感想メッセージ
[TOP][小説へ]
ルージュ街の稲荷と、不器用な仕立屋

■感想メッセージ
Name: Mail:

※メッセージのみor評価のみの投稿もできます。
>「前編」を読んだ感想
イ・ナ・リ! イ・ナ・リ! ヨ・ウ・コ! ヨ・ウ・コ!

おはようございますm(__)mKOJIMAです。

朝からテンション高めですみませんw前回予告していた稲荷SSですね^^僕も唐突に稲荷さんに押し倒されたいです(キリッ)あっ勿論妖狐さんもですYO!!(キリリッ)
いかにも頑固職人気質な主人公をいかに紺さんが篭絡させるか、たのしみです^^では!
 KOJIMA 11/09/25 08:53
>「前編」を読んだ感想
狐ハァハァ…

これは中々w

次回も楽しみにしてます!
 ネームレス 11/09/25 10:58
紺さん、おれだ! 犯してくれぇぇ!!ww

うむ、不器用だが…幸せになってほしいです!
 jackry 11/09/25 12:18
手先が器用になると生きるのが不器用になっていけないねぇ。
職人の魂を持ってる人がまた一人・・・続きが楽しみです。
  11/09/25 12:28
>KOJIMAさん
今回もご感想ありがとうございます!
今回妖狐ではなく稲荷にしたのは和風キャラを書きたかったからで、妖狐は中華系キャラとして書きたいと思いまして。
さて、紺さんと頑固者がどうなっていくか、お楽しみに。

>ネームレスさん
毎回ご感想、ありがとうございます!
狐ってのはいいもんですねえ。
ご期待に添えるよう、しっかり書いていきます。

>jackryさん
ご感想ありがとうございます!
犯して欲しくなる魅力、それがキツネパワー!
オーギュの不器用ぶりはまだまだこんなものではないので、そちらもどうぞお楽しみに。

>11/09/25 12:28にコメントをくださった方
ご感想ありがとうございます。
職人に一番必要な物、それは愚直さなのです……。
彼の職人としての生き様と恋の行方、両方楽しんでいただけると幸いです。
 空き缶号 11/09/25 21:59
>「前編」を読んだ感想
ヤベェ!かわいい!
紺さんへの好感度とかが大インフレです。もうどうしようもありません。
好きだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
がんばってくださぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!
職人さんも、なんか目が離せませんね!
 蒼い舌 11/09/25 22:03
>蒼い舌さん
ご感想ありがとうございます!
前回はHシーンまで結構引っ張ったので、今回は初っ端からヒロインにいろいろアピールしてもらいました。
お気に召したようで何よりです。
これから彼女たちがどうなるか、宜しければお付き合いください。
 空き缶号 11/09/26 23:25
>「中編」を読んだ感想
殴りたくはないですが、少しお話がしたいです


なぜ、そこまで仕事に憑かれたかを


次回も楽しみにしてます!
 ネームレス 11/09/30 00:39
とりあえず…ノ

稲荷を泣かすのは許さん!
…だかまずは話をきいてからだすね…
 jackry 11/09/30 12:52
>「中編」を読んだ感想
とりあえず…ノ
何かやらなければいけないことがあったり、それなりの理由があるのでしょうけど
流石に女性に乱暴は許せませんね
しかし…いったい彼に何があったのかとても気になります
次回、頑張ってください!!
 ノワール・B・シュヴァルツ 11/10/01 13:20
>「中編」を読んだ感想
殴りたいわけじゃない
でも殴らせるわけにはいかない!
稲荷さんが泣いちゃう!職人さんも事情ありそうだし!というわけで殴るならこれを殴ってくれ!
つサンドバック
…自分をなぐれと言えない自分が…ッ恥かしい…ッ
あと漏らすのはたぶん問題ない!

