読切小説
[TOP]
ごっくんミルク
「おにいさん………メ、メリークリスマス」
「…………いや、クリスマス昨日なんですけども」
 ドアを開けると、サンタ姿の魔女がいた。



 虚無に満ちあふれたクリスマスが終わり十八時間くらいは経っただろうか。
 なんだかかなり前のことのように感じる。なんとなく部屋でゴロゴロしていたのが一年前の出来事のようにぼんやりと浮かぶのだ。
 が、しかし、つい昨日がクリスマスだったことは事実である。ぼんやりとしているのは記憶に残るようなことをしていないからだ。
 ───そして、その空しさが残っているのもまた事実である。ぽっかりと心に穴があいたような空しさ。死にたくなるような虚無感。
 パない。何に対してもやる気がおきないっす。
 ということで気分転換がてらコンビニに食べる物を買いに行こうとボロっちいアパートの一室を出た時のことである。

「め、メリークリスマス」

 と、ドアの前に赤いサンタ服に身を包んだ魔女がいたのだ。
 魔物娘とはいっても見た目は普通の少女……なのだがやはり実際に遭遇してみるとオーラが違う。
 あ、こいつ何かしでかしそうだな、という雰囲気がぷんぷんとにじみ出ている。
 実際そいつは。
「あの……プレゼントです」
 と言って赤い上着の前を開いた。すると────

 ぺったんすとんな寸胴のボディ、そして桜色の健康的な乳首が露わに──

「お、おい!」
「きゃっ!な、何するんですか!やめてくださいっ!」
「静かにしろ!大きな声出すな!」
 セリフだけ見ると俺が幼い少女に襲いかかる暴漢にしか見えないのだが、勘違いしないでいただきたい。
 現在俺は必死に少女の裸体を隠そうとしているのだ。彼女の手をつかみ、上着の前を閉じさせようとしているのだ。
「ら、乱暴にしないでくださいっ!」
「じゃあ大人しくしろよ!」
 こんなシーンを他の住人に見られたら非常にまずい!社会的に死ぬ!
「ぃ、いやっ!」
 だが、そんなに俺を抹殺したいのか、彼女は頑なに抵抗をやめようとしない。
 そうしている間にも上着ははだけ、どんどん幼い肢体が露出していく。
 こいつ、下に何も着てないのかよ………
「お前、いい加減に────」
 ガチャッ
「!」
 鍵の開く音がした。
 まずい──────
 俺は慌てて彼女を抱え込み、自分の部屋に飛び込んだ。



「やってしまった………」
 これまでの人生、家に女の子を呼んだことなんてなかったのに………
 それなのにまさか、こんな変態露出狂幼女をつれこむことになるだなんて………
「へくちっ!」
 と、ここで彼女がくしゃみ。
 あぁ、そうだ。こんな時期にそんな格好をしているのだ、寒いに決まっている。
 俺はタンスから適当な部屋着を引っ張り出し、サイズは合わないが無理やり彼女に着せる。
 これでなんとかなるだろう。

 さて、いったい何故彼女はこんなことをしでかしたのか。
 聞いてみると。
「私、魔法が使えないんです……だから魔力がほしくて……それで男の人……特に童貞さんのオチンポミルクがほしいんです」
 ふぅむ…………
 まるで意味が分からんぞ!
「いや、わかるんだけども……それを理解できてしまったら人間としてどうなんだろうか」
 相当の変態だ。多分人間じゃなくて魔物だと思う。
「うぅん………そういうのは俺の趣味じゃないなぁ………他の人に頼んでみたら?」
「でも、半年くらい前からおにいさんにしようって決めてたんですよ」
「え、なにそれ。俺半年前から狙われてたの?」
「はい、でもなかなか勇気が出せなくて………」
「…………」
 なんだろうこのすごい複雑な気持ち。
 この背徳感と自制心が混ざり合ったよくわからない衝動……
 確かに、このシチュエーションはロリコンじゃなくても承諾してしまいそうだが……
「でもなぁ………」
「べ、別にすぐセックスするってわけじゃなくて……その、お口でびゅーってするだけでいいんです」
「それをやって俺は人間として生きていけるのだろうか……」
 こんないたいけな少女の口に射精って………
 しちゃいけないことトップ3入りだ。これは健全な男としての最低限のルールだろう。
「他に方法はないの?」
「はい………というか、もう我慢のしすぎで私限界なんです。おにいさんのミルクが飲みたくて飲みたくて仕方がないんですぅ♥」
 彼女はもじもじと体を揺らす。
「…………………」
 発情………してるのだろうか。
 どうにかして抑えなければならないのだが。
「どうしても無理ですか……………?」
「…………うぅ」
「じゃ、じゃあ………」
 彼女はポケットからコーヒーカップを取り出す。
「私に触れなくていいです……直接飲ませてくれなくていいです……でもせめて、この中にミルクを入れてくれませんか」
「でも」
「わ、私、帰りませんからっ。おにいさんがオチンポミルク飲ませてくれるまでずっとここにいますから」
「うぅっ」
 どうやら本気らしいな。
 このままだと幼女が家に住みつくというよくわからない状況になってしまう。
 ならばさっさと出して帰ってもらうべきか………
「わ、わかった」
「あ、ありがとうございますっ!」
 あぁ…………承諾してしまったよ……



