感想メッセージ
[TOP][小説へ]
餓竜再び

■感想メッセージ
Name: Mail:

※メッセージのみor評価のみの投稿もできます。
こんにちは。くろとらです。
以前の狸さんとは違った話ですね。
ツァイス君、よく我慢できました!
普通ならそのまま一人エッチしそうなものなのですがが耐性が強い。背後から来たキャラはドラゴンゾンビさんなのか、これからの展開が気になります。
 くろとら 17/03/06 17:00
>くろとらさん
いつも読んでいただきありがとうございます。
職業柄、彼は魔物娘のエッチなシーンを目にする事が多いので、多少は耐性があるのだと思います。
その彼も二話目ではもにゃもにゃですが・・・
ご期待に沿えるか分かりませんが、もし、よろしければ最後までお付き合いをよろしくお願いします。
 ドグスター 17/03/07 21:21
>「餓竜再び .2」を読んだ感想
極上(意味深)親子丼!!(ネタばれ)
 TAT 17/03/07 22:34
>TATさん

極上などと過分なお言葉、ありがとうございます。
今回は親子丼の親の部分となりますが、楽しんで頂ければ幸いです。
 ドグスター 17/03/11 18:03
>「餓竜再び .3」を読んだ感想
ラスタバン、蛇の頭?、そして娘さんはエルタニン(蛇)、トゥバンやアルラキスはいるのかわかりませんが、なんとも神秘的な名前です。

まさかドラゴンゾンビの親子丼とはこれまた、なんとうらやまけしからん状態でしょうか、ロリと妙齢の絡みは割と好物だったします。

ただ気になるのはラスタバンの名前を主人公はどこかで聞いたことがあること、生前いかなる姿だったのか気になるところであります。

ではでは今回はこの辺りで、合体してラドンになる妄想をいきなりしてしまった私は頭が大破してるようです、ちょっと頭を冷やしてきます。
 水無月花鏡 17/03/12 18:14
>水無月花鏡さん

読んでいただきありがとうございます。
異世界である以上、星の名前は違う可能性が高いのですが付けてしまいました。
しばらく色っぽい場面は無くなりそうなのですが、お付き合い頂ければ幸いです。
 ドグスター 17/03/16 19:50
>「餓竜再び .4」を読んだ感想
こんにちは。くろとらです。

レオンは完全に魅入られたわけではない!って

すごすぎる!斥候というより対魔物専門部隊ですね。

レオンとの親子丼よりも個人的に好きなシーンは

領主様とメィイェンさんのやりとりが素晴らしい。

こういう戦記風な政治的駆け引きは大好きです。

教団側の外交官が女性なら領主様とメィイェンさんが

魔王軍と教団の板挟みにならないように立ち回る

外交手腕が見どころですね。

当初メィイェンさんは魔王軍から派遣された参謀かなと

思っていましたが奥さんだったとは……

怒ったメィイェンさんにベッドで逆襲される領主様が

かわいそう。

ふと思ったのですが、この世界観は新魔物国と反対する

教団派の国、それで魔王軍が群雄割拠している世界の

ようですがパワーバランスは魔王軍>親魔国>教団で

よいのでしょうか?個人的には魔王軍=教団>新魔国

の方がしっくりくるのですが。
 くろとら 17/03/19 16:41
>くろとらさん
感想ありがとうございます。

当然、独自解釈を挟んでいるので、あくまでも拙作に限った話ですが
魔王軍≧教団>>ツァイス
と考えています。
レスカティエ等のエピソードを見ても、魔王軍と教団では教団側が劣勢に私には見えるので。
ツァイスが事実上の独立を勝ち取った際も、かなりスレスレの綱渡り状態だったと考えています。

作中でエミールが恐れているのは、形式的には教団属領のツァイスが、親魔物国家として教団から完全に独立してしまう事で、親魔物国家の独立を阻止できなかった教団の権威が、大きく損なわれてしまう事です。

ツァイスの軍事力はほぼ専守防衛に特化しており、経済的にも貿易網を張り巡らせているので、純軍事面、経戦能力の両面で彼は教団から攻め込まれても負ける気はしないと考えています。
反面、ツァイスに教団に攻め込んでどうこうする軍事力は全くありませんし、エミールにもその気は無いです。
ツァイスの強みは、むしろ「寝技」と呼ばれる様な分野にあるという設定です。
『ランタン』もそういった分野に属する組織ですし。

