感想メッセージ
[TOP][小説へ]
魔物と結婚した皆さんへ、50の質問

■感想メッセージ
Name: Mail:

※メッセージのみor評価のみの投稿もできます。
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
このQ&Aは非常に面白くてニヤニヤしながら見てます!


これからもがんばって下さい!
 SIN 10/03/06 15:07感動した!
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
読ませてもらいましたー
カルセオラリアの時の奴ですね!完成版見てみたかったんですよ!
楽しみにしていますよ!
 抹茶理 10/03/06 15:59
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
>>SINさん
感想、ありがとうございます。

1つの章に、10個の質問。つまり、5章で50個の質問。
1つの質問には10個ずつの回答があり、10×50=500。

……自分で始めておいてなんですが、
が、頑張ります(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。


>>抹茶理さん
感想、ありがとうございます。

連載小説のフォーマットを用いたものを作ってみたいなぁ。
そうだ、《魔物と結婚した皆さんへ、50の質問》を再登場させて、
一冊の本の雰囲気でまとめてみよう……。

というのが、今作を作るきっかけでした。
完成目指して、コツコツ前進していきたいと思います!
 蓮華 10/03/08 23:38
>「第一章 夫婦の間の小さな嵐」を読んだ感想
楽しく見せてもらいました。                                                                       質問なのですが同じ種族の夫が出てきますが、同じ夫の方なのでしょうか?
 ラプター 10/03/08 23:43
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
貴方の筆力に全力でパルってますマキナです。素敵、素敵すぎるよ文章。

ナドキエ出版はこちらでは名前だけ何度も借用しておりますが、まさか完全なるスピンオフを作り出すとは思わなんだ。しかもどれも珠玉の一文……自分もあれくらい書ければいいのですが。

大変楽しませていただきました。では、これからも気長に楽しみにさせていただきます。
 初ヶ瀬マキナ 10/03/09 07:21とても良かった!
>「第一章 夫婦の間の小さな嵐」を読んだ感想
>>ラプターさん
感想、ありがとうございます。

同じ種族の夫さんに関しては、
『同じ人もいるし、違う人の場合もあるし』という感じです。
回答の傾向が似たような感じなりますが、同時に多少の違いも出てきますね、と。

その辺りの違いは、回答内容はもちろん、
妻・嫁・彼女・奥さん……などの呼び方でも変化をつけたい所です。


>>初ヶ瀬マキナさん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます。
そして、そのパルっぷり、気に入った(左手に赤い杯を持ちながら)!

……と、地底の一角鬼になっている場合ではありませんね。
こちらこそ、ナドキエ出版の名を使っていただいてありがとうございます。
名前を作った者として、とりあえず一冊編んでみようと覚悟を決めました(笑)。

どんな質問にしようか、どんなお話にしようか……という点に関しては、
既に八割方固まっています。これからも、完成目指して努力してまいります!
 蓮華 10/03/10 01:17
>「第二章 支えあったり、衝突したり」を読んだ感想
面白いです。

ふと、いなり寿司でも好みあるのかなと。
濃い目か薄味か、油抜きの加減、具の有り無し、形は俵か三角形か、とか。わりとどうでもいいことを。
わたくしは具有りの薄味が好み。
裏巻きというのも捨てがたい。

なんだかんだで楽しい生活のようで、情景が想像しやすく、とても好感がもてました。
 独活 10/03/12 13:34
>「第二章 支えあったり、衝突したり」を読んだ感想
ちょwwwwwクロスさんのあのイラストのネタがwww
凄いなぁ、違和感ないですよ(笑)
そしてアリスそれは外道過ぎるぜ……(笑)


自キャラで質問に答えてみた。
・ミミックを妻に持つ男性(質問12)
「……まぁ、何だ。メイド特化されてるから立ち居振る舞いとか物腰とか完璧過ぎるぜ。おまけに何処ぞのメイドばりのナイフ技術まで……ってお前本当にメイドなのかよその参考相手」


・ミミックを妻に持つ男性(質問13)
「様々なことに対する知識はあるのですが、それを実践するよう体が動かないようで……基本家事は自分がやっております。特に料理。お願いだからミリ単位で香辛料を量るのに集中しないで……」
 初ヶ瀬マキナ 10/03/12 15:37とても良かった!
>「第二章 支えあったり、衝突したり」を読んだ感想
あなたが神か!!

個人的には夫婦喧嘩のアリスネタが気に入りました。もう究極ですよ、究極。
 フラット 10/03/12 16:01感動した!
>「第二章 支えあったり、衝突したり」を読んだ感想
いろいろと言いたい事はありますが一言でまとめさせていただきます。

とてもとても面白かったです。

QAにこのような使い方があるとは…さすがですw
50問まで続くということで、次回も楽しみにさせていただきます。
 HERO 10/03/12 18:19
>「第二章 支えあったり、衝突したり」を読んだ感想
今回も楽しく読ませてもらいました、                         私の小さな疑問にも答えてくださってありがとうございます!              次回も楽しみにしていますよ!
 ラプター 10/03/12 20:42
>「第二章 支えあったり、衝突したり」を読んだ感想
読ませてもらいましたー
今回も楽しく読ませてもらいましたよ!
・エルフを妻に持つ男性
・マタンゴを妻に持つ男性
↑このお二方夫婦は何をしていたんだ?気になります。
さて今回は、夫婦喧嘩や種族間の相違でしたか・・・・次は何だろな!?わくわくします!
 抹茶理 10/03/12 23:29
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
>>独活さん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます。

