歩美が怖がっている声ではなく、少し甘えた声を出す。
摩するのを続けていると、少しずつ歩美は落ち着いていった。
「歩美? 落ち着いた?」
「うん・・・ありがとう、耕一」
歩美が落ち着いたのを証明するかのように俺の手を握る。
たしかに震えがなくなっていた。
ドーン。
再び花火が打ち上げられ、天空が華やかに彩られる。
花火の音に一瞬身をすくめた歩美だったが、耳を塞いだり縮こまったりすることなく、俺と一緒に花火を見ていた。
「キレイ・・・手持ち花火とかと違ってキレイだね。打ち上げ花火を見るなんて、初めてみたいなもんだからねぇ・・・」
「そ・・・そうか」
花火がまた打ち上げられる。
また一瞬身をすくめる歩美だが、それでも俺と一緒に花火を見ていた。
「な・・・なぁ、歩美」
花火から目をそらして俺は歩美を見る。
実は俺は花火の最中に歩美と初キスをしようと考えていた。
『花火より歩美の方が綺麗だよ』とか言いながら。
そればっかり考えていたせいで、歩美が雷とか打ち上げ花火とか大きな音が苦手なことを忘れてしまったけど、そう計画していた。
だが、いざとなるとやはり恥ずかしい。
「あの・・・その・・・」
「なぁに? 『花火より歩美の方が綺麗だよ』とか言って私にチューしたいの?」
「のわっ!?」
考えていたことを的確に言い当てられて俺は思わず変な声を出してしまう。
そんな俺の様子を見て歩美はクスクスと笑う。
「クラスメイトとしては一年以上の付き合いだから、耕一がロマンチストだってことは知っているよ」
恥ずかしい。
耳が熱くなるのを感じながら俺は顔を伏せてしまう。
「ま・・・まぁ、打ち上げ花火は怖いとは思ってたけど、私も期待していたし・・・」
「え?」
歩美の言葉で顔を上げる。
それと同時に花火がまた上がった。
こっちに向き直っている歩美は花火の音に身をすくめることなく、俺の方をジッと見つめている。
「だからさ・・・その・・・」
恥ずかしがって言わないが、振られている尻尾で俺の言葉とキスを求めているのが分かる。
俺も恥ずかしいけど、一つ咳払いをして、歯の浮くようなセリフを、でも本気の言葉を口にする。
「歩美。花火より・・・その、綺麗だよ。 それで・・・キ、キス・・・」
やっぱりこれ以上は恥ずかしい。
聞いている歩美も恥ずかしかったようだ。
目を閉じて軽く微笑み、ちょっと顔を突き出した。
俺も目を閉じて少し顔を傾けて近づけた。


打ち上げられた何色か分からない花火が、キスをしている俺たちを照らした。

11/08/06 18:03更新 / 沈黙の天使

■作者メッセージ
どうも、CGIが落ちていたりしましましたが、皆さん、私のことを覚えていらっしゃいますか?

さて、今回は『魔物娘夏祭りSS大会』にて書かせていただいたSSです。
制限時間の2時間で書き上げたものですが、いかがだったでしょうか?
それにしても自分で書いていてなんなのですが・・・ちくしょう、この二人、もげやがれwww

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33