感想メッセージ
[TOP][小説へ]
ベンチの横のラナンキュラス。

■感想メッセージ
Name: Mail:

※メッセージのみor評価のみの投稿もできます。
>「旅をする人。」を読んだ感想
読んでアオオニが一層好きになりました。
カッコイイなぁこの娘・・・

そしておかえりなさい。
また蓮華さんの小説を読めて嬉しい限りです。
  11/10/05 19:23
>「旅をする人。」を読んだ感想
ひゃっほー 蓮華さんお帰りなさい

そしてクオリティー高い・・・
一年のブランクを全く感じさせない
精進せねば・・・ orz

格好いいなー・・・
いいなー かっけーなー・・・
俺もこんなSS書けたらなー・・・
 佐藤 敏夫 11/10/05 19:35
>「旅をする人。」を読んだ感想
ただ一言、『凄いな』と
アオオニさんの魅力が心に直撃しました、ハートブレイクショットです。
お帰りなさいとも言えない新参者の自分ですが、いつかこんなSSが書けるようになりたいな。
 おいちゃん [MAIL] 11/10/05 20:03
新作、お待ちしてました!
これからも頑張ってください!
  11/10/05 20:17
凄いな・・・。
これが玄人の書くSSか・・・。
  11/10/05 21:48
蓮華さん! おかえりなさい!!
貴方の作品の影響を受けてSS作家になってしまったjackryといいます。

また再び蓮華さんの作品が見れるとは・・・感激です!!

そして相変わらずの文才に脱帽です。w
 jackry 11/10/05 22:33
>「旅をする人。」を読んだ感想
月並みですが、凄く良かったです。エロが無くとも図鑑世界に厚みがでる感じの
SSは作者の愛が溢れている様で堪りませんね。

さてこの彼、魂の資質から言えば充分に勇者(賢者かな)・英雄クラスの
輝きを持っていますね、素晴らしい。
 TAT 11/10/05 23:17
おかえりなさい!!!
これからも楽しみにしています
  11/10/05 23:31
>「旅をする人。」を読んだ感想
まずはおかえりなさいを…

次に、作品を書かせていただく身になりましたので、元魔物ハンター改め、ネームレスと名乗らせて頂いております


蓮華さんの作品キター!


貴方の作品、待ってました!


アオオニさんの可愛さが素晴らしいです!


次回も楽しみにしてます!


追伸:いつか、五十の質問の二巻をナドキエ出版に希望出させて頂きますw
 ネームレス 11/10/05 23:50
アオオニきたああああああああああ。
そして蓮華きたああああああああああ。
小説楽しみにしてました♪
  11/10/06 00:04
>「旅をする人。」を読んだ感想
うおおおお!!お帰りなさいいいい!!!!遂に遂に復活ですね!!またSSが読める日を楽しみにしてました!

見出しの花言葉前説はあいわからずキレがありますねw自分とは大違いだ・・・(実は蓮華様がいないのをいいことに自分のSSで若干この花言葉前説をパクらせていただいてます・・・スミマセン・・・)

まだまだフレッシュなアオオニやレスカティエをからめる辺りはさすがですねwそして内容が深いww改めて蓮華様の凄さを再認識しました><僕ももっと精進しなくては!!

次回作も楽しみにしております!!
 KOJIMA 11/10/06 00:40
蓮華様キターーー!!
お帰りなさいませ!
勝手に期待しまくってます!
 Joker! 11/10/06 03:30
>「旅をする人。」を読んだ感想
掛け値なしに良い話だーーーーーー!!!
この素敵な台詞回しは流石としか言えません。

蓮華様の復活とこれからの活動を心より応援させて頂きます!
 びずだむ 11/10/06 05:38
いつ読んでも蓮華さんのお話には引き込まれます。
やっぱり素敵だなぁ、と文才に惚れ惚れします。

楽しみで仕方ありませんで、もう飛び上がりました。
月並みですが、これからも頑張ってください!!
 もぐもぐ 11/10/06 09:45
ヤバい。 テンション上がり過ぎて逆に冷静になってしまいましたw
しかし、素晴らしさが滲み...いや、溢れ出ていますねw
僕もこんなの書けたらいいなーー。

