読切小説
[TOP]
ステ魔
♪黄色と白はダンナのザーメン
♪24次元染められますか
♪口淫 口淫 ボクらを口淫
♪アンプルケースにダンナのザーメン
♪はるか異界も染められますか
♪インベーダー インベーダー
♪レスカティエ・インベーダー!
《最強の愛情ドリンク スペルマでイく》



刑部狸「睡眠姦してたでしょ」
夫「抱いてないよ」
刑部狸「愛液ついてるやん」
夫「抱 き ま し た !」
刑部狸「私のエロボディ使って?」
夫「つかっ、たような気がします、ぽんぽこ嫁さんの中にパンパン!」

《イクルートから》



マンティコア「うちの男妾[だんしょう]、もっとMらしくなんないかな」
♪たらた勃ったたっ! 
♪男妾の管理が わっかるんだ〜
♪ツプッてきたから わっかるんだ〜
♪男妾のことなら 『佐瀬交[させこう]』!
♪たらた勃った 勃ったたっ!

エキドナ夫「うちの娘たち、(出会い)待ちが増えたなあ」
♪たらた勃ったたっ!
♪男妾の周旋 わっかるんだ〜
♪ツプッてきたから わっかるんだ〜
♪男妾のことなら 『佐瀬交』!
♪たらた勃った 勃ったたっ!



ラージマウス「ブチョー、チュー事業部がだした『とりあえずチュー』」
オーガ「どうした?」
ラージマウス「す っ ご く 売 れ て ま す」
オーガ「ナニーッ!!」
アオオニ「このままじゃまずいんじゃないですか?」
オーガ「おーし、オレたちセックス事業部も、『とりあえずセックス』になる新商品をだすぞ!」

オオー イイデスネブチョー! サッスガー ソレガイイ!

アオオニ「それこれまでどおりです」
ラージマウス「?!」
オーガ「?」
アオオニ「これまでどおり」
オーガ「なっ?!」 ガタンッ!

《チュー事業部の謀反 一回目からイケる ゲロ甘いチュー》
《TINGLY キチャーウ》

チュッ

オーガ「あ、これやばい」



ラミア「……ぐすっ」
男「だからもう泣くなって。とっておきのツプッてやるから」
ラミア「とっておきって?」
男「ヤればわかるよ」

ラミア「気持ちいい……」
男「だろ?」

ラミア「週刊誌のテクね」
男「えっ?」
ラミア「それも最近流行りだしたチュウチュウ」 バッ

ラミア「男はみぃーんな」 サワサワ
男「ひっ」
ラミア「新しい愛撫を試したがるのよ」

《いけずなチュウ↑チュウ↓》
《激しいパン↓パン↑》
《辰巳[たつみ]アンアン》

ラミア「あなたはどっち?」



スタッフ「Hay! アリス、海綿体」 ボロン
アリス「?」

(頭にのせてちょんまげにするアリス)

ブブー!

♪海綿体は大陰唇にいれよおぅ!
♪ウオォーオゥ! イェエ!
♪海綿体は尻穴にもいれよう!
♪海☆綿☆体っ!!

《S気[エスケー]》



デーモン婿「……」
刑部狸婿「結局デーモンに頼らないと何もできないんだよお前は」

(婿2人、股間のチャックをおろしM.I.C.[マイクロフォン]を取り出す)

デーモン婿:“♪オレ確かにいっつもヒモ男 でもお前は金づるキモ男!”
刑部狸婿:“♪は? サイフ役で何が悪い 悪魔のツレだと縁起悪い”

デーモン婿:“♪そんな俺もでっけー肉バイブ 寝間の TOOL!”
刑部狸婿:“♪なめんじゃねーぞ金持ちの俺は 嫁に POOL!”