ツァイスのイメージソースはスイスやオランダ(特にスペインからの独立戦争でマウリッツなんかが活躍してた頃)といった、中立主義の商業国家です。


 ドグスター 17/03/19 19:10
今回はほんわかした感じでしたがドラゴンゾンビに
なる前の過去はけっこう重い話ですね。
花畑のくんだりは特に。
メィイェンさんの意見をくまないと離縁されてしまう
領主様は完全に尻に敷かれてるのでしょう。
個人的におっとりしているイメージがある白澤ですが
メィイェンさんは冷ややかな感じでものをみる雰囲気
があるような気がします。怒ると感情的になりそう。
次回は教団側が動きそうですね。
 くろとら 17/03/26 10:26
>くろとらさん

いつも感想をありがとうございます。

エミールとメィイェンは実はそこまで夫婦仲も悪くないですし、見た目ほど恐妻家という訳でもありません。
エミールがああいう軽口を口にするのは、あそこまで言っても大丈夫だとメィイェンを信用しているからですし、メィイェンもエミールの言葉が冗談であると知った上で、そういう冗談はダメという視線を送っていた訳です。
彼女にとってのエミールは、未だに半ば生徒のままなのかもしれません。

メィイェンは基本的にエミールを立てる様に振る舞っていますし、エミールもメィイェンの言う事の正しさを自分で判断した上で尊重しています。
元家庭教師の姉さん女房なので、エミールが譲るパターンも多いですが・・・
プライベートの彼女はのほほんとしていますが、ツァイスを担うスタッフの一員としては、職責に相応のクールさを持ち合わせているという設定です。
ある意味、彼女はツァイスにおける魔物娘を代表する立場で発言しているので、自身の言動がツァイスに大きな影響を与える事を自覚しているのです。



 ドグスター 17/03/26 23:00
今回はドラゴン属で統治されているドラゴニアですね。

個人的に中東系な街並みを想像しながらよんでました。

セーフハウス周囲とか特に。

新たに登場したイリーナさんがいいですね。

リザードマン好きなので護衛して欲しい!

敬意を抱いて欲しいです。

面白かったのはドラゴンキラーの意味。

某クエストの剣を彷彿とされるけれど魔物娘の世界では

別の当然意味。

教団の派閥からそれぞれ刺客とは一枚岩じゃないのね、

組織の大小に関わらずあるのは必定なか……

話は代わりますが、エミールとメィイェンと夜の営み

を読んでみたいです。メィイェンさん大好き。
 くろとら 17/04/21 14:35
>くろとらさん
今回もご感想ありがとうございます。
ドラゴニアという他所様の舞台(魔物娘の世界もそうですが)を使うのはハラハラしておりますが、原書を読み込みながら進もうと思っております。
エミールとメィイェンの夫婦の話ですが、書くとしたら別の話になるかと思います。
今後もツァイスを舞台にした物は書いていこうと思っていますので、その中で書くかもしれません。
 ドグスター 17/04/25 22:16
>「餓竜再び .6」を読んだ感想
 いよいよ舞台は竜皇国ドラゴニアに移り、盛り上がってきましたね。
 主人公もドラゴンゾンビさん二人と仲良くなってるので、ドラゴニアの方々からすればもう、英雄を越える大英雄と呼んでも差し支えないのかもしれません。
 そして、今度は主神教団も水面下での暗躍を初めたようですね。何気に教団の穏健派というのは中々出てこないので、どんな展開になるのか、まします目が離せなくなりそうです。
 ではでは、今回はこの辺りで……。
 水無月花鏡 17/04/30 00:12
>水無月花鏡さん
返事が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
主神教団も大きな組織である以上、主義によって派閥があるんだろうなと考えて出してみました。
手探り状態の連載なので、話がどう転がるか自分でも分からない様な状態ですが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。
 ドグスター 17/05/14 11:37
今回も楽しく読ませてもらいました。
ドラゴンスレイヤー☓2・勇者・シーフのパーティが
刺客とはアンバランスのようですが、少数&使い捨て
であれば納得です。
しかも利外関係だけなので見捨てても一向に構わず
実際は三つ巴状態になるかもしれませんね。
にしても『ドラゴンゾンビなんかに負けない!キリ』
『ドラゴンゾンビには勝てなかったよ』で堕ちたルイーザとルカ君の近親モノも見てみたいです!

