読切小説
[TOP]
不思議の国の淫乱ピンク
 どうしてこんなことになってしまったんだろう……。
 僕は一回りも二回りも小さくなってしまった手のひらを見つめ、絶望に打ちひしがれていた。
 成人していたはずの僕の身体は、かつての幼い頃の姿へと逆行してしていた。
 飢えに負け、道端に落ちていた得体の知れぬクッキーを口にしてしまったのが原因だろう。
 きっとこれは、この愛らしくも狂気に溢れる、不思議な世界の呪いなのかもしれない。





 冒険者ギルドのしがない構成員である僕は、とある行商団の道中護衛の依頼を受け、一行ともども行商ルート上にある森を進んでいた。
 道中の護衛といっても、特別危険な魔物の棲む地域を通るわけではないので、どちらかと言えば念には念を入れた保険の意味合いが強い、簡単な依頼なはずだった。
 ところが、運悪く魔物の群れに遭遇してしまった。弱い魔物同士が同種異種問わずに群れをなし、協力して人間を襲う例が稀にあるらしく、僕も魔物の群れに出くわすのは生まれて初めてのことだった。
 僕は魔物が男性を優先して襲う習性を利用し、自ら囮となって魔物たちを引きつけ、何とか行商団一行を森の外へと逃がすことは出来たものの。
 血眼で執拗に僕を襲ってくる魔物どもの追跡からなかなか逃れられず、どうにか振り切った時には行商団一行とはぐれたばかりか、右も左も分からない森のなかで遭難してしまったのだ。
 僕はそのまま数日前もの間、魔物たちの襲撃を掻い潜りながらも彷徨い続けた。
 食料や水の殆どは行商団の荷物の中に置いてきており、最低限のものしか携帯していなかった。
 普段ならこういったサバイバルの状況を想定した装備を整えているのだが、気楽な依頼だと高をくくり、準備を怠ったことが仇となったのだ。
 いつしか極限状態に陥った僕は樹の幹にもたれかかったまま、意識を失った。
 そして、次に目を覚ますと何とも形容しがたい珍妙な世界へと迷い込んでしまったというわけだ。
 飢えを凌ぐためなら雑草でさえ厭わず食していた僕にとって、この世界で最初に目にした食べ物らしい食べ物を何の疑いの余地無しに口に入れてしまったのは、我ながら不可抗力であったといえる。 
 兎にも角にも、どうにかしてこの世界から戻る方法を探さなくては。
 そう思い立った時だった。
「あは。可愛い坊や、みっけ」
 気怠けで甘ったるい少女の声が背後から聞こえる。僕は声のする方へと振り返った。
 すると、そこに居たのは両腕から先に薄桃色の羽が連なる巨大な翼を生やし、それらの羽と同じ色のショートヘアの妖艶な美少女。その特徴的な翼と足の先の鉤爪から察するに、所謂ハーピー族であろう。
 しかしながら、彼女は何だか僕の知っているハーピーとは少し様相が異なるようだ。
 常に発情しているのか、紅潮した顔に蕩けた目つき。股ぐらからは溢れる透明な液が太腿を伝って滴り落ち、身じろぐたびにぐちゅぐちゅと音を立てている。
 それに加え、もはや隠すことを放棄しているとしか思えない露出度の高い衣装。ファッションに拘りのないことの多いハーピーにしては珍しく趣向的だ。
 また、飛行に特化したハーピー族は肉付きの少ないスレンダーな体型であることが一般的とされているが、彼女の体つきはおおよそスレンダーとは言いがたい。
 むしろ健康的な肉付きをしており、はちきれんばかりに膨れ上がった乳房は申し訳程度にニプレスで大事な箇所が隠されているだけで、堂々とその存在を曝しており、否が応にも目を引く。
 まるで空を飛ぶことよりも男性を誘惑することに特化しているかのようだ。
「こんにちは坊や。……いや、もしかしてお兄さんかな? くふふ」
「お前はここの住人なのか? なぁ、俺をここから元の世界に戻る方法を教えてくれないか」
「元の世界に戻る? それは無理だと思うよ〜。だって……」
 ハーピーは口角を鋭く上げ、僕の方へとにじり寄ってきた。
「坊やはこれから、私のダーリンになってここでずっと暮らすんだから……!」
 ハーピーは地面を強く蹴って跳躍し、僕へ飛びかかってくる。
 僕はすんでのところでかわし、そのまま何の躊躇なく走りだした。
 この小さい体では持参してきた剣も満足に振り回せない。丸腰のままハーピーを相手にするのは正直かなり厳しい。
