感想メッセージ
[TOP][小説へ]
傘張り浪人異聞録

■感想メッセージ
Name: Mail:

※メッセージのみor評価のみの投稿もできます。
>「傘張り浪人の傘」を読んだ感想
次はやはり提灯お化けで
 パープル・アイス・ウルフ 16/04/12 23:04
ちゃんと時代劇の口調なのがいいですね〜
うーむヤンデレ雪女ちゃんの恋路を助けるとか
どうでしょう
 タコ 16/04/12 23:10
魔物娘居るのにちゃんと時代劇っぽいのがすごい

リクエスト…クノイチさんで
あるいはカースドソード(日本刀)とか
 KK 16/04/13 00:13
>「傘張り浪人の傘」を読んだ感想
時代劇っぽいのが良いですねぇ(^^;。私も提灯おばけや日本刀のカースドソードの登場を希望します。
 ゆうてい 16/04/13 19:15
感想、リクエストありがとうございます。
励みとネタにして、少しでも楽しんでもらえるものを書けるようにしていきたいものです。
 PLUTO 16/04/17 19:41
>「夜哭き峠、鬼火の怪」を読んだ感想
提灯お化けちゃんはどこに行ったんですか?
売 売り ですよね
 パープル・アイス・ウルフ 16/04/17 21:10
>パープル・アイス・ウルフさん
それとなく終盤に書いたのですが、回りくどい書き方だったでしょうか?
端的に書けば、博徒場に現れたのが提灯おばけです。

脱字の指摘、ありがとうございます。
 PLUTO 16/04/17 21:31
今回も面白かったです!
次はカーストソードっすか期待させていただきます
 タコ 16/04/18 01:40
>「夜哭き峠、鬼火の怪」を読んだ感想
三吾が賭場に来たとき、もぬけの殻だったということは
提灯お化けは元締めを連れてどこかへ行ってしまった
のでしょうか?

 くろとら 16/04/18 10:33
あ、うまくいってませんね。提灯お化けちゃん達(提灯お化けちゃんと元締め)が、どこに行ったかということを聞きたかったんです。うまく書けずに申し訳ありません。
 パープル・アイス・ウルフ 16/04/18 13:34
>タコさん
楽しんでいただけたようで、こちらも嬉しく思います。
ご期待に応えられるよう、書いていきます。
ヤンデレ雪女ちゃんに関しては構想段階のため、しばしお待ちください。

>くろとらさん、パープル・アイス・ウルフさん
どこに行ったかは私自身も決めてはいません。理由としましては、その方が怪異さ(?)が出るかと考えたためです。
強いてどこに行ったか言うならば、元締めだけが知っている隠れ家といったような二人だけになれる場所でしょうか。
いかがでしょうか?
 PLUTO 16/04/18 19:42
>「夜哭き峠、鬼火の怪」を読んだ感想
ジパングの怪異物語の短編集、実に好みです。くどくどと引っ張らず、二人ともいきなり失踪する辺りがらしい。
次回の呪われし妖刀の活躍が楽しみです。
 ゆうてい 16/04/23 12:37
>ゆうていさん
怪異さを少しでも醸し出し、かつ楽しんでいただけたようで嬉しく思います。

妖刀らしい話を書いているつもりですので、生暖かい目でどうぞ。
 PLUTO 16/04/23 20:56
>「妖刀霞斬り」を読んだ感想
前後編ではないか・・・
ジパングの魔物娘全部出してくださいね
 パープル・アイス・ウルフ 16/04/24 09:11
>「妖刀霞斬り」を読んだ感想
こりゃ素晴らしい
読んだ側から更新が楽しみになってしまうわ
 爪Oモ 16/04/24 09:14
続きがきてた!
私の鞘に〜…こういう台詞、色っぽくて
大好きです。和風はいいですね。
リビングアーマーの武者鎧とか出てきてほしい
 くろとら 16/04/24 10:58
>パープル・アイス・ウルフさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
後編にあたる話はまだ先になると思いますのでのんびりとお待ちください。
全部出せるだけネタが持つか分かりませんが、善処します。

>爪�Oモさん
読んでいただき、ありがとうございます。
そこまで思っていただけたなら、こちらとしても非常に励みになります。
ありがとうございました。

>くろとらさん
刀のカースドソードと来たら、この台詞回しは必要かと思いました。
和風と色っぽさって良いですよね。
リビングアーマーもいずれは書く予定でいます。
 PLUTO 16/04/24 14:04
>パープル・アイス・ウルフさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
後編にあたる話はまだ先になると思いますのでのんびりとお待ちください。
全部出せるだけネタが持つか分かりませんが、善処します。

>爪�Oモさん
読んでいただき、ありがとうございます。
そこまで思っていただけたなら、こちらとしても非常に励みになります。
ありがとうございました。

>くろとらさん
刀のカースドソードと来たら、この台詞回しは必要かと思いました。
和風と色っぽさって良いですよね。
リビングアーマーもいずれは書く予定でいます。
 PLUTO 16/04/24 14:04
すげぇな〜初投稿でこれだけ安定して話を書けるとは
今回も戦闘描写を含めてよかったです!
所々の言葉遣いが丁寧に時代劇っぽくなってるのに
毎回感嘆してます!