稲荷寿司の好みは……確実に存在するのではないでしょうか。
こちらの世界の感覚で言えば、京風(関西風)味付けのイメージですね。
「うちの旦那はんは、出汁の味がわかる人やさかい嬉しですわぁ」と語る稲荷さん、的な。

ちなみに、個人的には東京の甘い稲荷寿司に衝撃を受けた経験がございまして……。
関西風の味付けしか知らなかったものですから、目を白黒させてしまいました。


>> 初ヶ瀬マキナさん
感想、ありがとうございます。

そして、お気づきいただけましたか(笑)。
僕は、クロスさんのあのイラストが大好きでして。絶対に登場させたかったんです。
あと、アリスの旦那は即拘束→連行→取調べ→カツ丼というコースですね……カツ丼?

僕のミミックに対するイメージは、『イタズラ好きで元気な女の子』という感じです。
ですから、マキナさんの解釈やアプローチはとても新鮮で楽しいです。
こうした違いが生まれるのもまた、魔物娘世界の素晴らしさなのかもしれませんね。


>>フラットさん
感想、ありがとうございます。

いいえ、人違いです(腰に手を当てながら)!!
……やっぱり、志村式「とんでもねぇ、アタシゃ神様だぁよぅ」の方が良かったでしょうか。

今回は形式上できませんでしたが、夫婦喧嘩に関してはテンポの良い掛け合い表現も素敵ですね。
例えるなら、『水曜どうでしょう』の口げんか的な。
You Tubeで「樹液でも吸ってこいよ」と検索していただけると、参考資料が出てきます(笑)。


>>HEROさん
感想、ありがとうございます。

気に入っていただけたようで、何よりです。
とりあえず、20/50問:200回答は完了しました。
……つまり、まだ全体の半分に達していません。僕は本当にやり切れるのでしょうか(笑)。

何はともあれ、次は章と章の間のお話です。
今後とも、気長にお付き合いいただければ幸いです……!


>>ラプターさん
感想、ありがとうございます。

いえいえ、こちらこそありがとうございました。
ずっと回答を作っていると、ついつい内容や文体が似て来てしまうんですよね……。
それだけに、少しずつでも多様性を感じられる作りにしていきたいなと考えています。

この本作りは、まだまだ前半戦です。
これからも、どうぞよろしくお願いします!


>>抹茶理さん
感想、ありがとうございます。

エルフの夫婦 → 森へ狩猟にやって来た。マタンゴが出るという噂を聞いたので、一応マスク装着
マタンゴの夫婦 → 森で偶然出会い、気持ちを結び合い、別居夫婦な感じになった二人。夫はマスク装着
……という感じでしょうか。マタンゴは胞子の問題があるので、どう登場させようか悩んでいたんです。

そして次は、章の間のお話です。
さらに第三章では、時計の針を少し巻き戻して……ってな感じで、ご期待ください。
 蓮華 10/03/13 03:57
>「あなたの浮気防止術は、何ですか?」を読んだ感想
なんということでしょう。
初めて蓮華さんのお話(リンドウ)を読んだ時から思ってましたけど。蓮華さん、まさかあなた図鑑世界の住人なのでは…。
そう思うほどリアルな、本当に自分がその場にいてその光景を見聞きしながら書いているような文体。
女性的なハリウッドの恋愛ドラマ映画の様な赤裸々な魔物たちの気持ちの表現。
本当に好きです。いや、ってか、嫉妬。もう嫉妬。
僕が蓮華さんに嫉妬!!なんで自分より上手い人を褒めなきゃいけないんだ!褒めるしかないじゃないか!あぁぁ!妬ましい!
ふん。これで勝ったと思わないでね!あたしだって現実に恋して経験すればもう少しマシな文章が書けるようになるんだからね!
それまであんたの文章全部読んでやるんだから!あんたはせいぜいいいお話を書いてあたしの蓮華草になるがいいわ!
って、誰かが言ってました。
いや、僕じゃありませんよ。
 ひつじ 10/03/16 16:39
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
>>ひつじさん
感想……そして激情、ありがとうございます(笑)。

管理人のクロスさんが作ってくださった『魔物娘ワールド』という広大な公園を
時に歩き、時に寝転がり、時に写真を撮り、時にお弁当を食べ……ってな調子で楽しんでいるような、
そんなリラックスした気持ちでSSを書いています。

だから、【雨が降ったら、「雨が降った」と書きなさい】方式でシンプルに、
読み手の方が、お話に登場する《僕》を自分自身であると感じてもらえるように、
これからも気取らずにやって行けたら嬉しいなぁ……と考えています。

さて……それでは、そのツンデレ口調のお嬢さんにお伝えください。

「現実の恋愛ってのも、なかなか厄介で辛いもんだぜお嬢さん。
 大きな声では言えないが、蓮華のSSの中にゃ奴の実体験がコソっと混ぜてある物もある。
 まぁ、それがどれかは言えねぇが、もしかすると今後の話にも何かしら混ぜ込んで来るかも知れねぇなぁ」
 蓮華 10/03/19 08:24
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
蓮華師匠ぉぉぉぉ!!!
師匠!師匠と呼ばせてください!
マジ自分感動したっす!
雨が降ったら「飴が降った」と書いていた自分が恥ずかしくなったッス。
これからもどこかかわいらしくて素敵なお話待ってます。
 ひつじ 10/03/22 02:17
>「第三章 共に歩み始めたあの頃の」を読んだ感想
読ませてもらいましたー
くそ〜終始ニヤニヤがとまりませんでしたよ!
そして突っ込み所が多すぎてなんとも・・・・・
特に河童さんとか

あ〜〜〜〜結婚したい〜〜〜(勿論魔物娘さんと)

※ただしイケメンの場合、数値が補正される
蓮華さん・・・・それは言ってはいけないよ・・・・
 抹茶理 10/03/27 16:29
>「第三章 共に歩み始めたあの頃の」を読んだ感想
自分の名前が「カビの生えたパン」と言われて、笑えばいいのか、どうするのが正解なのでしょうか?