刑部狸婿:“♪胸部にかけてやるぜお腹も シロ☆クロ★”
デーモン婿:“♪親の金貢いでんじゃねーぞバカ息子 グロ★チ☆コ”

オーク「てかヒモとサイフの分際で粋がってんじゃねえぞ?」
デーモン婿「……ハイ」

《肉バイブ ダブルバイブイン 白と黒》



♪たらた勃ったたっ!
♪男妾は長生きでっきるんだっ
♪性癖追加もでっきるんだっ
♪改心洗脳もお手の物っ
♪男妾のことなら『佐瀬交[させこう]』〜
♪たらた勃ったたっ!

♪たらた勃ったたっ!
♪男妾の子づくりわっかるんだっ
♪ツプッてきたからわっかるんだっ
♪魔界の未来や幸せもっ
♪男妾のことなら『佐瀬交』〜
♪たらた勃ったたっ!



独身君「ただいまー」
独身君「ヨカッタ今日来テナイ……」 パチン

   「「おかえりぃー!」」 パパパンッ!!

チェシャ猫「あがってあがって!」
独身君「ここ私の部屋なんですけど」
チェシャ猫「知ってるよ?」

   「「おめでとぉー!!」」
独身君「誕生日じゃないし」

マーチヘア「見て見てっ」(ディルドでジャグリング)
ジャバウォック「いいでしょお?」(壁に【毎日ダブピー】の落書き)
マッドハッター「どっちが似合うかなぁ?」(服を勝手に借りる帽子屋)

独身君「さよならーっ」 バタンッ!

チェシャ猫「子ども欲しくない?」

  「「微グロあるよっ!」」
  【ゾンビたん微グロ懐胎ショー】

《毎晩、アリスインワンダーが勝手にあがりこんでお困りのあなたに》
《セキュリティ沈滞住宅、P-room》

裸身君「あぁーいい、あーそこそこ」
ダークプリースト「♥」

《ダラクハウス》



剣士「この中に裏切り者がいる」

【冒険者を装いながら円満家庭を築いた一途な男は誰だ?】

剣士「流れ者の生き方を誓った俺たちの中に、『魔物娘』に手を出した奴がいる」
ハンター「『魔物娘』? 俺は一途な生き方なんて考えたこともない」
魔導師「俺は女っ気もない」
商人「俺もだ」
剣士「俺も、家庭への希望は持たない」
ハンター「待てよ? 家庭への希望は、持ってはいないが、託しているとしたら?」
商人「おいおい、だとしたらずいぶん夢中だなぁ?」
魔導師「?!」
ハンター「……」

《結婚相手は堕落神教》



剣士「この中に裏切り者がいる」

【冒険者を装いながら円満家庭を築いた一途な男は誰だ?】

ハンター「その『魔物娘』ってのはどこにいるんだ。集会場か?」
剣士「ま、親魔物領だろうな」
ハンター「よく知ってるなあ」
剣士「常識だ」
魔導師「魔物娘ってのは、どんなのがいる?」
商人「どうなんだよ?」
剣士「ダークエンジェルとか」
魔導師「他は?」
剣士「ダークぅ、たと、えばぁ、ダーク……」
商人「おぉい、ずいぶんダークを推してくるじゃないか」
魔導師「?!」
ハンター「……」

《結婚相手は堕落神教》



剣士「この中に裏切り者がいる」

【冒険者を装いながら円満家庭を築いた一途な男は誰だ?】

ハンター「だいたい、『魔物娘』ってなんだ?」
剣士「なんだろうなぁ」
ハンター「一途に円満家庭を築く奴なんて、いるのか?」
魔導師「世間にはいるのかもな」
ハンター「俺たちの中には、いないだろう」
魔導師「そうだよな、なあ?」
商人「ああ……」
商人「結婚相手はっ!」
剣士「ダークエンジェル」

ピシャーン!

ハンター「おいおい、まるで異教徒の誘い文句じゃないか?」
商人「……」
魔導師「……!」

《結婚相手は堕落神教》
17/09/11 23:24更新 / 祈祷誓詞マンダム

■作者メッセージ
私の頭の中のマーチヘア

CMパロディです。
最初にアップする際、説明書きを忘れていました。
不親切な載せかたをしてしまい、大変失礼いたしました。

追記
『淫魔の辞典』が増補改訂版になりました。よければそちらもどうぞ。

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33