 タコ 16/04/24 21:42
>タコさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
やはり、まだネタが尽きていないためそこそこ安定して書けるのだと思います。
戦闘描写は単調に成りやすそうに感じたので短くまとめたのですが、楽しんでいただけたよいですね。
時代小説を良く読んでいたことが起因しているかと思います。
 PLUTO 16/04/24 22:42
>「妖刀霞斬り」を読んだ感想
妾でも構わないだと・・・二股ルートですか?
 ゆうてい 16/04/25 15:18
>ゆうていさん
千春の側に立てば弥彦は人切りの幇助することになってしまいますし、かといってそれらしい人物を書いても弥彦という男剣客と千春という女剣客の絡みが薄くなってしまうので、なんともややこしい話になってしまいました。

そのため、あのような形の終わり方となった訳ですが、大名でもない弥彦に二人も奥さんがいるのはどうなのか という一方、あれだけ書いて剣客仲間というのも煮え切らないので迷っていますね。
 PLUTO 16/04/25 19:06
カースソードさん、ときどき会いに来るぐらいで
いいのでは?メインはお華さんでしょうし。
大きく制約する必要はないのでは?
 くろとら 16/04/26 13:37
>くろとらさん
三方丸く収めるにはやっぱりそれが最適ですね。
その方向で行きます。
 PLUTO 16/04/26 18:52
>くろとらさん
三方丸く収めるにはやっぱりそれが最適ですね。
その方向で行きます。
 PLUTO 16/04/26 19:27
>「終雪心中」を読んだ感想
すいません、根深 これってなんと読んでどんな物なんでしょう?根菜ならわかるんですけど・・・
 パープル・アイス・ウルフ 16/04/30 15:35
>パープル・アイス・ウルフさん
ねぶか、と読みます。ネギのことですね。
 PLUTO 16/04/30 16:03
>「終雪心中」を読んだ感想
今回も良い雰囲気ですねぇ
少し短めなのが残念…かも
 爪�Oモ 16/04/30 18:18
リクエスト拾っていただきありがとうございます!
本当に書いていただけるとは!次も期待してます!
 タコ 16/04/30 19:46
>「終雪心中」を読んだ感想
ヤンデレではないような気がします。
 ゆうてい 16/04/30 21:33
>爪�Oモさん
読んでいただき、ありがとうございました。
短いのを残念と思っていただけるということは、それだけ楽しんでもらえたのだと思います。とてもありがたい事です。
ですが、自分は長文を書くのが苦手なのもありますし、終盤になると失速(?)しそうなので、これくらいが良いのかもしれません。

>タコさん
読んでいただき、ありがとうございました。
ネタを提供してもらえるのは、それだけ自分の作品に期待してもらっているのだと思っているので、自分もありがたく思っています。
次作もゆるりと待っていてください。

>ゆうていさん
やっぱりヤンデレではないですか…
ヤンデレ自体にそれほど興味を持っていなかったので、こんな感じかなと書いたのが良くなかったのかもしれません。
読んでいただいた上に、指摘もしていただき、ありがとうございました。
 PLUTO 16/04/30 22:26
>「終雪心中」を読んだ感想
良いお話でした。
ただ逃亡劇の要素が強すぎてヤンデレ要素は非常に薄いと思います。
  16/05/01 08:16
>あさん
読んでいただき、ありがとうございました。
やっぱりヤンデレ要素は薄いですね…
 PLUTO 16/05/01 09:15
>「終雪心中」を読んだ感想
今回はなんとなくもの悲しいお話。
新天地で幸せになって欲しいです
にしても、お鍋焼きうどんが美味しそう!
ああー食べたくなってきた!
でも、どん〇衛で我慢します。
 くろとら 16/05/01 17:58
>くろとらさん、
読んでいただき、ありがとうございました。
たまにはこういった雰囲気も良いかと思いました。
食事の描写を褒めてもらえるととても嬉しいですね。自分の読んでいた時代小説も食事の描写が素晴らしかったので。
 PLUTO 16/05/01 19:03
>「終雪心中」を読んだ感想
面白いですねぇ。
ジパングにいてもおかしくない魔物縛りなのでしょうがだからこそ大陸や西洋の魔物が際立つ場面もあると思います。
出てきても時代劇っぽくて場所がジパングであるなら特に問題ないと思いますよ。
いろいろな魔物娘の登場を楽しみにしています。
  16/05/02 00:20
>名無しさん
読んでいただき、ありがとうございました。
特に縛りは設けていませんが、自分のネタとヤル気しだいでしょうか…
少なくとも一度は大陸ないしは西洋の魔物娘の話は書こうと思います。
ゆるりとお待ちください。
 PLUTO 16/05/02 20:09
お江戸の雰囲気の描写がすごい
相当勉強なさったんだろうなぁ
  16/05/06 20:44
>名無しさん
読んでいただき、ありがとうございます。
好きで時代小説を読んでいただけなので、勉強らしい勉強はしていませんよ。ある程度、好きな分野の作品を読んでいれば、自然とオマージュされ、それらしい物が書けると思います。
毎回、無い引き出しを振り絞って書いています。
 PLUTO 16/05/06 21:13
>「閑話の一 『稲荷亭の二人』」を読んだ感想
この二人まだこどもはできていないんですね。

