感想メッセージ
[TOP][小説へ]
マン・オブ・スティール

■感想メッセージ
Name: Mail:

※メッセージのみor評価のみの投稿もできます。
>「その1 出会いは何時だってハリケーン」を読んだ感想
正面からイかせてもらう。
 有澤重工社長 14/05/26 13:05
>有澤重工社長

古王「早すぎるが、まあ、仕方ない。良かったぜ、お前とは。」

防御に全振りしてるキャラなんでガチタンとはまた別物ですけどね。
 430 14/05/27 23:44
birthの時代より後の話ですか。
しかし…教団の規模が縮小したが故、勇者が野盗化しているとは怖い時代ですね。
「衣食足りて礼節を知る」とは言いますが、足りなければ勇者ですら野盗に身をやつすというのは、彼等もまた神の力があれども人の子故か……。
そんな彼等が魔物娘にとっ捕まり、真人間に更生される事を願います。


そして相変わらず戦闘描写が詳しく書かれているので勉強になります。
まだまだ先は長いと思いますが、無事完結させられるように頑張って下さい。応援しております。
 フルメタル・ミサイル 14/05/28 00:32
>フルメタル・ミサイルさん

勇者の力の大小と人格の良し悪しはあんま関係無いですしね。
レスカティエの例を見ても、最強のウィルマリナ、天才とされるミミル。
この二人がメンバーの中では比較的勇者として不適格な性格だったりしますし。

あとそんなには長くならない予定です。
長くても5話以内で畳めたらいいな・・・
 430 14/05/28 03:45
>「その2 堅い男はモテモテなのか?」を読んだ感想
???
??!
上級者向け・・
失礼したっっ
  14/07/05 17:12
>「その2 堅い男はモテモテなのか?」を読んだ感想
ネタが多すぎな゛の゛です!!

戦後、『勇者』はその意味を変えたwww
 TAT 14/07/05 19:38
まあ、デルエラやレスカティエについてある程度知識がなければついてこれない部分がありますね。あとネタについても同様です。上級者向けというより予習が必要ってことで。
   14/07/05 21:26
>のさん
料理の所は元ネタ知らない人を軽くぶっちぎってるので判らなかったら申し訳ない。
この話の中ではもうないので出来ればもう少しお付き合い下さい。

>TATさん
マグマがOK何だからプラズマも・・・ねえか。

>14/07/05 21:26
フォローとても感謝です。
買ってない人は置き去りになるだろうな。
とはある程度承知の上でネタを書いてますが、
冗長にならず、初見にも優しい書き方は今後の課題ですね。
パロネタはまあ・・・うん・・・
 430 14/07/05 23:45
>「その3 再開は閃光のように!」を読んだ感想
そっちの世界線にも帝国があるんですね。とはいえ、うちのより設定が作りこまれていますが。
海抜高度約100km程の上空の話を始めとして、ちゃんと考証が行われているのは上手いと思います。理屈や描写もしっかり考えられていますし、読んでて引きこまれます。

 そして、そちらの帝国にも皇帝がいるのでしょうか?まぁ、帝国というからには存在するのだろうと私は勝手に考えていますが。フィクションにいるラスボス型皇帝か、はたまた始皇帝みたいな英雄皇帝か…
 フルメタル・ミサイル 14/09/10 03:42
>フルメタル・ミサイルさん

次回以降で明らかになっていきますが、
厳密には元から帝国だったわけじゃないんです。
ただ戦ってたら領土を分捕る形になってそう呼ばれて、
対外的にはそれでもいいやって中の上の方で決まっただけです。

そう呼んでるのは教団側だけで、魔物側はあくまで中立国家扱いしてます。
そもそも始まった当初は特に捻りのない中立国が出てくる予定でした。
其処に迷い込んで暴れたヒロインに対し出てきた防衛部隊、
双方無傷で角を立てずに事を治めるためにエスクードが奮闘(無双)。
で話が終わりだったんですが・・・
どっちに対しても睨みを効かせられる。
交渉出来るにはそれに見合う武力がいります。
この世界観で勇者、魔物無しでそれに見合う力の持ち主が戦力にいる国。
ってのを真面目に考えてたらこんなのが出来ちゃったという。
 430 14/09/10 09:44
>「その4 男と女と昔の話」を読んだ感想
>>聖棋士と謳われるルアハル殿でも匙を投げられるでしょう。