これからも楽しみにしてますね!!
 紅柳 紅葉 11/10/06 19:50
>>11/10/05 19:23さん
書き込み、ありがとうございます。
おかげさまで、どうにかこうにか戻って来ることが出来ました。

アオオニさんは、きっと『色々なことをわかっている魔物さん』だと思うのです。
馬鹿も、無茶も、理想も、努力も、微笑みながら見守り、最後まで共にいてくれるような。
個人的には、そういうお姉さん的キャラ……大好きです。


>>佐藤 敏夫さん
書き込み、ありがとうございます。
「誰だお前」扱いされたらどうしようとビクビクしながら戻って参りました(笑)。
お帰りなさいと言っていただけて、本当に嬉しいです!

復帰一本目は、アオオニさんを飛び越えて人間が主役になってしまいまいした(^_^;)。
でも、自分としては「これはこれでOKかな」という感じです。

お互い、魔物娘さん達の世界で精進したり、楽しんだりしていきましょう!
今後とも、よろしくお願い致します。


>>おいちゃんさん
書き込み、ありがとうございます。
いえいえ、お帰りと言っていただけて、とても光栄です。

面倒見が良くて、頭が切れて、夜はちょっとHなお姉さんは、お好きですか?
僕は、えらい勢いで大好きです(笑)。
「この魔物娘さんが、こんな子だったら素敵だなぁ」というイメージ・
妄想を膨らましていけば、きっと素敵なお話を紡ぐことができますよ。


>>11/10/05 20:17さん
書き込み、ありがとうございます。

これからもノロノロペースになってしまうと思いますが、
自分なりの魔物娘さん的世界を書いていきたいと思っています。
気長〜くお待ち頂ければ、幸いです!


>>11/10/05 21:48さん
書き込み、ありがとうございます。
いえいえそんな、玄人だなんてとんでもない。

アップして時間が経過すると共に、色々と反省点が浮かんできています。
でも、そうした点を考えることもまた楽しいんですよね……。
今後とも、よろしくお願いします!
 蓮華 11/10/07 02:20
>>jackryさん
書き込み、ありがとうございます。
そして、はい! ただいま戻って参りました!

僕の書いたものが、何かのきっかけになったのなら、本当に嬉しいです。
そしてきっと、jackryさんが生み出したお話が、
次の誰かのきっかけになって行くのでしょう。それもまた、魔物娘さんの引力ですね。

復帰一本目ということで、出来たこと、出来なかったこと色々ありますが、
これからもマイペースにやって行きたいと思いますので、よろしくお願いしますね!


>>TATさん
書き込み、ありがとうございます。
ドキドキするようなエロスや冒険譚、手に汗握る様な緊迫のシーンは他の皆さんに
お任せして、僕は魔物娘さんのいる日常にこれからもどっぷり浸かって行く予定です(笑)。

人間が何かの目的に向けて都合よく仕立て上げた「人造勇者」と、
日々の暮らしの中から自らの意思で目覚め、地道に動き続ける「天然勇者」。
……果たして本当に強いのはどちらか、という感じですね。


>>11/10/05 23:31さん
書き込み、ありがとうございます。
どうにかこうにか、前作から1年経つ前に戻って参りました!

……と、とりあえず二本目のお話は、また何ヶ月も
間が開かないよう、踏ん張って書いていきたいと思います。
若干、不安ではありますが(笑)。


>>ネームレスさん
書き込み、ありがとうございます。
ただいま戻って参りました。そして……おぉ、ついに作り手になられたのですね。

え〜……この場のどさくさに紛れてチョコっとお伝えするとですね、
『50の質問第二巻』に関しては、正直、作る気満々です(笑)。
二作品同時進行は無理なので、今作が終了次第、制作に入る予定です。

ただ問題は……それがいつになるのか全く未定ということなのですが。
「とりあえず作る気はあるのね」とご安心いただければなぁ、と。はい。


>>11/10/06 00:04さん
書き込み、ありがとうございます。
はい、来ました! 恥ずかしながら、戻って参りました!