毎回毎回こんな素晴らしい本を出版するナドキエ出版・・・じゃなくて、蓮華さん、とても素晴らしいです!
今日もまたニヤニヤとした一時をどうも有り難う御座いました!
 手袋 10/03/27 18:00
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
>>ひつじさん
いやいやそんな、自分も偉そうな事を言ってしまって……。

【わかりやすさ】と【凝る】事のバランスって、本当に難しいですよね。
物語がアッサリしすぎていると、読み手側は「何とも味気ないなぁ」と感じる。
逆に色々と懲りすぎると、読み手側は「……そんなん押し付けられても、知らんがな」と感じる。

塩コショウという料理の基本が一番難しい事であるように、
雨が降ったら雨が降ったと飾りなく書く事もまた難しい……。
そんなことを感じる、今日この頃です。


>>抹茶理さん
感想、ありがとうございます。

僕にとって河童のイメージは、妖怪ではなく、西遊記でもなく、河城にとりでもなく……黄桜です(笑)。
あの過剰な色香が漂うお母さん河童に、クロスさんが描き出した河童さんを足して二で割るような。
そうすると、あら不思議。可愛くてセクシーな河童さんが、脳内に誕生です。

そして……僕も結婚したいです。魔物娘と。
個人的には、ホルスタウロスかオークが良いですね。いや、お乳的な意味のみではなく。
けれど、その際にも【※ただし(以下略)】条項が立ちはだかったら……もう、一揆しかないですね。


>>手袋さん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます。

以前、TV番組にスウェーデンの方が出ておりまして。
お一方の名前が『マタライネン(また来年)』さん。
もうお一方が『アシカイネン(足痒いねん)』さんでした。

「日本では自分の名前が会話のきっかけになるから、別に気にしてません。むしろ、ラッキーです」
……と、朗らかに笑っていたお二人に倣い、自分の名前を受け入れてしまうのが最良かと(笑)。
ただ最大の問題と懸念は、そんな人間側の笑いをエルフが理解してくれるのか否かという所ですね(^_^;)。
 蓮華 10/03/28 09:29
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
おお!続きがきてる!
3話で初めて感想つけますがニヤニヤ読ませてもらってます。
両親の反応に関する質問、いいご両親ばかりですねー。
しかしアリスの夫のお父さんwwww
非実在青少年保護の魔の手が図鑑世界にまで・・・・
 寒天 10/03/30 22:31
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
>>寒天さん
感想、ありがとうございます。

当初、両親の反応には『反対されたケース』も書こうと思っていたのですが……
ふと気がつけば、全面的に理解あるほのぼの家族特集になっていました(笑)。
「嫁がジャイアントアントなら、仲間に声をかけて両親のための家を建ててくれたりして」
などなど、色々想像するのも楽しかったです。

そして、非実在青少年の問題ですが、本当に腹が立つやら呆れ返るやらです。
ルールとして穴だらけな上に、前提も、根拠も、論拠も、証拠も曖昧。
そのくせ、妙な決め付けと差別心だけはたっぷりと透けて見える。

想像と行動、現実と創作、真剣とボケ、大人と子供、実在の肉体と紙の上のインク……やらなにやら、
それらの区別がついていないご様子の偉い人達が思い描く未来って、一体どんなものなんでしょうね。
 蓮華 10/04/03 09:51
>「第三章 共に歩み始めたあの頃の」を読んだ感想
読ませてもらいました!                                       今回も素晴らしい作品でしたよ。          それぞれの魔物娘の個性が、表れていて楽しめました!                         このシリーズも半分をすぎましたね、まだまだ大変かと思いますが、体に気をつけてがんばってください! 
 ラプター 10/04/06 13:00
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
>>ラプターさん
感想、ありがとうございます。
レスを差し上げるのが遅くなってしまって、ごめんなさい。

実はここだけの話ですが、最終第五章の内容や計画が……現時点では真っ白なんですよね(^_^;)。
次の四章と章の間のお話に関しては決定しているのですが、
事前に計画を立てていたのがそこまでだったんです。

とは言え、きっと何とかなるでしょう……ではなく、何とかします。はい。
完成がいつになるか定かではありませんが、今後ともよろしくお願いいたします!
 蓮華 10/04/13 03:39
>「十人十色の、カルセオラリア。」を読んだ感想
とても面白いし、中々泣けるとこもある

続きが楽しみだ


こんな嫁さんがほしいぜ…
 独身二十代の元魔物ハンター 10/04/20 16:54
蓮華様。貴方様の作品は外じゃ読めません。
なんというか・・・、ほほえましすぎて顔がにやけてしまい、不審人物になってしまいます。
是非もっとにやけさせてください。
  10/04/27 17:12
>「第四章 大きな声では言い辛いお話」を読んだ感想
「アクダイカン」遊びとYES or HELP ME枕ってwww
もし後者を選んでも「ヤダ」の一言で一蹴でしょうけどねwww
 手袋 10/04/27 20:02
>>独身二十代の元魔物ハンターさん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます。
レスを差し上げるのが遅くなり、申し訳ございません。