失礼ながら、将棋を指す人になっていますよ。

>>ヒッポリトと申します。

タールをぶっかけて固めてくる技をお持ちかな?
 14/09/11 23 [MAIL] 14/10/09 13:11
↑ すいません、名前間違えました
 フルメタル・ミサイル [MAIL] 14/10/09 13:12
>フルメタル・ミサイルさん
聖棋士の字はこれであってますね。
バースで魔王軍の裏をかいた軍師のおっさんの事です。
まあ一度しか登場してない二つ名だし紛らわしいのも確かですよね。

あとスミスさんは当然タールも持ってます。
ヒッポリトは登場予定は無かったんですが、
今回の敵の元ネタの資料を読んでネタを仕入れてたら、
こいつも同じ所が元ネタだったんで登場させました。
 430 14/10/09 14:25
>「その4 男と女と昔の話」を読んだ感想
>>聖棋士の字はこれであってますね。

 見落として申し訳ございません。

>>ヒッポリトは登場予定は無かったんですが、
今回の敵の元ネタの資料を読んでネタを仕入れてたら、
こいつも同じ所が元ネタだったんで登場させました。

 ヒッポリトの元ネタって、そうでしたっけ? まぁ、生きたまま彫像にされる事は共通していますが。そしてどちらも想像も出来ない、そしてしたくない程の苦痛でしょうね。
 さらにはソア(特徴といい、どう見てもあの寝ぼけた邪神の一番上の息子しかいない)という神が出てきた事で、何か急激にコズミック・ホラーっぽくなってきましたね。一応元の作品では石化を防ぐ巻物がありましたが、果たして今回は銅像化を防げるのか?
 とはいえ、原典では石化はそもそも見ただけで発動、肝心の巻物も盗まれて偽物にすり替えられるという始末。ヒッポリトもヒッポリトカプセルは発動されれば、ほぼ防ぎようがないという凶悪さですが…


 長文、失礼いたしました。
 フルメタル・ミサイル [MAIL] 14/10/09 17:33
>フルメタル・ミサイルさん
小説内のキャラとしては存在せず。
作家間のネタのやり取りみたいな資料にしか登場しませんが、
御三家作家の一人、クラークアシュトンスミスの祖先という設定で妖術師のヒッポリトというのがいます。
確定ソースはないですが、あの戦い方と強さを考えるとこいつが元ネタであってると思います。
私も最近知ったマイナーすぎる話ですが。

ネットでぐぐるとヒッポリュトスというのが元ネタって話も出てきますが、
その名前で出てくる連中は元ネタとしてはしっくりこないのばっかなんでまあたぶんこっちであってるかと。
 430 14/10/09 18:46
>「その5 暗い洞窟にて二人、そして深淵VS魔法少女(?!)」を読んだ感想
あの次回予告では王者の技(サブミッション)を出さなければ(義務)

一人だけ違う次元で大暴れですな〜(白目)
 TAT 14/12/19 22:26
>「その5 暗い洞窟にて二人、そして深淵VS魔法少女(?!)」を読んだ感想
 デルエラ様固まっちゃったよ……


 魔物娘VS旧支配者、熱い展開になって参りました。「人と交わる事で魔物は退化した」と、のたまう暗闇の子供たち。思想といい戦闘描写といい、悪役として良い味出してます。対するこちらは魔法少女リリム(白目)……続きが楽しみですね。



 …てゆーか、ヒッポリトの奴、蘇生能力以外ほぼまんまじゃねーか(笑)。でも、悪趣味っぷりは勉強になります。
 フルメタル・ミサイル [MAIL] 14/12/20 02:08
>TATさん
多人数相手だと王者の技を披露するのは難しそうです。
次に控えてる相手は不定形ですし尚更。
そして強さの秘密は次回にて。

>フルメタル・ミサイルさん
劇中で全部出すつもりは無いですが、
ヒッポリトは設定上7つ能力があります。
スミスの著作に出てくる神様とかをモチーフにした奴ですね。



 430 14/12/21 10:46
>「その6 誕生?! ブラックドラゴンナイト。 そして現れる大いなる闇」を読んだ感想
Sage[性]

…今考えたら、SAGAじゃないですか?
お節介かもしれませんが、一応書いておきます。

グラップラー刃牙のオマージュですかね(笑)。
そういえば、刃牙もインキュバス並の絶倫少年という意外な事実があります。
彼や勇次郎がインキュバスになったら……恐ろしいですね。
 フルメタル・ミサイル [MAIL] 15/02/02 20:07
>フルメタル・ミサイルさん