復帰一本目はアオオニさんで行こうと、強く心に決めて戻って参りました。
……が、現在は白蛇さんの魅力に心を鷲掴みにされております(笑)。
クロスさんに、好みのツボを押されまくりです。いや、あれはまいった。
 蓮華 11/10/07 02:20
>>KOJIMAさん
書き込み、ありがとうございます。
お待ちいただいていたご様子……喜んでいただけて、何よりです!

で、いえいえ、どうか謝ったりしないで下さい。
あらすじに花言葉を使うのは、正直僕も苦し紛れからのアイデアでしたから(笑)。
割と便利ですよね、花言葉って(^_^;)。

そして、レスカティエはどんな形であれチラっと使おうと決めていました。
色んな意味でインパクト強いですもんね、あの国は。

>>Joker!さん
書き込み、ありがとうございます。
おかげさまで、何とか戻って来ることが出来ました!

期待していただけて光栄ですが……は、ハードルが上がり過ぎると、重圧が(笑)。
とはいえ、何とかやって行きたいと思っております。
そう、時には、ハードルの下を尋常ではない速度でくぐり抜けてでも!

>>びずだむさん
書き込み、ありがとうございます。
そして、お褒めと応援のお言葉をいただき、光栄です!

アオオニさんのようなサッパリ系のお姉さんは、
ある程度勝手に喋ってくれるので作り手としてはとても楽です。
個人的には、アリスような純真系+実は……系のキャラクターが難しくて。

そういった点への対応も含めつつ、今後とも色々とやっていきたいと思います。
ありがとうございました!


>>もぐもぐさん
書き込み、ありがとうございます。
また、お褒めの言葉もいただけて、とても嬉しいです!

『見晴らしが良くて、何だか気持ちの良い場所に置かれているベンチ』という舞台設定が
出来た後は、ポコポコっと無理なく数本のお話の流れが出て来ました。
次のアップがいつになるかは未定ですが、気長にお待ち頂ければ幸いです……!


>>紅柳 紅葉さん
書き込み、ありがとうございます。
ディスプレイの前で素の表情にする事が出来たなら、僕も書いた甲斐がありました(笑)。

アオオニさんを抑えて、人間が主役になってしまいましたが、
これはこれで今までにない形になって……良かったかな、と思っています。
今後も、こういった流れのお話が続いていくことになりそうな予感も……。

それもこれも含めて、二本目をお待ち頂ければ光栄です!
 蓮華 11/10/07 02:21
あなたの書くお話しが大好きです
これからも頑張ってください
  11/10/28 03:17
>>11/10/28 03:17さん
書き込みとお褒めのお言葉、ありがとうございます!

2本目のお話作りに3回失敗(途中で気に入らなくなって作り直し)したり、
季節の変わり目の寒暖差にやられて風邪を引いて寝込んだり、
その他にも色々と上手くいかない出来事に遭遇しておりますが、
それでも何とか、どうにか、やって行きたいと思っています。

次のお話の登場を気長にお待ちいただければ幸いです……。
 蓮華 11/10/28 23:56
>「過去と未来を紡ぐ人。」を読んだ感想
えーっと、スズキに、ムロフシに、監督に・・・・・最後誰だぁ!
  12/04/11 05:29
>「過去と未来を紡ぐ人。」を読んだ感想
…蛇、見通す、ヨシハル
……ハブ!?
  12/04/11 05:32
>「過去と未来を紡ぐ人。」を読んだ感想
お待ちしておりました!

あのベンチでは、こんな光景も見られるのですね…

ジパングの英雄たち…是非みてみたいです

そして二巻!?