根深とは葱のことだったんですね
 パープル・アイス・ウルフ 16/05/06 21:18
>「閑話の一 『稲荷亭の二人』」を読んだ感想
これぞ狐の嫁入りですね。この二人が結ばれることになった経緯が気になる。
 ゆうてい 16/05/06 21:47
千春と名乗った妖刀に取り憑かれた女剣士、あの時は引きましたが、
そろそろ痺れが切れて…いや、疼きが堪え切れなくなって、
住居を調べ上げて、自ら乗り込んでくるんじゃないですけね?
 クラスター・ジャドウ 16/05/06 21:50
スピンオフなお話大好きです&賄い食べたい!
油揚げまぶした御飯でも美味しいはず!
稲荷さんとの初夜とかさぞ艶やかなんだろうな
そういえば狐って何で油揚げ好きなんですかね?
 くろとら 16/05/06 22:20
>パープル・アイス・ウルフさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
まだ出来ていないですね。魔物娘ですし、時間がかかるのでしょう。
今後、時代小説を読む時の参考にでもしていただければ良いかと。

>ゆうていさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
話の構成として狐の嫁入りを書いたssはありますが、それ自体を主体とする物は少ない印象でしたので、書いてみました。
京三は料理人ですし、油揚げを煮てる所へ匂いに釣られてやって来たのでしょう。そのあとは健全なお付き合いですかね。

>クラスター・ジャドウさん
読んでいただき、ありがとうございます。
女剣客千春は、どのように弥彦の前に再び現れるのか…
ゆるりとお待ちください。

>くろとらさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
こういった話は今後も合間にちょろっと書いていくつもりですので、ゆるりとお待ちください。
油揚げまぶし飯…。おそらく、白飯に焼いた油揚げを短冊切りにしたのを乗せ、刻みネギとおろし生姜も乗せて醤油をかけるのでしょうか?(美味しいかは分からない)もしくは、包むのが手間なため、酢飯に煮た油揚げを刻んだ物と紅生姜、炒り胡麻を散らすみたいなものですかね?
狐と油揚げの関係はですね、調べると神道、仏教、ヒンドゥー教が絡んできます。ややこしいのでここには書きませんが色々と調べてみると面白いかと。ただ、wikiと某知恵袋を鵜呑みにするのはいかんですよ。
 PLUTO 16/05/07 07:24
>「ジパング捕物帳」を読んだ感想
男はとから離れる しょうしょう言葉遣いが変だとおもいます。
  16/05/21 14:04
>名無しさん
ご指摘、ありがとうございます。
修正しました。
 PLUTO 16/05/21 14:11
え゛っ麻薬?!と思ったらケサランパサランかよww
まぁ別にそれなら売ってもいいんじゃね?
妖精の国へ連れてかれるかもしれんがww
 タコ 16/05/21 14:11
>「ジパング捕物帳」を読んだ感想
相変わらずの時代劇テイストがたまらん。

時代劇にクノイチはハマり役ですね(^^;。

 ゆうてい 16/05/21 18:16とても良かった!
>タコさん
おそらく鎖国か何かで出島を経由しないと違法になるのでしょう。
巷にハッピーパウダーが出回ったら、それはそれで大変ですし