ほんまや、本文に比べるとチェックが甘かったか見逃してた。
そうです。短めだけど一話まるまるセックスの話になるのであやかって借りパクしました。
強くなりたくば喰らえ。図鑑世界的には間違ってない。

あいつらはほら・・・元々人間じゃないから。
 430 15/02/03 11:26
今更な質問ながら、ドラミングしていることと剛将という地位から、シルバのモデルは剛力怪獣シルバゴン、
時空をねじ曲げるという能力と、超将という地位からゴルドのモデルは超力怪獣ゴルドラスでしょうか?
 フルメタル・ミサイル 15/03/12 00:13
>フルメタル・ミサイルさん
そです。邪神の配下は一応全部元ネタがウルトラです。
他はギーガー=ガギ ロルシド=シルドロン
鳥(ツァール→ロイガーの弟)=ゾイガー 
デュケルハイト→ドイツ語のダークネスのもじり→ティガダーク
シェリダン→小説カーミラの作者名→カミーラ
ダラムス→ダーラム ハイドラ→ヒュドラ
こんな感じです。
作品的にもヒッポリトだけ外様ってわけですね。
気づいて頂けて嬉しいです。ありがとうございます。

 430 15/03/12 07:17
>そです。邪神の配下は一応全部元ネタがウルトラです。

 ゴルドとシルバ、ヒッポリト以外もそうだったんですね。
 確かにガギ(U)はシルバゴンに、シルドロン(クローン)はシルバゴン(クローン)にブチのめされていましたね。まぁ、さすがにネオザルスは出ないようですが。
 それと、ティガの超古代怪獣絡みでは他にゴルザとメルバ、最終話で捨て台詞を吐いて地球から逃げたキリエル人がいますが、こちらは出なさそうですね。

 …しかしそれにしても、私以外でウルトラ怪獣を元ネタにする人はいたとは。私の方も絶賛登場中ですが、光の国シリーズがメインだという点が異なりますけどね。
 しかし、そちらのラスボス(多分)は物凄く強そうなので、一体どうやって勝つのやら、私には全く想像がつきません。
ただ個人的には、
回し蹴り→グリッターゼペリオン光線→タイマーフラッシュスペシャル
orメビュームナイトシュート(スペシウムリダブライザー&長時間放射)→メビュームフェニックス
でいってもらいたいですが(笑)。
 フルメタル・ミサイル 15/03/12 14:39
>フルメタル・ミサイルさん

他の連中についても考えたんですけどね。
死んだ将の体を繋いで作ったキメラのネオ(ザルス)、
他流の技を盗みまくってきた魔拳士グレゴール、
元土着の拝火教で勢力を吸収されたキリエルとか、
作劇上不用だったんで出しませんでした。
出ないだけで傘下にはいる。もしくはいたって感じでしょうか。
 430 15/03/12 19:49
>「その7 激突する者達、人と竜と神と」を読んだ感想
 シルバは腕力だけであの攻撃力とか、イカれてますなぁ。ただ、やはり元ネタの300万馬力らしい感じもします。後、ゴルドがわざわざ見逃してくれたのが意外でしたね。
 それと銀眼の人虎の名前がイザクとか、私の好きなポイントを見事につついてきなさる。

 それにしても毎度のことながら、戦闘描写や工程がよく考えられていらっしゃる。結構参考にさせていただいておりますが、真似は出来ないなぁ…

 それと、デルエラ様の技については予め430様に許可を取っておくべきでした。申し訳ございません。
 フルメタル・ミサイル 15/07/20 21:02
シルバは凄さも判りやすく、かつ付け入る隙もあるっていう良い敵キャラです。
馬鹿キャラは書いてて面白いってのもあります。
味方側が見逃された経緯は次回で書きます。
次回はほとんど敵側のうちわもめじみた話。

デルエラの件はどうなんでしょうね。
簡単に連絡取れるなら一言許可取った方が良いかもですけど。
私自身はあんま気にせんです。
自作が無許可でパロや、流用のオンパレードですしね。
イザクで言えば別の作品にもまたでますが、
其処で虎王完了とかする気ですけど、
夢枕先生や板垣先生に許可何ぞとる気ゼロですから。
 430 15/07/20 21:46
>「その8 悪魔を憐れむ歌」を読んだ感想
皇太子君モテモテwww緩やかな(逆)光源氏計画やん^^
 TAT 15/08/20 08:54
>「その8 悪魔を憐れむ歌」を読んだ感想
 
