感想メッセージ
[TOP][小説へ]
艶色あやかし草子

■感想メッセージ
Name: Mail:

※メッセージのみor評価のみの投稿もできます。
よかった
  17/09/14 05:44
>>名無しさん
ご感想ありがとうございます!!
よかったです^^
 ルピナス 17/09/14 08:13
>「白蛇の怪」を読んだ感想
自業自得とはまさにこのこと……う、羨ましくなんか^^;⁉
 ゆうてい 17/09/14 10:28
>>ゆうていさん
ご感想ありがとうございます!!
自業自得、インガオホー……合掌。
 ルピナス 17/09/16 12:16
すんなりジパングに溶け込んでいる帽子屋さん。
意外な組み合わせだけど良かったです。
  17/09/16 17:58
>「白蛇の怪」を読んだ感想
ドリルモールです。

まずは白蛇編の感想を

真っ暗な闇をバックに青い炎が映し出す白蛇の裸体が美しかったです。

夜の一人遊びをきっかけ?に奥さんも手にいれ幸せを手にした男に幸あれ

と言いたいけど、夫の服がちょっと女性に触れるだけでも許さないとは、白蛇さんマジ厳しい。


マッドハッター編の感想はまた後日書きます。
 ドリルモール 17/09/16 22:31
奥座敷で娘たちがキノコに群がる様で私のキノコがおっきおっきしました。
また、マッドハッターさんみたいによくしゃべる女性は口をふさぎたくなりますよね(ゲス顔
  17/09/17 19:19
ご感想ありがとうございます!!

>>名無しさん
帽子屋さんは僕の中で、ぬらりひょんさんやチェシャ猫さんばりに神出鬼没のイメージでおります。
お気に召していただけたのであれば幸いです^^

>>ドリルモールさん
白蛇さんはいままでギャグ要員?的に扱ってきてしまったので、ヤンでる具合のさじ加減がまだ極端になりがちではあります。
今のところは愛があればいいかな、ということでご容赦をば。

感想、お手柔らかに、でございます……ガクガクブルブル

>>名無しさん
おっきくなぁれ、おっきくなぁれ
さて、ナニで塞ぐのですかな?
「11までプッシュした電話を片手に……(ゲス顔)
 ルピナス 17/09/17 22:38
>「怪人いかれ帽子屋」を読んだ感想
ドリルモールです。

スレンダーなマッドハッターさん、胸元から取り出した帽子ぼくも欲しいです。

おさよちゃんがしるくはっとを被る度に侵食されてゆくのにドキドキ感がありました。
被っている間だけ侵食されるのがちょっとしたポイントかも(自分の中での帽子は一度被ると完全にマッドハッターになるまで脱げないイメージがあるので)


帽子に生えたキノコが成長する、その発想は思いつきそうで思いつかなかった。帽子のキノコは彼女達の男性的な部分の象徴でもあり、マッドハッター化が進行する証なのでしょうね。

マッドハッターに成り立てで恥ずかしさが残るおさよと既にマッドハッターとして馴染んだおみつとの百合が素晴らしい。元々仲良しなだけに接吻と舌技でお互いのキノコを育ててゆく、お互いに胸と尻を羨むのがグッド(゜∇^d)!!

そして六朗の漏れた褌をお互いに貪る、六朗をキノコを育てる苗床としているようでジュルリ

ジパングでも美しい帽子屋の輪が広がってマッドハッター好きとしては嬉しい限りです。

チェシャ猫にアーンなことをした百合百合怪人ツキタケの別名、白の燕尾服、彼女は現代で見たことあるような……ご先祖様?それとも……?

ジパングが舞台だからこそ意外性があるお話で楽しかったです。
この調子で次回も頑張ってください。

P.S.
行灯の油をペロペロするチェシャ猫ちゃんが可愛かったです。
 ドリルモール 17/09/18 22:41
>>ドリルモールさん
細やかにご感想ありがとうございます!!

マッドハッターさんによる魔物化は、個体差によってパターンがあると考えておりました。今回は被っている間から徐々に、という形になりましたが、パターンとして、
被った後の着脱の可否、
菌糸に侵食されていくにつれて別人格に侵食される・その性格の種類、
きのこの生えてくる部位の別、
なりかけの人の菌糸が食物から他の人へ影響を与えるか如何、
などの組み合わせによって、まだまだ謎の多いきのこの生態と同じように、マッドハッターさんの可能性も無限大であると信じている次第でございます。
突き詰めていくと、マッドハッターさんの生態だけで論文になってしまいそうなので……ウン、ストップしておこう。

エロシーンをお気に召していただけたようで何よりです^^
ぶっちゃけ、六朗は、彼女たちが百合ン百合ンするためのオマケでしたw

この時代のジパングに出したら、よりマッドハッターさんのマッドさが浮き出るかと思い、他のを書いていたところにねじ込まれました。さながらきのこが生えるかのように。
おそるべしマッドハッター……。

ツキタケさまについては一つ。
彼女に時間は関係ありません。……(ニコッ。

チェシャ猫ちゃん、慣れないことを強いるのっていいよね……(ゲス顔)

でわでわ、お楽しみいただき続けられるように、精進していきたい次第でございます。
 ルピナス 17/09/20 00:31
>「鬼の酒盛り」を読んだ感想
狐じゃなくて狸に化かされてるよ!?
でもまあ、おめでとさん。
  17/10/21 10:04
>「鬼の酒盛り」を読んだ感想
>知ったらどうする?
ババ様のばばをあばばばばします
 業界的にはご褒美なんですのよ 17/10/21 16:54
>「鬼の酒盛り」を読んだ感想
ちょっと脱線気味な話かもしれないけど。

他の作家さんのSSの感想欄で「さざえ鬼」なるモノが話にあがり、
ちょっとググってみたんだが・・・
なんか、魔物娘になったらこの話と同じことになりそうなシロモノに思えて仕方がなかった。
  17/10/22 11:33
ご感想ありがとうございます!!

>>名無しさん
狐七化け狸は八化けなのですw

>>業界的にはご褒美なんですのよさん
だがババアだ!!
あばばばばばば、ばあ!

>>名無しさん
さざえ鬼……ググってみました……ガクガクブルブル
年経たさざえが化ける、さざえに腕が付いている、というビジュアルは覚えていましたが、そんな話があったとは……。
今回の話はもちろん「瘤取り爺さん」からきているのですが、確かにヤること自体は変わりなさそうですw
しかし、さざえ鬼が魔物娘になって僕が書くとしたら……、
奪われた男性たちが被害者の会を作り、被告人として出てくるさざえ鬼たちが実は幼女で、男性側が逆に逮捕される、というストーリー……か?
それか、さざえ鬼さんは嫉妬して取ってしまうくらいに病んでいる子になってしまいそう……。
一人のさざえ鬼が複数の男たちからヤッて奪いまくるという形は難しいだろうし……。さざえ鬼ちゃんの家の棚には……よぅし、これくらいでやめておこう!
 ルピナス 17/10/23 09:46

TOP | 小説へ

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33