すでに良妻賢母状態の稲荷さんカワエエ。
 蒼い舌 11/10/01 21:51
>ネームレスさん
ご感想ありがとうございます。
はい、確かにオーギュがこうなってしまったのは、それなりの理由があります。
それも含めて、後編をお楽しみに。

>jackryさん
ご感想ありがとうございます。
ヒロインを泣かせた主人公って、ルージュ街シリーズではこの仕立屋が初めてですね(嬉し泣きなどは別として)。
後編を鋭意執筆中です。どうかお付き合いください。

>ノワール・B・シュヴァルツさん
ご感想ありがとうございます。
ここまで不器用な男は初めて書きますが、後編で彼が本当の大馬鹿野郎だということが判明します。
何故そうなってしまったかも含めて、後編で明らかになります。
頑張って早いうちに投稿いたします。

>蒼い舌さん
ご感想とサンドバック、ありがとうございます。
いえいえ、恥ずかしくなんかありませんって。
そのための道具なのですから。
それと前半部分の団欒は結構気合い入れて書いたので、萌えていただけたなら何よりですw
では、また後編でお会いしましょう。
 空き缶号 11/10/02 21:37
>「余話」を読んだ感想
不器用だ、とんでもなく不器用だけど格好良い。
職人の多いルージュ街へ一度足を運んでみたいものです。
 おいちゃん [MAIL] 11/10/04 02:24
完結乙です!

オーギュ・・・ごめん・・・オマエのこと殴れないよ・・・っ!!(泣

2人とも幸せに♪
 jackry 11/10/04 02:28
>「余話」を読んだ感想
なるほど…


彼はレスカティエの人でしたか…



に、しても…

にくい演出ですね♪

余談の最後の一言もほっこりさせられました


ただ…祝わせろ♪


お幸せに!
 ネームレス 11/10/04 08:07
>「余話」を読んだ感想
はじめましてチェチェです。全編一気読みしましたよー。

うー!オーギュさんあんた不器用すぎる!
一瞬ぶん殴りたいとおもって悪かったッス。
それにしても彼の過去はかなり悲惨ですね。
子どものころからそんな待遇受けたらそりゃあそうなりますわな〜。

まあなんにしても2人には幸せになってほしいです!!
 チェチェ 11/10/04 11:35
>「余話」を読んだ感想
なんと素晴らしき男なのでしょうか!
まさか理由は婚礼衣装のためだったとは…!
不器用だからこそ彼女を傷つけてしまうが、それでもそれは彼女のために…
かっこいいです!
そんな二人、これからもお幸せに!!
 ノワール・B・シュヴァルツ 11/10/04 22:10
仕立ての描写がやたら細かいと思っていたら、そういうことでしたかw
いつも作品楽しみにしています。
 オリーベ 11/10/04 22:28
>「余話」を読んだ感想
くはー、良い、渋い、狂おしいほどの職人魂と愚直さ、
惚れてまうやろ!!・・・慣れるまで苦労しそうだがw
 TAT 11/10/04 22:58
>「余話」を読んだ感想
度々申し訳ありませんが、一つだけ…

某レストランで、素晴らしいシチューを頂いて、腹は膨れましたが…

抵抗したせいで服がボロボロなので、注文、出来ますかね?
 ネームレス 11/10/04 23:50
>「余話」を読んだ感想
俺、死んだらルージュ街に生まれるんだ…
とかなんとか妄言が染み出てきてしまいましたねww

ええい、金欠でご祝儀が出せないじゃないか!
せめて、一言。
お幸せに!
 蒼い舌 11/10/05 19:48
>おいちゃんさん
ご感想ありがとうございます。
これでカッコつけではなく素で不器用だから、もはや救いようのない男ですw
ルージュ・シティは領主が人間好きなので、こういう職人たちが結構集まっています。
今後もいろいろな人たちを書いていくつもりです。

>jackryさん
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ある意味、逆に殴りたくなる気もしますけどねw
ともあれ、二人はなんとか幸せに暮らしていくでしょう。

>ネームレスさん
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
「レスカティエ崩れ」の登場人物なら、何か執念に取り憑かれていても、違和感が出ないかと思いまして。
余話の最後の台詞は、終始服作りから離れない歪みなさの表れでもありますw