本当、欲しいですよね、魔物娘のお嫁さん……夜の生活に関しては、それなりのタフさが求められそうですが。
個人的には、やっぱりホルスタウロスに心惹かれます。おっとりさんが好きなんです。
……あと、お乳的にも魅力を感じますしね(小声で)。

色々と妄想を重ねつつ、その中から次のお話のヒントをつかみとりたい今日この頃です。
萌え萌えもムラムラも、創作の活力になると信じて。


>>10/04/27 17:12さん (お名前がなかったので……)
感想、ありがとうございます。

『読み手の方が、クスっと笑ったり、フフフと微笑んだり出来るようなものを書きたい』
常々そんな事を思っている自分にとって、そのお言葉はとても嬉しいです。ありがとうございます!
豪快なアクションは他の方にお任せして、これからも僕は日常のあれこれを描いていきたいと思います。

という訳で、ホルスタウロスやゴーレムのお話を……と考えてはいるのですが、
やはりその前に、きちんとこの作品を仕上げなければ、と。今後とも、よろしくお願いいたします!


>>手袋さん
感想、ありがとうございます。

男性側は、悪い笑顔で「よいではないか、よいではないか!」と帯を引く。
そして、女性側は楽しげに「あ〜れ〜!」と言いながらクルクル回る。
それが『アクダイカン』の作法なのですが、マミーさんの場合は「ひぎぃっ!」と喘いで失神です(笑)。
もしくは、「らめぇ!」でも可。

あと、枕に関しては……まさしくおっしゃる通りだと思います。
それこそ、「イヤよイヤよも好きのうちではないかぁ〜!」⇒「あ〜れ〜!」という流れですね(^_^;)。
 蓮華 10/04/28 03:57
はじめまして、あさがおと申します。
ついに来ましたね、夫婦のせいかつ編。やっぱり男女なんですからこれは必須でしょう。いつもと違うニヤニヤを浮かべておりました。とても楽しかったです。

あと、事後報告で申し訳ないのですが、自分のSSでナドキエ出版のお名前をお借りいたしました。冒頭の一部だけですが、ご不快でしたら修正いたしますのでお知らせ下さい。

いよいよクライマックス。続きを楽しみにしています。では。
 あさがお 10/04/28 12:46
>「第四章 大きな声では言い辛いお話」を読んだ感想
更新お疲れ様でした!



いや、今回も色々と可愛い嫁さん達が見れました。

一部思わず笑ってしまうものもありましたwwww
 SIN 10/04/29 00:23
>>あさがおさん
感想、ありがとうございます。
そして、こちらこそはじめまして。蓮華と申します。

さてさて、【ナドキエ編集&出版社】を使っていただいて、ありがとうございます!
あちこち歩き回って取材しているナドキエ社長の姿が浮かぶようで、感謝感謝です。

たぶん、あさがおさんの作中に登場したあの本は、
某歩き方本と同じく、黄色を基調とした表紙なんでしょうね(笑)。
作品本編の楽しさと共に、素敵なイメージをふくらませる事が出来ました!

そして僕の取り組みは、次の更新で完結になる……予定です。はい。
第四章のはっちゃけ具合からどうまとめて行こうかと、色々と思案しております……。


>>SINさん
感想、ありがとうございます。

前回の更新から一ヶ月もの時間が開いてしまいました。
自分の力の無さに、少ししょんぼりです……。

そんな中、個人的には『長期間のごぶさたを悪夢で非難するナイトメア』が気に入っています。
夢の中で「最近だらしねぇな?」と問い詰められたら、男として猛省しないといけませんよね(笑)。

最後の第五章は、しんみりした雰囲気にするか、それとも最後まで楽しい流れでゴールさせるか……。
章の間のお話も含めて、ラストまできちんと考えていきたいと思っています!
 蓮華 10/04/29 09:20
>「第四章 大きな声では言い辛いお話」を読んだ感想
読ませてもらいましたー
夜の生活編キタ!
特に口説かれ文句集とかやばいですな!
悶絶しまくりですよ!

>魔物娘さんと結婚された方へ : YES−HELP ME枕
これは!・・・・売れる!売れるぞ!!!魔物娘の旦那さんがたに!

>長期間のごぶさたを悪夢で非難するナイトメアネタ
まさかのガ○ムチネタとはwwwだらしねえな!

更新が遅くなっても全然大丈夫!蓮華さんのペースで頑張ってください!!!