対戦としては勇者とイリーナさんになりそうなので
ワクワクしてます。ジュリアンが勝ったら
イリーナさん『結婚して下さい!』となれば……
なんて思ったりします。
ルイーザ☓ルカ君、イリーナさん☓勇者、バノッティは
逃走?でハッピ―エンド!……になればいいなぁ

追伸:形部狸さん参考にさせていただきました。
ありがとうございました。
 くろとら 17/05/14 17:54
>くろとらさん

いつも感想をありがとうございます。
暗い話は苦手なので、八方丸く収まればいいと思っているのですが、未熟者なので話がどう転がるか自分でも不安だったりします。
拙作の狸の嫁殿ですが、少しでも参考になったのなら幸いです。
 ドグスター 17/05/17 22:42
こんにちは。街中から視線というのはかなり怖いですね
一声かければそこら中からドラゴン娘が現れて
囲まれるかも……。
次回はルイーザさん、ルカ君ドラゴンスレイヤーの腕の見せどころですね。
 くろとら 17/06/19 15:33
他の魔物の匂いがしない男が町なか歩いてたら、そりゃ注目されるやろー
3日後に取りに来る〜ってのも罠じゃなく本当にそのつもりだろうし、、、
魔物への知識が偏ってるせいで、疑心暗鬼気味な教団組
 午後の紅茶 17/06/20 15:11
>くろとらさん
いつも感想をありがとうございます。
舞台の地域については、アングラな地域ほど実は統制が取れてる、という感じで書いてます。
魔物娘の街でバノッティが単身で尾行してるだけでも、大変な事だと思ってます。

>午後の紅茶さん
感想ありがとうございます。
3日後云々については、一行が尾行されてると承知の上で喋っているという事を、バノッティの側も承知しているという状況という事です。
誰の物でもない男が一人でウロウロしていれば、それだけで注目の的になるというのは、もっともな御指摘です。
言われるまで気付かなかった私の手落ちですが、見張っている側が明らかに距離を取っていて、男に対して興味を持って見ているのとは明らかに違っていた、という事にしておきたいと思います。

 ドグスター 17/06/22 23:53
こんにちは。ついに対峙することになりましたね。

バノッテイとジュリアンルカ君は気をつけないと

発情親子や野良ドラゴンの餌食になれない様に

気をつけないといけませんね。ルイーザさんは特に

気にしなくてもいいのかな?いや、百合竜もいるかも。

ドラゴンの爪の効果が起死回生の一撃と成るか楽しみです。
 くろとら 17/07/16 17:32
>くろとらさん
当方の執筆スピードが遅い中、今回も読んでいただきありがとうございます。
次回はバトル展開となる訳ですが、なにぶん初めてなものなので四苦八苦中です。
話がどう転がるか書いている本人も不安ですが、お付き合いいただければ幸いです。

 ドグスター 17/07/20 00:02
>「餓竜再び .10」を読んだ感想
待ってました!バノッティ、発情中の魔物娘たちのど真ん中ってこと忘れるなんて詰めが甘い。お幸せに〜。
 グリィ 17/10/12 03:02
>グリィさん
読んで頂きありがとうございます。
拙作の続きをお待ち頂けたというだけでも幸いです。
バノッティもこれほど魔物娘が多い国は初めてだったのでしょう。
自分の仕事以外に居場所が無さそうな彼にとっては、竜に拐われた事は幸せな事だと言えるかもしれません。
 ドグスター 17/10/13 00:27
>「餓竜再び .11」を読んだ感想
ジュリアンにとってイリーナに出会えたことは、人生最大の幸運ですらあるかもしれない。
いろんな意味で「いい相手」に出会えたみたいだね。
  17/10/27 01:34

感想をありがとうございます。
ジュリアンもイリーナも共に真面目なキャラですが、イリーナが能動的な真面目さだとすれば、ジュリアンは受動的な真面目さの持主と言えます。
どちらが良いという事は無いと思いますが、イリーナは優等生気質のジュリアンに欠けている物を持っているという意味で、破れ鍋に綴じ蓋と言えるかもしれません。
 ドグスター 17/10/28 00:02
>「餓竜再び .11」を読んだ感想
一話丸ごとバトル回でしたね。
今後も同じような話があるのなら
タグ「バトル」を入れることを
おすすめします。
   17/10/28 08:06

ご指摘ありがとうございます。
前回の更新時に追加すべきでしたね。
バトルタグを追加させていただきました。
 ドグスター 17/10/28 22:26
>「餓竜再び .12」を読んだ感想
・・・逆鱗に触れてしまったな。
それも、魔物娘的な意味じゃない方で。
  17/11/04 01:43