今から楽しみ過ぎます!
 ネームレス 12/04/11 15:58
>「過去と未来を紡ぐ人。」を読んだ感想
ブランクを全く感じさせないこの完成度…凄すぎです…
そして、お帰りなさいませ―!!!
新作を待ってました
(ToT)
申し遅れました。
はじめまして、
ご不在の間に愚かにも只の読者から作者になっていた、駄文書きの「流れの双剣士」と名乗らせて頂いている者です。
m(_ _)m
読んでいてレベルの違いを痛感し、改めて自分の文才の無さを思い知らされました…
orz
次回も楽しみに待っております!!
 流れの双剣士 12/04/11 16:40
>「過去と未来を紡ぐ人。」を読んだ感想
あぁ…戦争って本当になんだろう…
ちょっと気分がシリアスになる内容で深く考えさせていただきました。

そして…2がくるっ!? ひゃっほーーーーい!!!!(大歓喜
妖狐スキーな自分としては妖狐の夫がどういう回答をしてくれるか…wktkしてまってまーすっ!!
 jackry 12/04/11 19:52
>「過去と未来を紡ぐ人。」を読んだ感想
本編も良かったが、『質問その2』の告知でさらにwktk
 TAT 12/04/11 21:40
蓮華さん見つけて歓喜。
これから読みます。
お帰りなさい。
 オリーベ 12/04/11 22:00
>「過去と未来を紡ぐ人。」を読んだ感想
蓮華さん、待ってましたよ!

しかし、英雄は居なくなってもその思いは続いていくんですねぇ。

あとナドキエ社長ってどうみても―――ですよね?
 宵闇の道化師 12/04/11 22:17
>>12/04/11 05:29さん
書き込み、ありがとうございます。

最後のお方は、将棋のタイトルを総なめにするだけでなく、
チェスをやっても日本最強クラスで、かつては対局中に相手を
震え上がらせるような『ハブ睨み』という独特の視線を飛ばしていた

……あのお方です(^_^;)。


>>12/04/11 05:32さん
書き込み、ありがとうございます。

そして……そう、その通り(児玉清さん風に)!
将棋が合戦を模したゲームであるならば、きっとジパングの危機においても
その慧眼と閃きで次々と奇跡を起こしてくれるのではないだろうか、と。

そんな思いで、登場して頂きました。


>>ネームレスさん
書き込み、ありがとうございます。

丘の上に、ただポンと置かれているだけのベンチ。
何の変哲もないベンチであるが故に、そこには色々な人や魔物がやって来ます。
ちなみに、次の秋では、人間とゴーレムさんなんてどうかな……と考え中です。

で、2巻でございます。
投稿までには時間を要するかも知れませんが、皆さんに「ふむ、なかなか」と
思っていただけるようなモノを書き上げるべく、最善を尽くします(`・ω・´) !


>>流れの双剣士さん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます。
そして、こちらこそはじめまして! 蓮華と申します。

久々の投稿となりましたが、やっぱり魔物娘図鑑ワールドは素敵です。
ですから、どうぞ流れの双剣士さんもリラックスして、
共にこの素晴らしい世界を文章で描いて参りましょう!

「あぁ、やっぱり好きだなぁ、魔物娘さん。あと、○○は俺の嫁さんね」という
感覚において、僕と流れの双剣士さんはたぶん、全く同じの同志だと思いますし(笑)。
これからも、よろしくお願いします!
 蓮華 12/04/16 00:09
>>jackryさん
書き込みいただき、ありがとうございます。

一口に戦争といっても、その中身は様々。
「よせばいいのに」というものもあれば、「やらざるを得ない」というものもあり。
有史以来、人間はず〜っとどこかしらで戦い続けている訳で……変な生き物ですよね。

で、SSが煮詰まる度に、ちょこちょこと2の質問アイデア出しを行っておりまして。
いつの間にかそれが50に達し、思わず告知を打ってしまいました。
1以降、魅力的な魔物娘さん達が続々と登場して来ましたから、
自分でもどんな内容になるのか、今からちょっと楽しみです。

そして、妖狐さんの旦那様にも、色々な目に遭っていただこうと思います(笑)。


>>TATさん
書き込み、ありがとうございます。

自分でも長い間、「2を作りたいな」と考えておりまして。
ワーシープさんの登場で前のめりになり、ぬれおなごの登場でニヤリと笑い、
そしてクノイチを見て、「よっしゃ、ぼちぼち行こうか」と決意を固めました(笑)。