新社会人になり、此処で魔物娘さん達に会いにくる回数も目に見えて減ってしまいました・・・・
けれども此処にくると日々の疲れが吹き飛んでしまう(気がする)ので時間を見つけて頑張ってきてます
 抹茶理 10/04/30 01:38
『第四章 大きな声では言い辛いお話』
を読んで思った感想
『この馬鹿ップルどもめ』です
 ヨシ 10/05/01 23:10
>「第四章 大きな声では言い辛いお話」を読んだ感想
いえ、まさか返信して頂けると考えてなかったのでありがたい限りです

どの種族の魔物娘も魅力的で、どの種族も好きですね


最近はラミアとバフォメットがお気に入りです

でも妖孤やアマゾネスも捨て難い…
 独身二十代の元魔物ハンター 10/05/03 08:47
>>抹茶理さん
感想、ありがとうございます。
YES−HELP ME枕が抱える最大の問題点は、「誰に助けを求めてんの?」という所ですね(笑)。

魔物娘さんに押し倒される事があるのなら、
頭がクラっとするような、素敵な口説き文句を言ってくれる事もあるんじゃないか……。
そんな思いつきが、すべての始まりでした。気に入っていただけたようで、嬉しいです。

そして、励ましのお言葉、感謝です!
本当、仕事をし始めると肉体以上に精神的に厳しくなってきますよね。
それこそ、ラミアのお姉さんが人間に化けて営んでいる喫茶店を探したくなるほどに。

俺、このシリーズを書き終えたら、美味いコーヒーを飲みに出かけるんだ……。


>>ヨシさん
感想、ありがとうございます。

人間の馬鹿ップルに対しては、吉田戦車さんの漫画よろしく
「……日本も、拳銃の携帯を認めればいいのに」とか言いたくなりますね。
しかし、魔物娘さんと人間の夫婦に対しては、寛容な気持ちで参りましょう。

あぁ、でもアマゾネスさん家みたいに、人に見られる事を喜びとする種族相手だと辛いなぁ。
そういった点で考えると、ミミックやつぼまじんは人目に触れない所へ行く分、マナーがいいですね。


>>独身二十代の元魔物ハンターさん
いえいえ、こちらこそありがとうございます。

小説家であり舞台作家でもある原田宗典さんのデビュー作:『優しくって少しばか』。
その中に収録されている【西洋風林檎ワイン煮】をラミアで、
【テーブルの上の過去】をバフォメットで脳内再構築すると……何だかとってもゾクっとします。

バイオレンスではなく、冷たい何かで心をツ〜っと撫でられるような違和感&恐ろしさと言いますか。
 蓮華 10/05/03 10:08
>「第四章 大きな声では言い辛いお話」を読んだ感想
第四章、見させてもらいました。
今回は、夜の営みがテーマだっただけに、顔がにやけっぱなしでした!

自分は蓮華さんのTwitterも、見させてもらっています
そこでの章間のつぶやきについて、自分は章間の話を作ったことは、失敗ではないと思います、この話を見れてよかったと思います。

長くなりましたが、今回も楽しく見せてもらいました、
次回も頑張ってくださいね!
 ラプター 10/05/08 15:18
>>ラプターさん
感想、ありがとうございます。

そして、章の間のお話に関して……そう言っていただけると、本当に嬉しいです。
自分で「こういう作りにしよう」と決めて動き出したものの、
次第に「この合間のお話は、誰も求めていないのではないか?」と不安を抱き始めてしまって。

また、Q&Aの倍以上を必要とする制作時間も、そうした気持ちに拍車をかけました。
「50の質問ではなく100の質問にして、徹頭徹尾Q&Aでアプローチするべきだったかな?」とか。

それだけに、ラプターさんの言葉は本当に心にしみました。
この作品最後の更新である次回に向け、きちんとベストを尽くします。
ありがとうございました!!
 蓮華 10/05/10 10:56
自分も、章間の話は毎回(勝手に)楽しみにしています。
やはり、結婚や人生(魔物生?)には困難が伴い、それを『愛』で乗り越えるのが本当の『夫婦』なのだと思わされます。
ただ、Q&Aがあまりにも楽しいのでつい章間の話の感想を書きそびれてしまうのですがw
 手袋 10/05/10 21:50
>>手袋さん
お言葉、ありがとうございます。

『(勝手に)』なんて、とんでもありません。
そう言っていただけるだけで、本当にどれほど励みになることか!
また、Q&Aの方も楽しんでいただいているようで……二重の喜びです!

現在、最後の章間のお話を制作中なのですが……正直に白状しますと、苦戦しております。
けれども、それは暗闇に向かってボールを投げるような苦しさではなく、
「待っていてくださる方のためにも、もうちょっと踏ん張ってみよう」という前向きな苦戦です。

次回、この作品最後の更新をお待ちいただければ幸いです。
ありがとうございました!!
 蓮華 10/05/14 09:17
>「第一章 夫婦の間の小さな嵐」を読んだ感想
『私のハートを盗んだ、素敵な泥棒さんはだ〜れだ?』
こんなセリフを言われた日にはもう、彼女を愛しまくるでしょうね!浮気などありえません!
 zio 10/05/19 12:39
>>zioさん
感想、ありがとうございます。
返信を差し上げるのが遅くなってしまい、申し訳ありません。

そのセリフを言っているスフィンクスが、
若干頬を赤らめていると想像すれば……色んな意味で堪りませんね。
多少のセンスの無さは、気にならなくなってしまうと思います(笑)。

あと、寝ぼけたスフィンクスが自分の肉球を子猫のように
チューチュー吸っている姿をイメージするのも……また楽しいものです( ̄ー ̄)。
 蓮華 10/05/27 11:10
>「《 《 あとがき 》 》」を読んだ感想
質問47、ゴーレムさんにその遺言は逆効果になるような気がする。

皆、楽しんでるな。
  10/05/27 12:50
>「《 《 あとがき 》 》」を読んだ感想
近くの書店にダッシュ!
・・・完売でした

お疲れ様です。
“よくぞここまで・・・”という尊敬の念を抱かずには居られません。
最後まで楽しく読ませて頂きました。最初に見た時は“500問・・・多くない?”などという愚かな観想を抱いてしまいましたが、読後は“あれ?もう終わり”と180度変わってしまいました!