 で、これどうすればいいんだ。
 コーヒーカップに向けて…その、オナニーをすればいいのか?
「じゃあトイレ行ってくるわ」
「駄目ですっ!ここで、ちゃんとびゅーってしてるとこ見せてくださいっ!」
「はい」
 なんだろう、さっきからこの子には変なこだわりを感じるぞ。
「……………」
 とりあえずズボンを脱ぐ。
「えぇと……」
「わ、私が受け止めますんで、立ってしてください」
 彼女が跪き、カップに精液を受けるというなんとも犯罪的な絵柄になってしまった。
 しかし見られながらするのはなぁ………初体験だ。
 普段より若干戸惑って思うようにイかない。
「…………オカズが必要でしょうか?」
「いや……そういうもんだいなのかな?」
「わかりました」
 彼女は一度咳払いする。そして。
『お、お兄ちゃん』
「ぅっ!」
 甘々な声で語りかけてきた。まるで催眠音声を聞いているかのようだ。
 自然と手がチンコを扱く。
『ごめんね、こんなことさせちゃって。大変なのはわかるけども私のためにがんばってほしいな………』
「な、なんか変な気分になってくる」
 魔法いらないんじゃない?その特技だけで十分な気がするんだけども。
『…………お兄ちゃん想像してみて。私の小さなお口がお兄ちゃんのオチンポミルクごっくんってするところ。まだ処女のお口がお兄ちゃんの精子に犯されるところ』
 言われたとおり、想像してみる。
『カップいっぱいのザーメンなんて飲んだら、私のお口妊娠しちゃうよぉ♥でも、こういうのって男の子の夢なんでしょ?小さい女の子のお口にお池ができるくらいザーメン注ぐこと』
 確かに、エロマンガで見てドキッとするシチュエーションだ。
 目の前の彼女で当てはめて想像する。

 苦しそうな、そして苦そうな表情で男の汁を頬張る少女。口の端から少しだけ白濁液が垂れている。
 でも彼女は命令され、味わいたくもない男の味を舌で感じるしかないのだ。
 そのうち男は少女に口を開けさせ、その淫猥な景色を眺める。口の中に白濁の池。その中に小さな舌がちゃぷちゃぷと跳ねているのだ。
 やがて少女は我慢できなくなり、喉の奥に精液を流し込む。
 本来子宮を犯すはずの精液は胃の中へ───

「でるっ!」
 そこまで妄想し、限界がきた。
 想像以上に大量に、勢いよく精液が飛ぶ。
 いきなりのことだったが彼女は即座に反応し、精液を受け止めた。少しだけ顔にかかってしまったが。
「あ、ご、ごめん」
「はぁ♥はぁ♥これが………男の人の匂い………」
 彼女はもう、完全にスイッチが入ってしまったようだ。じっと、なみなみとコーヒーカップに注がれた精液から目を離さない。
 そして、顔にかかった精液を指で集め口に運ぶ。
「ちゅぴっ、ちゅっ、れろっ……これが、ザーメンの味…………♥…………ちゅぷっ、ちゅるっ、くちゅっ、ちゅっ、ちゅーっ」
 病みつきになったのか、まるで赤ん坊のように指をしゃぶる。
 ぐちゅ、ぐちゅ、と精液の塊が押しつぶされ、舌に押しつけられ、次々と喉の奥へと送られていく。
「んくっ…………はぁ♥おいしいぃ…………♥じゃあ…………いただきます♥」
 じゅるり
 と、彼女の口内に精液が流れ込む。
「ごくっ♥んくっ♥んっ♥……くちゅ♥ぐちゅ♥」
 さすがに一口では無理だったらしく、いったんカップから口をはなし、丁寧に精液を咀嚼し始める。
 わざと、俺に見せつけるように。
「くちゅ♥…………ごっくん♥んはぁ……♥うぅ♥はぁ♥すごいぃ♥お腹の中でせーしが赤ちゃん作ろうって頑張ってる♥ごめんね、せーしさん達♥」
 彼女は胃の辺りを抑え、嬉しそうな顔で言う。
 その妖艶な表情に、ぞくぞくと背筋に寒気が走る。
「はぁ♥はぁ♥我慢できないよぉ♥…………んぐっ♥んくっ♥ごくっ♥」
 堰が切れたのか彼女はカップを傾け、豪快に飲み干していく。
 喉に引っかかって少し咳き込んでも、構わず飲み込んでいく。
 こんな光景が見られるなら………人間やめてもいいかもしれない。
 そう思ってしまった。
「ごくっごくっ♥………じゅるっじゅるるるっ♥ぷはぁ………♥」
 程なくして飲み干した。
 最初の大人しそうな表情はそこにはなく、発情しきった雌の顔が張り付いていた。
「お腹たぷってしてる………ちょっと妊娠したみたいだよ♥触ってみる?」
 迷うことなく、彼女の腹に触れる。
 たぽっ、と中身が揺れる音がした。
 この中に、いつもティッシュに吐き出している精液が入っているのか……
 そう思うと何ともいえない興奮が、性衝動が沸々と俺の奥底からわき上がってくる。
「…………いつでもいいですよ」
 彼女は言った。
「いつでもごっくんってします。いつでもザーメン食べてあげます。いつでもいやらしい声でいやらしい言葉をかけてあげます。そして………」
 彼女は服をまくり上げ、自分の割れ目を開く。
 くちゅり、と既に濡れていて、いつでも精液を受け入れられるよう準備ができていた。
 彼女は微笑む。

「いつでも童貞さんを奪ってあげます。だから───ね♥?」

「…………はい」
 まったく。
 とんだプレゼントが舞い込んできたものだ。
16/12/29 10:36更新 / 鯖の味噌煮

■作者メッセージ
やっぱりごっくんシチュがナンバーワン
しばらくは本番セックスは書かないかもしれません
続かせたいです、是非ともこの魔女ちゃんには食ザ(自主規制)

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33