結論:やっぱり、クロスさんは偉大ですね。


>>オリーベさん
書き込み、ありがとうございます。

中身は、いかがでしたでしょうか。
少々言い訳くさくなってしまいますが、やっぱり久々の投稿ということで、
自分の中で反省点があれやこれやと見つかっています。

例えば、老人と子供たちの関係性をもっとわかりやすくするべきだったかな、とか。
とはいえ、こうした反省もまた勉強のうちと捉えて、これからも精進して参ります。
今後とも、よろしくお願いします!


>>宵闇の道化師さん
書き込み、ありがとうございます。

『虎は死して皮を留め、人は死して名を残す』という表現がありますが、
「あの人のようになりたい」と思われる英雄には、やはり人の限界を超えた何かが
あるような気がします。まさに、究極の【持っている】というやつですね。

で、ナドキエ社長ですが……さて、どうでしょう( ̄ー ̄)?
『魔物の母』と呼ばれているあの魔物さんかも知れませんし、
ただひたすらにお茶目なお姉さんかも知れません。

けれども一つだけ確実に言えるのは、年齢を尋ねたらタダでは済まないということで。
それを訊いた先に見えるのは、果たして天国なのか地獄なのか。謎です(笑)。
 蓮華 12/04/16 00:26
>「失い、得た人。」を読んだ感想
お久しぶりです!

久々の更新、胸が裂けそうになりました…


憤怒に塗れて怒りを露わにしそうになりましたが、素晴らしき聖職者の検診的なその姿に心打たれました

良き人には幸あれ
悪人には裁きを

当たり前の事が当たり前に行われますように…

やはり蓮華様の作品は私の心を揺さぶります
そして、癒してくれます
ありがとう!

質問も楽しみですがベンチも楽しみだった私にはご褒美です!

次回も楽しみにしてますよ!


追伸:実は最近素敵で美しいリビングドールさんが私に降臨してくれてましたw
あれは神の啓示だったに違いない…
 ネームレス 13/06/01 01:57
>「失い、得た人。」を読んだ感想
図鑑世界の堕落の神様が何故信仰を集めているのか、その一端が見えた気がします。
愛に対して実に真摯な信仰なんだなぁと気づかされました。

そしてエレジアさんが道を指し示してくれた時の姿…
カッコいいとも、かわいいとも形容しがたい、でも強く惹かれる感じが、とても良かったです。

良い作品を、ありがとうございます。
 74A 13/06/01 10:43
以前蓮華さんの「あなたと私の、カラセオラリア」を読んで以来蓮華さんの世界観に惚れた者です。
新しく小説が上がっているのをみて早速読んでみましたが、以前と変わらない丁寧な描写に圧倒されっぱなしでした。
素晴らしい作品をありがとうございました。
これからも新作を楽しみに待っています。
 玄米茶 13/06/01 22:41
>「失い、得た人。」を読んだ感想
おぉ、これは素直に凄いです!
とても胸の奥に響くお話でした。
ダメだ、ボキャブラリ不足のせいで上手く文に表せません……

今回も楽しませていただきました!
 ヒバゴン 13/06/01 23:09
>>ネームレスさん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます。
そして、お久しぶりでございます……。

何事に関しても、『やって良いことと悪いこと』というものがある訳で。
不貞はその最たるものなのですが、悲しいかな人間はしばしばこれをやらかします。
ネームレスさんの仰る通り、悪い事をした人にはそれ相応の報いがなければいけません。
という訳で、その報いと傷つけられた側の救済を書いてみました。

そして……やって来ましたか、リビングドールが。
洋風の子は淑やかに、和風の子は情念深くというイメージがありますが、
ネームレスさんの枕元で微笑む『彼女』は、果たして……?


>>74Aさん
感想の書き込み、ありがとうございます。
お気に召して頂けたなら、とても嬉しいです!