それと、蓮華さんの文章を画面に出すと、リャナンシーがPC画面から離れなくて困っています。
 佐藤 敏夫 10/05/27 18:08
>「《 《 あとがき 》 》」を読んだ感想
完結おめでとうございます? いいえ、発行おめでとうございます。
ホントに蓮華さんの小説は見てて面白いです。
あの魔物設定を汲み取りつつそれぞれの自由な性格、それぞれの関係。ニヤニヤしっぱなしですよ。

質問6のミノとか、48のケンタウロスとか・・・彼らですよね?w
あと幕間のメロウ、いい話してなきゃ没ネタ行きじゃぁないか・・・

これからも楽しい小説、楽しみにしてます
 シャル 10/05/27 18:17
>「《 《 あとがき 》 》」を読んだ感想
完結お疲れ様です、そしておめでとうございます!
長いようで、あっという間に読み終わってしまいました。
魔物娘さんと結ばれた方々が本当に妬まs…羨ましい!


…そうか、自分がアリスになればいいのか…え、穢れた大人はなれない…?そ、そんなぁ…
 ΔII 10/05/27 20:23感動した!
>「《 《 あとがき 》 》」を読んだ感想
「十人十色の、カルセオラリア」の気になっていた
『最後』の質問は50番目に持ってくるかと
思っていましたが50番目+『最後の質問』
にするとは思いませんでした

『質問41』の『ダークプリーストを妻に持つ男性』は今は無きとあるクイズ番組(汐留のTV局)
を意識しているのならば

「パンデモニウム『に』、行きたいかぁ〜♪」ではなく
「パンデモニウム『へ』、行きたいかぁ〜♪」です

 さらにその後

「どんなことをしてもパンデモニウムへ、
 行きたいかぁ〜♪」

「罰ゲームは怖くないかぁ〜♪」
と続けるべきです
 ヨシ 10/05/27 20:56
>「《 《 あとがき 》 》」を読んだ感想
なるほど、オニのパンツは工場で大量生産でしたかw

それはさておき、お疲れさまでした!

・・・あれ?今一瞬リャナンシーの笑い声が・・・?
 手袋 10/05/27 21:00
>「《 《 あとがき 》 》」を読んだ感想
はじめまして。そして完結お疲れ様でした。

Q&Aは嫁のホルスタウロスに当てはめてニヤニヤしながら読んでました。

友人にも魔物娘(リザードマン)紹介しましたが
『そんな過酷な生活いやぢゃー』と抜かしました。
奴は反魔物派か?
 ひん槍 10/05/27 21:41
>「《 《 あとがき 》 》」を読んだ感想
質問に対する答えで夫婦の普段の生活まで想像できてしまいました。

文才って言葉が浮かぶ、いいお話でした(’’
 るーじ 10/05/27 23:56
>「第五章 過去と現在と未来への色々」を読んだ感想
読ませてもらいましたー
いや〜お疲れ様でした!
最後まで楽しませてもらいましたよ!
最後は結構まじめ(?)な質問・回答が多かったですね

>人生最後の日を、どんな風に迎えたいですか
この質問は人である以上永遠の課題・・・命題ですな〜
ま〜私は奥さん(もちろん魔物娘さん)とずっと生きていく覚悟と用意があるわけでw

>あなたを魔物化する薬を手に入れたとしたら
速攻で飲みますね〜
どんな姿を望むかはもちろん秘密です

最後になりましたがほんとにお疲れ様でした!
次回作も気長にまってます〜
 抹茶理 10/05/28 01:49
メロウさんが可愛すぎて可哀想すぎる……このメロウさんを嫁にしたい!
  10/05/28 02:09

>>10/05/27 12:50さん (お名前がなかったので……)
感想、ありがとうございます。

確かに、ゴーレムさんには逆効果になりそうですね……。
『天国へ旅立ったマスターのお墓を黙々と守り続けるゴーレム』の図は、
亡くなったご主人の声に耳を傾けるビクターの犬(His Master's Voiceのニッパー)級に切ないものでしょう。

果たしてその時、ゴーレムは涙を流せぬ己自身をどんな風に認識するのでしょうか……。


>>佐藤 敏夫さん
感想、ありがとうございます。
ナドキエ編集&出版社の卸ルートは、あまり広くない上に偏っているようです(笑)。

そして……ねぎらいのお言葉、ありがとうございます。おかげさまで、何とか完成させる事が出来ました。
『ス〜っと読めて、クスっと笑える』ものを目指していた自分にとって、
そう言っていただける事はまさに喜びです! 

で、佐藤さんのお宅には、既にリャナンシーがいるんですね。
そうですか、そうだったんですか……あぁ、何て妬ましいっ(笑)!


>>シャルさん
感想、ありがとうございます。
発刊記念パーティには、ナドキエ社長が方々から集めてきた珍味がズラっと並んでいるイメージです(笑)。

管理人の健康クロスさんが作り、広げて下さったフィールドの中で、
本当にのびのびと遊ばせていただいている……いつもそんな気持ちでキーボードを叩いています。

そして、ご指摘のミノタウロスやケンタウロスは……まさにその通りです。
ちなみに、旦那の脇腹をつまんで怒られているオークも、そんな感じです(笑)。

おぼろ気なアイデア段階ではありますが、一応、次回作のアイデアも抱いています。
気長にお待ち頂ければ幸いです……!