 いろいろ大変な中、お疲れ様でございます。
 今回、根幹の設定が明かされて参りました。元ネタ通り連中の先達は宇宙からやって来た、半神半人のゴルドですらとんでもないチート能力、元は人間のヒッポリトもチート能力(さらには前魔王の遺骸?など切り札持ち)、何だかんだで子供たちもモルモットだったなど、衝撃的な事実がいっぱいでした。
 また、子供たちの祖父に当たる存在が魔王と手を組んでしまっていること(その成果がマインドフレイア)、父上殿がそれを嫌って袂を分かったことなど、なかなか面白い展開だと思います。ただ意外なのは、父上殿が意外に饒舌だったことです(冷徹というか無機質な感じですが…)。
 また父上殿にはユトグタ、ゾス=オムモグ、クティーラなどの兄弟姉妹、祖父には同じくハスター、ヴルトゥーム、カソグサなどの兄弟姉妹がいますけれども、連中は一体何をやっているのか気になるところです。

 後、個人的にショックだったのはゴルドとヒッポリトがメチャクチャ強かったことですね。
「海に沈んだ大陸ぐらい簡単に引き揚げられるよ」
「腕を犠牲にアフーム=ザー喚ぶよ。声とかの振動まで凍らせられるよ」
など、衝撃的な告白・展開が目白押しでした。

 後、私の作品では皇帝が魔王を直接対決で殺す気満々ですが、この作品の描写を見る限り「ムリなんじゃね?」という風に思ってしまいました。
 フルメタル・ミサイル 15/08/20 14:33
>TATさん
うちのほうの主神ちゃん好みの関係上まあこうなるのが当然かなと。

>フルメタル・ミサイルさん
ガタノについては必要なら喋る。不必要なら徹底して喋らない。超極端な合理主義者って感じです。
だから敵が肉声を聞くのは稀。
あと別に魔王の事は嫌ってないですね。
あの件は喧嘩別れというより、次のウインドウズにバージョンアップする時とかに、
今までのバージョンも保存しておく行為に近いです。

将の強さは大体下級神の上限クラス、他で言うとbirthのパワーアップしたノフェルがこのランクです。
ここら辺は物理的にすげえ奴ら。
そっから上は得意分野なら大体概念に干渉してくるのばっかりです。


 430 15/08/20 20:39
>「その9 エピローグ それでも星は巡る」を読んだ感想
 最終話、お疲れ様でございました。

 個人的にはヒッポリトの行方が気になるところですが、これが次回作に繋がるのでしょうか? 個人的にはああいうキャラは好きではないので、出来ればスカッとする結末を望んでおりますが。
 後、前作にも出てたイカレ博士の魔界銀入手計画には驚きました。お前はゴルゴ13に出てくるハイクロップ社(害虫戦争)か、それとも藤堂伍一(穀物戦争 蟷螂の斧 汚れた金)か(笑)。
 けど、そこでメカロイドの名前が出てきたのはなんか嬉しかったです。また変なロボット作んのかとも思いましたけど(笑)。

 総括すると、とにかく話が壮大ではありましたが、作り自体は非常に丁寧なssだと思いました。ただ、話が大きすぎる上にデルエラ様などの別グループが他の敵と戦う事も多かったため、途中まで主人公とヒロインの存在をすっかり忘れていました……
 フルメタル・ミサイル 15/11/05 23:45
>フルメタル・ミサイルさん
感想有難うございます。
ヒッポリトは後々奸計を巡らして暗闇の子らに反乱を起こさせたり、
色々立ち回ってガタノを疲弊させます。
その上で進化の秘宝的な何かで将達を取り込んでギガキマイラ化して闘いを挑んで勝利、全部飲み込んでラスボス化みたいな脳内アフターがあるにはありますが、
まあ書くことは無いでしょう。

Drのとこはゴブニュオグマが出したかっただけです。

誘惑に負けて思いついたことをぶち込みすぎるのは悪癖ですね。
ご指摘の様に主人公とそれ以外のバランス取りに失敗してますし、
ちゃんとプロット練ってバランス取りつつ取捨選択をきっちりしていかんとです。
まあ次回以降に生かせるようにしていきたいところです。
ほ・・・本気の失敗には価値があるから(宇宙兄弟感)
 430 15/11/06 02:19

TOP | 小説へ

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33