 ここは一旦逃げるのが上策だといえよう。
 それに見たところ、相手は僕の思惑通りあまり空を飛ぶのは得意なようではなく、飛ぶのではなく走って僕を追いかけてきた。
 幸い走るスピードもそこまで早くはなさそうだ。奇っ怪な家が幾つも立ち並ぶ建物群の中へと逃げ込めば上手く撒けかもしれない。
 そう確信した僕は、遮二無二に建物群へ目指した。
 しかし、僕の目論見は甘かった。
 僕の今の身体年齢はおよそ10歳。運動神経は大人よりも遥かに劣る。
 だから、たとえまっ平らな道でも容易に足のバランス感覚を崩し、つまづいてしまう。
 僕は盛大に地面に顔を激突させた。
 この致命的な隙を彼女が逃すはずがなかった。
「つかまえたー♪」
 つぶさに起き上がろうとした僕の背中に、柔らかい感触がのしかかる。
 そして、そのまま押し潰されて身動きが取れなくなった。
 僕はその瞬間、全ての終わりを悟った。
「はなせ! このぉ!」
 背中に乗るハーピーを振りほどこうと、僕は必至にもがいた。
 けれど、ただでさえ身体能力の高いとされるハーピー族。彼女もその例に漏れず、人間離れした力で暴れる僕の両腕を巨大な翼で抑えつけた。
 子供の非力な腕力で払うことなど到底叶わない。
「いくら暴れても無駄だよ〜。諦めて、わたしと一緒に気持ちいいことしようよぉ」
 一度魔物に捕まってしまった以上、もはやいくら抵抗しても徒労に終わるだけだ。僕は悔しい思いを噛み締め、観念した。
「そうそう、聞き分けのいい子は好きだよー」
 気が抜けるような間延びした口調。
 本人は意図していないようだが、今の僕からしてみれば無様な自分を嘲笑っているかのようにも捉えてしまう。
 彼女はうつ伏せになっている僕を手早く仰向けにすると、互いに向き合う状態となる。
 ハーピーは淫靡な眼差しで僕を見下ろした。
「うふふ……」
 刹那、彼女が強引に僕の唇を奪った。
 僕の生まれ育った村では異性同士でも挨拶代わりの軽いキスをすることがあったが、そんなのとは次元の違う、男女が愛を営むための情熱的なキス。
 ぷっくりとした真紅の唇が、僕の下唇を執拗についばみ、溢れる彼女の唾液が僕のカサカサになった唇の表面に潤いを与える。
 頭の中がじんとする感覚に陥った。フワフワとした心地いい浮遊感。キスってこんなに気持ちいいんだ。
 抑えきれない胸の高鳴り。
 彼女を初めて見た時から潜在的に抱いていた欲情が、頭角を表していく。
 異形の魔物といえども、端正な顔立ちとその扇情的な肢体は男心をくすぐるには充分なのだ。
 僕は思わず、さらに求めるように彼女の口の中へと舌を伸ばしてしまった。
 舌の侵入に僅かに驚く反応を見せる彼女だったが、すぐに受け入れ、彼女もまた僕の口の中へ舌を入れた。
 ピチャピチャといやらしい音を立て、舌と舌が複雑に交差する。
 僕は今、「魔物と交わってはならない」という子供の頃からさんざん言い聞かされてきた教えに反している。
 そうは言っても、毒を食らわば皿まで。どのみち魔物に捕まったが最後一生逃れられないとも言われているし、この世界からは生きて帰れる保証もない。
 僕はもはやあの息苦しい世界とは遠いところにいるのだ。
 僕は欲望のままに彼女に委ねることに決めた。
 接吻が数分間続いたのち、彼女のほうから名残惜しそうに顔を離した。彼女の口と僕の口の間に銀色のアーチがかかる。 
「ぷはっ……♥ そろそろ、ビンビンになってるかなぁっと……」
 そう言ってハーピーは僕が履いていたズボンとパンツを脱がし、下半身を顕にさせた。
「きゃっ! すごーい! 身体はこんなにちっちゃいのに、おちんちんはグロくておおっきいなぁ……。やっぱり、女王様のクッキーを食べてちっちゃくなっちゃったお兄さんなんだねぇ♥」
 彼女の言うとおり、僕の勃起したブツは成人の時と全く変わっていなかった。
 体毛の薄く、まだ筋肉も骨も発達しきっていない幼稚な体つきにはそぐわない、凶悪にそそり立つ極太の肉棒。
 彼女も驚いているようだが、一番驚いているのは僕自身だ。
「形も良いし、長さも太さもわたし好みかもぉ♥」
 分身を恍惚と見つめる彼女。その蕩けた双眸は欲望の色に染まっていた。
 僕は自慢のブツが褒められた嬉しさと、これから始まるであろう妖艶な美少女と行為への期待に胸を膨らませた。