>>ΔIIさん
感想、ありがとうございます。

スムーズに読み進めていただけたようで、とても嬉しいです!
で……本当に、魔物娘と所帯を構えてみたいですよねぇ……。
例えば、自然豊かな場所で、たまに嫁さんの突拍子もない行動に叫びながら、のんびり暮らす日々……とか。

……筋斗雲に乗れるアリスは、良いアリス。ズボっと突き抜けるアリスは、悪いアリス。
ヒャッハー! 本当にアリスは大変だぜぇ(笑)!


>>ヨシさん
感想、ありがとうございます。

あとがき部分を書き上げるのは、簡単なようで困難でした。
何せ結構な量の文章を『あなたと私の、カルセオラリア』に登場させていましたからね。
その部分に手を加える事なく上手くつなぎあわせて、一本にしなければ、と……。

そして、あのクイズ番組の名物シャウトは『に』ではなく『へ』でしたか……。
子供の頃の自分は、「大人になったら、絶対これに参加するんだ!」と思っていました。
番組自体が終了してしまうなんて、夢にも思っていませんでしたからね。

一度でいいから、ばら撒きクイズで走り回りたかったなぁ。ハズレを引きたかったなぁ……。
 蓮華 10/05/28 09:56
>>手袋さん
感想、ありがとうございます。

オニが酔っ払いながら次世代パンツの企画会議をしてたら面白いだろうなぁとか、
色々なことを妄想した結果、ああいう内容に落ち着きました(笑)。
最早それは、会議の名を借りた宴会であるような気もしますが。

そして……えっ、リャナンシー!? お、俺だぁ〜! 絵筆でくすぐってくれぇ〜!


>>ひん槍さん
こちらこそ、はじめまして。
感想、ありがとうございます。

お! ひん槍さんもホルスタウロス派なんですね! 何を隠そう、僕もです!
嫁の乳を顔面に押し付けられて、降参のタップをしながら目覚めたい今日この頃です。

そして、「朝練は六時からだ! 起きてこないと、朝食抜きだからな!」と言われるとか、
『もうちょっとゴロゴロしてようよぉ〜』とベッドの中で嫁に抱きついて抵抗してみるとか……
そういう風に考えると、リザードマンとの生活も甘酸っぱくて良い感じに思えそうです。


>>るーじさん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます。

何か特別に嬉しいことが無くても、楽しい気持ちになれる。
ありのままの毎日が、素直に愛しいと思える。
……そんな日々こそが、一番素敵な結婚生活と言えるのではないか?

そんな思いの中に魔物娘さん達との触れ合いを混ぜ込んで、いろいろと考えてみました。
気に入っていただけたなら、とてもとても嬉しいです……!


>>抹茶理さん
感想、ありがとうございます。
おかげさまで、ついに完走することが出来ました! 感謝感謝です!

やはり締めの最終章は、落ち着いた雰囲気にしたいな……と思いまして。
デリケートな問題ではありますが、死別などの問題も加えてみました。
誰もが誰も、マーメイドやメロウの血を手に出来る訳ではないでしょうから……。

「やり直しが効かない人生だから面白いし、人は一生懸命になれるんだ」と言った歌手の方が居ましたが、
立派に添い遂げることも、禁断の薬を飲むことも、『一本勝負』の中の価値ある決断なのでしょうね。
ちなみに僕は……【魔物になれる薬】があっても、飲まないと思います。速攻で退治されそうだから(笑)。

どんな内容になるかわかりませんが、次回作もよろしくお願いいたします! ありがとうございました!


>>10/05/28 02:09さん (お名前がなかったので……)
感想、ありがとうございます。

浜辺でそう呟いたら、突然現れた目が血走っているメロウさんに連れ去られるかも知れませんよ(笑)。
もしくは、「『結婚を前提としたお付き合い』って言葉……萌えるわよね」と迫られるとか。

貧乏くじにもめげること無く、朗らかで素敵な女の子……グッと来ますよね。
たとえその子が、脳内常春のエロス・ガールであったとしても。
 蓮華 10/05/28 09:56
>「第五章 過去と現在と未来への色々」を読んだ感想
誰ですか、と? はい、私です(笑)
 フラット 10/05/29 10:31とても良かった!
>「《 《 あとがき 》 》」を読んだ感想
連載、お疲れさまでした―!!

今作は読んでいて本当に楽しく、温かい気持ちになれる連載だったと思います!

私も作風こそ違いますが、少しでもあなたの領域に近付けるよう精進していきたいです!

次回作も期待しています!
 頑張ってください!!
 フラット 10/05/29 10:37感動した!
>>フラットさん
感想、ありがとうございます。
そして……自警団さ〜ん! ここにアリス成分を自給自足しようとしてる人がいますーっ(笑)!

おかげさまで、無事完結させることが出来ました!
途中スランプに陥り、ずいぶんとお待たせしてしまいましたが、気に入っていただけた様で光栄です。
ちなみに次回作は、『人と魔物の助け合い』的なお話にしようかな……と考えていたり。

より楽しく、素敵で味わい深い魔物娘さんの世界を見つめるべく、お互い精進してまいりましょう!
ありがとうございました!
 蓮華 10/05/30 01:06
>「《 《 あとがき 》 》」を読んだ感想
今更ですが、完結お疲れ様でした!



色々な夫婦の嫉妬したくなる程の素晴らしいストーリー、ホントに面白かったです!