感想をありがとうございます。
ドラゴンゾンビがどんなものかは、ルカも知識としては知っていたのでしょうが、実際に会った事が無かった故の油断だったのでしょう。
実際に会った場合は、やはり逃げられない可能性が高いですが・・・
実戦経験を積む事が困難という点でも、この世界はドラゴンスレイヤーにとって受難の時代だと思います。
 ドグスター 17/11/05 23:11
>「餓竜再び .13」を読んだ感想
ジュリアンとイリーナがどうなるか、楽しみにしています。
 SSS 18/01/09 23:08
>「餓竜再び .13」を読んだ感想
待ってたよ〜(ねっとり
それにしてもファララさん強烈なキャラだなw
 グリィ 18/01/10 03:20
>SSSさん
感想ありがとうございます。
実はジュリアンとイリーナの部分は一番悩んだ所です。
ジュリアンは真っ直ぐに見えてかなり屈折した人物ですし、イリーナも真面目デレな面があるので、すれ違いはしなくても難儀な恋の道程になるかと思われます。

>グリィさん
感想ありがとうございます。
ドラゴニアの竜たちも、誇り高いドラゴンとはいえ女の子なので、こういう変わり者の竜も居るんだろうな、と。
ちょっと痛い子に見えますが、実力を兼ね備えた優秀なワイバーンなはずです。




 ドグスター 18/01/10 22:06
勇者という老害の介護職足りなすぎ問題
  18/02/12 01:47

感想をありがとうございます。
この世界の勇者はある意味で矛盾そのものですが、勇者が強ければ強いほど結果的には強力な魔物娘の夫婦が生まれるという点を考えると、レスカティエの面々の様に収まる所に収まる様になっているのかもしれません。
 ドグスター 18/02/14 22:23
一気に読ませていただきました……!!

濃厚なエロスから始まる深い世界観の物語、とても楽しませていただきました!!
最初は三人から始まった物語が国をも揺るがす壮大な物語に繋がっていく流れが、なんとも素晴らしいお話でしたね……個人的には、ラスティさんのエロと穏やかな雰囲気とのギャップがとても好みでした。

図鑑世界らしいバトルもたっぷり堪能させていただいたところで、そろそろ最終回。早く見てみたい反面、名残惜しくもありますね。
次の更新も、とても楽しみにしております。
 たんがん 18/02/17 15:46
>たんがんさん
感想ありがとうございます。
過分なお褒めの言葉に恐縮するばかりです。
実は当初はドラゴニアに行く予定ではなかったのですが、この三人組がドラゴニアに行ったら歓迎されるんだろうなと思い、思い付きでドラゴニアへと向かわせました。
粗筋だけは決めていたものの、ドラゴニア以降は手探りの連続になり、一年もこの作品と付き合う事となりました。
結果的にはドラゴニア以降のキャラたちも面白い感じになってくれたので、苦労した甲斐があったと思っています。。
のこり少しになりますが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。


 ドグスター 18/02/18 18:52
最初から最後まで読ませていただきました。大団円な結末だったと思います。ドラゴン族に娶られた彼らも気になりますが、自分はレオンに新しい家族が増えるシーンが見てみたいです。
 クマキクリン 18/03/24 10:23
>クマキクリンさん
感想ありがとうございます。
魔族は簡単には妊娠しないという設定なので考えていませんでしたが、刺客組の話と平行しながら考えてみたいと思います。
 ドグスター 18/03/24 23:01
完結、お疲れ様でした……!!

全てが無事に終わった最終回、読み終わった後にじーんと来るものがありましたねぇ。
絵本の終わりのように、どうか三人がいつまでも幸せでありますように!!
最高に、楽しませていただきましたよー!!

番外編もまだまだ更新されるという事で、楽しみにしております……!!
 たんがん 18/03/31 18:27
>たんがんさん
感想ありがとうございます。
どうにか三人の話も終わりまでこぎ着けました。
三話分を平行して進めているので更新まで間が開くかも知れませんが、よろしければお付き合い願います。
 ドグスター 18/04/02 00:56
ドラゴンゾンビを主題にした小説の中で一番完成度の高い作品だと思います!夢中になって楽しく読みました。
実はこの作品を私が翻訳して、韓国のDCinsideだというネットコミュニティーに投稿したいんですが、よろしいですか?勿論、原作の出所(URL)は確かに明かします。では、ご返事お待ちしております。とにかく、このよう完成度の高い作品、今後もよろしくお願いします!
ー韓国のとあるファンから
 誇り高きプログラマー [MAIL] 18/06/20 13:19

TOP | 小説へ

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33