「あんっ、もうがまんできない♥」
 ハーピーはやたら布面積の少ない黒のローレグパンツを自ら破り捨てた。
 すると彼女の秘密の花びらが曝け出される。髪や羽と同じ薄桃色の陰毛が周りに薄っすらと繁っており、穴の奥からは透明な汁が湧き水のようにトロトロと流れ出ていた。
「おちんちん食べちゃお♥♥」
 息を荒げながら忙しなく股間の上に跨がり、剛直を割れ目にあてがう。細かい作業が苦手そうなやたらに大きい翼で肉棒の角度を何とか固定し、位置を調整する。
 その間、肉棒の先っぽに愛液が滴り落ちた。
「頂きまーす♥」
 そう言って、彼女は腰をゆっくりと下ろした。
 じゅぶぷ……と膣から空気が漏れる音を立て、挿入される。
 蜜壺の中を分身が掻き分けながら奥へと納入され、しまいには見えなくなった。
「はああ♥ おちんちん、全部入っちゃったぁ♥ 熱くて固くて、おま♥こ、しびれちゃいそうだよぉ……♥」
 根本まで挿入し終えた彼女は、蕩けた表情をさらに崩し、悦びに打ち震えていた。
 潤滑液に満ちた熱くてヌルヌルの肉壁に締め付けられる感触に僕は感嘆した。
 な、なんて気持ち良いんだろうか……! こんなのは産まれて初めてだ。自慰では決して味わえない禁断の快楽。
 もし、このまま動かれでもしたら、僕は……。
「それじゃあ、さっそく動いちゃうね……♥」
「あっ……待っ――」
 僕が制止する前に、彼女は腰を動かしてしまった。
 刹那。締め付ける膣壁が肉棒を摩擦する。
 突き抜ける快感が肉棒を奔り、甘い痺れが下腹部に広がる。
 僕は挿入したばかりにも関わらず、ハーピーの膣内で達してしまった。
「あん♥ おちんちんみるく……もうナカにだされちゃってるよぉ……♥」
 肉棒が脈打ちながらドクドクと精を吐き出し、胎内へと流し込んでゆく。
 ハーピーは精の奔流を喜々として受け止めていた。
 長い長い射精が終わり、ぼやけた意識が鮮明になると同時にその反動による気だるさと冷静な思考が僕を襲った。
 ああ……、あまつさえ魔物と交わったばかりか、生殖行為まで行ってしまった。
 僕はもう人の道を完全に踏み外してしまったのだ。
「もしかして、女の子とするのは初めてだったのかな? ま、いっか。嬉しいことには変わりないし♥」
 すると、彼女は嫌味を感じさせない純真で愛らしい笑みを浮かべる。
 その笑顔を見たとき、僕は心を打たれた。
 そして同時に疑問を抱いた。魔物というのは本当に恐ろしいものなのだろうか、と。
 事実、僕をレイプしているということ以外、なにか危害を加えるような素振りはまるで見せない。
 むしろ、人懐っこく僕に擦り寄っているようにも思える。
「それじゃあ、続きいくよ? きみのおちんちん、まだまだイケそうだしね♪」
 彼女の言うように、僕の分身は一度果てたばかりなのに膣内で臨戦態勢を保っている。
 そうこうしているうちに、彼女は腰の動きを再開させた。
「んん♥ ひゃっ♥ いいよぉ♥ 気持ちいいよぉっ♥♥」
 ハーピーは肉付きのよい健康的な肢体を揺らしながら、上下に激しく跳ねる。
 結合部からはジュッポジュッポと水音が響き、しとどに溢れる愛液が肉体同士がぶつかるたびに辺りに飛び散る。
 二つの肉メロンが、彼女の動きに合わせてユッサユッサとダイナミックに暴れていた。
「おちんちんにっ、おま♥こぐちゃぐちゃにされてっ、おかしくなっちゃうぅぅ♥♥」
 すると、彼女はとつぜん僕の方へと倒れこみ、力強く抱きついて僕の身体を抑えこむような体勢へと移行した。
 そのまま腰だけを揺らし、パチュンパチュン! と響かせながらピストンさせる。
 ふんわりとしたボリュームのある翼が僕の背中を包み込む。
 暖かい高級羽毛布団に包まれているような、今まで味わったことのない夢心地。
 そして、彼女と僕の身長差によって、僕の顔面にはちょうど彼女の豊満な乳房が押し付けられる形となり、極上の谷間に顔を埋め尽くし、僅かに露出した鼻先で辛うじて呼吸が出来ている状態という、男ならば誰もが羨む贅沢な仕打ちを受けていた。
「あはっ♥ きみのおちんちん、また出したいって、ビクビクしてるっ♥ いいよっ♥ だして♥♥ きみのおちんちんみるく♥ なかにいっぱいだしてぇぇ♥♥♥」