ホントにお疲れ様でした。次回作も楽しみにしています!
 SIN 10/06/17 00:31
>>SINさん
感想、ありがとうございます。

おかげさまで、無事に完結させることができました。
僕はもともとホルスタウロスが好きだったのですが、この作品を書く中でますますその気持が強くなりました。
……だって、穏やかな気質の魔物娘さんじゃなきゃ、結婚生活がものすごくハードそうなんですもん(笑)。

これからも、自分なりのペースで魔物娘さんを見つめ、物語を紡いで行きたいと思います。
本当に、ありがとうございました!
 蓮華 10/06/19 01:22
>「《 《 あとがき 》 》」を読んだ感想
はじめまして!K.Kと申します^^
非常に内容の濃い作品で大変面白かったですwww
今健康クロスさんが取り組んでいる図鑑作成にこの作品が加わったらすごく面白いでしょうね!
是非実現出来るよう早急に進言しなくては!!
ちなみに魔物娘の中でも獣系(特に稲荷、妖孤)がお気に入りな私ですが、間違いなく尻尾orお耳ムフモフサワサワ中毒者でしょうなw
 K・K 10/07/05 01:07
>>K・Kさん
感想、ありがとうございます。
そして、こちらこそはじめまして! 蓮華と申します。

で……いやいやそんな、クロスさんの図鑑制作計画に僕の書いたものが干渉するなんて。
【クロスさんの魔物娘ワールドを楽しく歩き、遊ばせてもらっている】
というのが僕としての感覚ですので、流石にそれはおこがましすぎるというか、恐れ多いというか(^_^;)。

あと、稲荷や妖狐の尻尾も素敵ですが、スフィンクスやアヌビス、ワーキャットなどの肉球も良いですよね。
ワーラビットはウサギなので肉球はないと思いますが……あの丸い尻尾の魅力は見逃せません。
とりあえず、モフモフしたいですよね。そして、「んもぅ!」とか怒られたいですよね (;゚∀゚)=3ムッハー!
 蓮華 10/07/06 00:17
>「第五章 過去と現在と未来への色々」を読んだ感想
とても面白かったです!笑いと感動をありがとう!
 ぼるてぃな 11/01/24 22:37感動した!
>>ぼるてぃなさん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます。

特別に深いドラマがある訳ではないけれど、愛する魔物娘さんとの
ほんわか素敵な結婚生活……楽しんでいただけましたでしょうか?

血なまぐさい反魔物国家ではなく、
人間との成熟した共生関係がある魔物友好国家での生活。
本当、憧れるというか、全てを放り出してそこへ行ってみたいというか……。
 蓮華 11/01/26 18:38
最近魔物娘が増えてますが…


これの二巻はでないでしょうか!



ホブゴブリンの嫁さんの話しとか聞いてみたいですねw
 元魔物ハンター 11/03/31 12:27
>>元魔物ハンターさん
書き込み、ありがとうございます。

「第二弾を書いてみたい!」という思いは、それなり以上に抱いています。
また、全く違う物語のイメージも頭の中で膨らんでいます。

……が、いかんせん時間が無くて(´・ω・`)。
今年の二月から生活リズムがガラリと変わってしまい、
どうにもこうにもならない状況にあるんです。

ただ、やっぱり……書きたいんですよねぇ。本当に。
人間と魔物娘がほのぼのと結びついている物語を。

しんどい状況ですが、なんとか時間のやりくりが出来るように考えてみたいと思います。
 蓮華 11/04/02 03:58
一気読みしてしまいました。
とても面白かったです。
短い回答の中に魔物嫁の素晴らしく特徴が表れていて…wwもう笑うやらニヤケるやら…。
正直魔物娘SSの中で一番ハマりました。
『続 魔物と結婚した皆さんへ、50の質問』みたいな、続編があることを楽しみにしています!
 kiyo 11/04/18 23:39
>>kiyoさん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます。
とても気に入っていただけたようで、光栄です!

続編を望んでいただけるのは、書き手としても最高に嬉しいです。
クロスさんの手から紡ぎ出される魔物娘の面々は、変りなくみんな魅力的ですし……
『質問集+魔物娘たちの旦那さん座談会+人間と結婚した魔物娘たち座談会』
みたいな構成で第二弾を編み上げるのも良いかも知れませんね。

また、それとは別に、人間の女性と魔物娘さんたちの交流を
描いた物語も考えているのですが……いかんせん、時間のやりくりが(⊃д`)。

とにもかくにも、コメント、ありがとうございました!
 蓮華 11/04/20 19:22
>「第四章 大きな声では言い辛いお話」を読んだ感想
すごく面白かったです。

やっぱり幸せなストーリーを読むのは最高に至福の時間です(*´∀`*)
  11/10/02 22:06
>>獣さん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます。

やっぱり、魔物娘さんには笑顔であって欲しいですし、
幸せであって欲しいです……あと、素敵にエロスであっても欲しいです(笑)。

この作品を完成させてから時間が経過し、
新たな魔物娘さんたちも続々と登場して来ました。

いつか第二弾を制作できたらなぁ……と考えております。
例えば、ぬれおなごとの夫婦生活とか、ものすごく楽しそうですよね。
 蓮華 11/10/05 19:23
>「あなたの浮気防止術は、何ですか?」を読んだ感想
これ本にしたら買うわ
 アポロ 12/04/23 23:07とても良かった!
うーん、何度読んでも面白い
  14/06/26 09:57

TOP | 小説へ

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33