エレジアは、正しく心優しいダークプリーストとして、迷える彼を救ったのか?
それとも、目の前に現れたカモを魔物として逃さず、きっちりと捕食しただけなのか?
ダークプリーストは、堕落神の使い。さぁ、果たして彼女の真意とは……。

という、密やかで微妙な恐怖テイストも考えられるようにしてみました。
その正解は、堕落神のみが知る……というところです( ̄ー ̄)。


>>玄米茶さん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます!

おぉ、『あなたと私の、カルセオラリア』から……。
後々の『50の質問』への展開なども含め、
あの作品は自分としても気に入っている一本だったりするんです。
それだけに、玄米茶さんのお言葉はとても嬉しくて光栄です!

今後も極めて不定期なペースになってしまうと思いますが、
「ほぅ、なかなか」と感じて頂けるようなものを書いて行きたいと思っています。
これからも、よろしくお願いいたします!


>>ヒバゴンさん
感想の書き込み、ありがとうございます。

落ち着いた雰囲気と心の痛みのようなものを書いてみたい。
今回は、そんなことを意識しながら仕上げてみました。
ヒバゴンさんの胸に、そうした感覚が届いていれば嬉しいです。

冬を舞台にした次回:第四話が、このお話の最終話となる予定です。
更新は、また1年後……などとならぬよう努力したいと思いますので、
これからもよろしくお願い致します!
 蓮華 13/06/03 06:29
>「失い、得た人。」を読んだ感想
素晴らしい文才にただただ脱帽するばかりです。
夫婦間の悩み、そして決別。そして後悔に明け暮れる男性を諭し本当の人としての在り方を唱え救済するダークプリースト様。どれをとっても素晴らしいとしか言えませんでした。
…人としての在り方とは一体何かと考えさせられる作品でした。
 ぷいぷい 13/06/04 23:43
>>ぷいぷいさん
感想とお褒めの言葉、ありがとうございます。

洋風の結婚式などでは「相手を生涯愛し、守り、寄り添うことを誓いますか?」的な
問いかけと宣誓が行われますが……あれって、落ち着いて考えると変ですよね。
『それって、いちいち宣誓するまでも無いような大前提なんじゃないの?』という意味で。

……裏を返せば、人間はそんなことでもしなければ
愛を繋ぎ止めていられない生き物なのかもしれません。
魔物娘さんから見れば、大いに不思議で少々滑稽な様に見えるかも知れませんね。

一度、その辺の感覚についてダークプリーストさんの話を聞いてみたい所です。
 蓮華 13/06/09 18:27
名無しの読み専であります。
失礼ながらもう続きは無いものと思って
おりました…。素晴らしいお話をありがとう
ございます。

  15/10/27 00:10
10年だ。
10年ぐらいは待てる自信あるよ。
あなたの作品ならね。
  15/10/27 01:25
>「終章:思いを馳せる人。」を読んだ感想
お待ちしてました

最後のベンチ、なるほど何処かのベンチが図鑑世界とつながっている可能性があるんですね!

これは探さねば…!

普段とは違い、読者が魔物娘をイメージしていくタイプでしたね
私が行ったら誰が来てくれるかなぁ…
嫁希望の種族の方はたくさんいますが、例えほかの魔物娘さんでも、きっと幸せに暮らせるんだろうなぁ〜

次回作も楽しみにしてますよ

なぁに!2年待ったんだ!
数年だろうが数世紀だろうが変わらないだろうさ!
 ネームレス 15/10/27 01:50
>「終章:思いを馳せる人。」を読んだ感想
二年ぶり!また蓮華さんの作品が読めて感激です!
相変わらず深い教養に裏打ちされた優しいお話が最高でした!
これからも無理せず頑張ってください!
 タコ 15/10/27 01:58
嗚呼、人間は盲進を拗らせると斯くも愚かになれるのか…。……とまでは言いませんが、某サイコパスなアニメのED曲名にも有るようにヒトの心こそ「名前の無い怪物」なのか。色々考えさせられる作品として、紛れも無い神ssとして、書いてくださりありがとうございます!
 aryaryagi 15/10/27 22:37
>>15/10/27 00:10さん
書き込み、ありがとうございます。
そして、お待たせして申し訳ありませんでした。

毎日のようにクロビネガへアクセスし、この作品のことも
何とかしなければと思っていたのですが、色々と機会を掴めずズルズルと……。
しかし、どうにかこうにか完成させる事が出来て、今はホッとしています。
こちらこそ、本当にありがとうございました!