 そう言うやいなや、彼女は狂ったように腰を振りまくり、短いスパンで僕の下半身に尻を叩きつけはじめた。
 ハイテンポで刻まれる乾いた衝突音。僕は抗いがたい快楽を前に我慢の限界を容易く迎えた。
 迸る開放感とともに、火山の噴火のごとく白い欲望が吹き出し、膣内へと放たれる。
「あああんっっ♥♥ 二発目のおちんちんみるくぅ♥♥ どっぴゅどっぴゅでてるぅ♥♥」
 彼女は分身が脈打っているのを確かめると、ピストン運動をピタリと止め、尻を僕の下半身に密着させる。
 すると、途端に膣壁が万力のごとく肉棒を締め付け始め、さらなる精の搾取を促していった。
「んーっ……♥ もっとっ……もっと頂戴♥ きみのおちんちんみるくぅ♥♥」
 射精が止まったのも束の間。
 達したばかりで息を整えている僕を他所に、ハーピーは容赦なく動きを再開させた。
 淫乱な彼女のこと、僕がこれからまた二、三回程度出したぐらいでは満足するようには思えない。
 おそらく、これから終わりの見えない狂宴が待ち受けていることだろう。
 果たして、僕は正気を保っていられるだろうか……





「ああっ! マリ……! マリ……!!」
「あっ♥ ああっ♥ んんっ♥ いいっ♥ いいよぉっ♥ ダーリン♥♥」
 僕の上に跨り、激しく乱れている妻の名前を呼びながら、彼女に負けないぐらい腰を下から打ち込んだ。
 あれからどれだけの時が経ったのだろう。
 マリと出会ったあの日のうちに僕は彼女の巣へと運ばれ、二人の生活が始まった。
 当初はその異常なまでの僕に対する執着に困惑したものの、日が経つ毎に彼女に対する愛情が芽生え始めた。
 そしていつしか心の底から彼女を愛するようになり、自他ともに認める夫婦となったのだ。
 ここで暮らしてから分かった事。
 まずこの世界は『不思議の国』という、魔王の娘の一人の『ハートの女王』と呼ばれる魔物が作った魔界の一国であること。
 そして、マリこと僕の愛する妻は「ジャブジャブ」と呼ばれるハーピーの亜種であり、不思議の国の固有種であることだ。
 あと、帰ろうと思えば僕が元居た世界に帰る手段が無いこともないらしいのだが、もはやそんなことはどうでもいい。
 僕にとってマリと一緒に暮らすことこそが、至上の幸せになったのだから。
「ううっ! で、でるっ!! 中にだすよぉ! マリ!!」
「んん♥ いいよぉ♥ いっぱい出してねぇ♥ ダーリン♥♥」
 妻の名を叫び、今日だけで何度目かも分からない、膣内射精を迎えた。
 彼女がどうしても僕から離れなければならない事情がある時以外、基本的に僕らは繋がったまま過ごしている。
 朝も昼も夜も、寝ている最中でさえ。
 なんでも『夫を止まり木にする』という彼女らジャブジャブ特有の習性のせいらしく、下手に僕の方から離れようとすると、彼女はそれをひどく嫌がり、逃さないとばかりに僕を押さえつけて強引に下の口に咥え込んでしまう。
 とはいえ、喉が乾いたら口移しで水を飲ませてくれるし、お腹が減ったら頼んだ食料を取ってきてくれたりもして、結構至れり尽くせりなので、自由が効かないこと以外はとくに困っていない。
 それに彼女と交わるようになってから、肌のツヤも良くなり、以前よりバイタリティ溢れるようになった気がするのだ。
 次第にスタミナも付いてきて、彼女との連戦にも耐えられるようになり、そのうち一日中交わり続けることも出来るようになるかもしれない。
「ねぇ、ダーリン〜。もう一回だけしよぉ?」
 互いに動くのを止めて休憩するなか、彼女は媚びるような声色で言った。
「ああ、いいよ。でも、もう一回だけとはいわずに、何回もしよう」
「ほんとに? うふ……やった♥」
 僕の言葉を聞いて嬉しそうに翼を羽ばたかせるマリ。
 ほどなくし、どちらからともなく腰を動かし始めた。
 二人の愛の宴はまだまだ続く
15/09/21 16:20更新 / たけかんむり

■作者メッセージ
はじめまして。初投稿となります。
ジャブジャブちゃんのビジュアルとその生態があまりにえろえろかわいかったので、思わず書き殴ってしまいました^q^
淫乱ピンク最高!

TOP | 感想 | RSS | メール登録

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33