オーギュ「特急料金二万ユーr(ry」
紺「急ぎでなければ格安で注文受けるで〜。シャツもお買い得やで〜」

>チェチェさん
こちらこそ初めまして。ご感想ありがとうございます。
もう究極に不器用な男です。
でもこういう男もいた方が面白いとw
オーギュの場合、自分で周りに抗えただけ幸運な方かもしれません。
しかし本当の幸せはこれからですね。

>ノワール・B・シュヴァルツさん
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
口先だけの言葉が嫌いだから、技術でしか誠意を見せられなかったわけです。
でも行きつく所は、仰るように「彼女のため」だったわけで……。
ある意味、黒崎君と通じる所があるかもしれませんw
今後も何とか幸せにやっていくと思います。

>オリーベさん
ご感想ありがとうございます。
親子で読んでいるんですわ、あの漫画w
これからも頑張ります!

>TATさん
ご感想ありがとうございます。
不器用な奴が見せる男気に魅かれる魔物娘も、結構多いかもしれません。
確かに慣れるまで苦労しそうですがw
特にこのレベルになるとw

>蒼い舌さん
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
世知辛い世の中ですからねえ……図鑑世界の入り口はいずこに。
そしてそのお気持ち、しっかりと彼らに届いたと思います。
苦労もするでしょうが、それでも幸せに暮らしていくでしょう。
 空き缶号 11/10/05 23:42
仕事の鬼を止めたのは妖怪とは。毒を持ってですか?鬼のかく乱にならぬように。
 名無しの旅人 11/10/06 22:56
>名無しの旅人さん
毒というのは何を指すのか分かりませんが…
とりあえず、主人公はこれからも死ぬまで仕事の鬼であり続けるのは間違いありません。
 空き缶号 11/10/07 18:36
>「中編」を読んだ感想
オーギュてめえこんないい子殴って放って泣かせおって!
    _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)←オーギュ

>「後編」を読んだ感想
オーギュてめえこんないい子とくっつきやがって!
    _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)←オーギュ
 見習い教団魔導士 11/10/11 20:54
>見習い教団魔導士さん
ご感想ありがとうございます。
実を言うと、こういうご感想を期待しておりましたw
なので嬉しいですww
ちなみに手を振り払っただけで、殴ってはいません。
 空き缶号 11/10/11 22:12
おおおおお!!すごくいい小説でした!!
いやぁ、紺さんよりオーギュさんの方に感情移入してしまったうちは異端なんでしょうかねwもう感情移入しすぎて本気で胸が痛いです。オーギュさんの気持ちとかすっごく分かる気がして思わず心の中で(分かってあげてよぉ!)って叫んじゃいましたwなんというか、もう、他人の気がしないというかなんというか…紺さんの方もすごくいいキャラで…!最後は二人とも幸せそうでよかったです!ほんとに感動して泣きそうでした!
最後に一言。 お幸せに!!
 kai 12/08/12 23:12
>「余話」を読んだ感想
>kaiさん
ご感想ありがとうございます。
楽しんでいただけたようで何よりです。
魔物娘の旦那って結構、不器用な奴が多い気がしまして、その究極系を考えてみましたw
こういう男がイチャラブの世界にいたっていいじゃないか、むしろこういう男こそ幸せになってほしいじゃないか……という思いもこもっております。
感情移入できるキャラを書けたようで何よりです。
今後も頑張ります。
 空き缶号 12/08/15 19:32
オーギュはんかっこよすぎりゅううううう
そしてかわいすぎりゅうううううううう
男の渋みとかっこよさと愛らしさがぎゅっと詰まりすぎだろ…
 しんら 13/08/21 19:54
>しんらさん
ご感想ありがとうございます。
紺も同じ気持ちなんだと思いますw
自分としても結構気に入ってるキャラなので、また登場させたいです。
 空き缶号 13/09/01 23:10
不器用だけど技能をもって愛を伝えるオーギュさんの渋さに惚れました
そんな彼と一生幸せになってくれ紺さん!

ああ、突然現れた稲荷さんに押し倒されてしまいたい人生だ
  16/09/18 23:00

TOP | 小説へ

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33