>>15/10/27 01:25さん
書き込み、ありがとうございます。
そう言っていただけると、ありがたく、そして嬉しいです。

作品を立ち上げたのが2011年で、完成させたのが2015年。
人間の子供だったら、赤ん坊が幼稚園に通い始めるくらいの時間です。
そうしてリアルなものに置き換えて考えると……我ながら、時間をかけ過ぎですね。


>>ネームレスさん
書き込み、ありがとうございます。
お久しぶりです&お待たせいたしました!

例えば、眠れない夜に考えたりするんです。
今、自分がポンと図鑑世界に飛ばされたら、会いたいと強く思う魔物さんは誰かな、と。
ちなみに僕の場合、ホルスタウロス・ゆきおんな・白蛇さんが3トップです。
……書いてみて気付きましたけど、全体的に白がイメージカラーの魔物さんですね。

次回がいつになるか全く未定ですが、またお会いできる日を楽しみにしています。
ハイペースで魅力的な魔物さんが登場しているだけに、50の質問第三弾も良いですね!


>>タコさん
書き込み、ありがとうございます。
いえいえ、教養なんて全くそんな……。

人間と魔物さんの別れについては、以前から書きたいと思っていました。
少し難しいテーマでしたが、何とか歩き切ることが出来たように思います。

魔物娘図鑑に対する思いは、今も以前も変わりません。
余程のことがない限り離れるつもりはありませんので、
いつかまた次回作でお会いいたしましょう! ありがとうございました!


>>aryaryagiさん
書き込み、ありがとうございます。
そして、お褒めいただき光栄です!

好戦的な気質を持った魔物さんでも、馬鹿な人間にはこう言うでしょう。
「私達は、食べていくのに必要な命しか狩らない。自分にとって必要な愛しか掴まない。
 意志なき力って奴は、ただの凶器にしかならないって……まだわかんないの?」

魔物さんは人間に対して無限の愛と信頼を示してくれますが、
そういう優しい存在ほど本気で怒ると洒落にならないものですよね……。
 蓮華 15/10/28 14:15
>「愛を遺した人、愛を育てた魔物。」を読んだ感想
こちらの方を読んでませんでした
先ずはそのことに関する謝罪を…

次に、やはり私には悔しさとか憎しみが出ましたね
なんで、こんないい人たちが苦しまなきゃいけなかったの…?
一時とはいえ、やはりそれが悔しいですです…

偽善的ですが、苦しむなら俺がなれば良い
誰かが笑顔であるなら、俺が苦しめば良い

そんな偽善的で良いから、この夫婦を助けたいとも思いました
最終的に悪は罰せられたのですが、やはりそういった感情も持ってしまいました…まだまだ人間的に未熟にすらなれない自分が恥ずかしいとも言えますね…

この作品にはそれ位ズシンとくる物がありました
とても良かったです

改めて、ありがとうございました
 ネームレス 15/10/29 04:07
>「終章:思いを馳せる人。」を読んだ感想
僭越ながら、拝読させていただきました。
価値観への苦悩、過去と未来、夫婦の問題、そして決別。
魔物娘で愛を語る上で欠かせない要素を思い起こさせる素晴らしいお話でした。
そして、胸中に言葉では表せない感情、熱くなる目頭から一粒の雫が湧き上がり、私にある気持ちを思い出させてくれました。
忙しさに燻っていた私の意欲を、そして感動を。
最大限の感謝を込めて二言。この気持ちを、蓮華さんに捧げたいと思います。

ありがとうございます。
このお話を読むことができて、本当に良かったです。
 群青さん 15/10/29 21:48

TOP | 小説へ

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33