>ゆうていさん
水戸◯門のせいか、時代劇にクノイチは鉄板だと勝手に思っています。
楽しんでいただけたようでなによりです。
 PLUTO 16/05/21 20:00
>「ジパング捕物帳」を読んだ感想
ところどころ「体勢」が「体制」になってます
  16/05/21 22:11
>名無しさん
ご指摘、ありがとうございます。
 PLUTO 16/05/21 22:20
>「ジパング捕物帳」を読んだ感想
今回も読ませていただきました
やっぱり弥彦とお華の二人の喋りが好きですねぇ
 爪� 16/05/21 23:53
今回も面白かったです。くノ一さんがお色気術
使ってきたらおしおきはさらに過酷なものになっていたでしょうね。最後の白い粉と狸さんは笑いました。
図鑑設定が上手で素晴らしいです
 くろとら 16/05/22 12:52
>爪�さん
読んでいただき、ありがとうございました。
掛け合いを楽しんでいただけたようでなによりです。

>くろとらさん
読んでいただき、ありがとうございました。
おそらく筆舌に尽くしがたいことになっていたでしょう…
いっそ刑部狸を黒幕にしようかと考えましたが、なんか違うなと思い、ちょろっと出ることになりました。
 PLUTO 16/05/22 15:46
待っておりました!
千春さん図鑑世界においてはなかなか稀有な
立ち位置ですな〜正式に嫁になるのかただの
花嫁修行だったのか…次も期待させていただきます!
 タコ 16/05/29 00:09
>「辻斬り千春」を読んだ感想
てっきり千春は妾になるものとばかり思いましたが、ふらりと消えてしまいましたか(^^;。

何より妖刀(カースドソード)ですから、むしろ常時戦闘狂で有って欲しい。

若い頃、月刊少年マガジンに連載していた「修羅の刻」や月刊アフタヌーンに連載していた「無限の住人」にハマっていたのを思い出しましたが、強い女侍となるとヒッポンスーパーに連載していた「ウィザードリィ外伝」の女侍ケイヒを思い出します。
 ゆうてい 16/05/29 00:36とても良かった!
深川飯は炊き込みご飯版のほうがいい!でも実際は
漁師飯だからぶっかけ版なんでしょうね。
華さんのご飯食べたい!

無限の住人は変わった武器が出てくるのが
好きでした、特に隻腕の爺さんが使う、斬る・突く・受け止める・栓抜ける?の断身九印が一番好き。
刀じゃないので弥彦さんにはうってつけの武器だな
 くろとら 16/05/29 01:12
>「辻斬り千春」を読んだ感想
カースドソード編はこれで終わりか。
そういえば、今思い出したがあるゲームの私のキャラの一人は傘芸に使う番傘で剣術を使うようにしたっけ。さすがに弥彦はお花をそうゆう風に使いはしないだろうな。
 パープル・アイス・ウルフ 16/05/29 04:41
>タコさん
お待たせしました。
千春の胸中は自分も分からないですね…なんと言いますか、書いてると勝手に人物が動くみたいな感じでしょうか?
気長にお待ちください。

>ゆうていさん
読んでいただき、ありがとうございました。
ふらりと消えてしまいましたよ…きっとそういう人柄なのでしょう。
修羅の刻しか分からないですね…しかも断片的に。

>くろとらさん
読んでいただき、ありがとうございました。
まあ、そこは好みですね。
お華のご飯は…どうにもならんですね、はい。
面白い武器もあるんですねぇ…

>パープル・アイス・ウルフさん
読んでいただき、ありがとうございました。
これで終わりですね。お待たせしました。
さすがにそういった風に使うことはないかと。
 PLUTO 16/05/29 14:44
>「牛鬼の腕試し」を読んだ感想
強気な娘が弱気になる処にグッときます。
 ゆうてい 16/06/11 11:41
>「牛鬼の腕試し」を読んだ感想
門下生いたんだ…っていうか刀教えてたんですね。
 パープル・アイス・ウルフ 16/06/11 11:49
ちょっと展開が早いかな…と思ったら
ちゃんと元ネタがあったからだったんですね〜
原作の方はあまりに救いがないのでこの展開は
納得できます!
 タコ 16/06/11 16:37
>ゆうていさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
イケイケオラオラな分、ギャップがありますよね。

>パープル・アイス・ウルフさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
妖刀霞斬りでもちらっと書きましたが、それほど重要な事ではないですね。

>タコさん
それでも読みやすい展開、テンポで書けたならもっと良くなったのだと思いますが、いかんせん技術が足りないので…
あの話は、あの話なりの良さがありますが、やはりハッピーエンドが良いですね。
 PLUTO 16/06/11 18:36
ふたりとも力自慢なので洞窟が壊れそうだ。
華さんにしても牛鬼にしてもジパングの魔物娘は
騎乗位が多い!…だったらいいなぁ
 くろとら 16/06/11 19:35
>くろとらさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
ジパングの魔物娘は、昼は淑女、夜は……
つまり、そういうことなのです。
 PLUTO 16/06/11 20:50
今回は艶やかさのあるお話ですね。熊さん羨ましすぎる
花魁を題材に扱った映画やお話は悲恋な形が多いですけれども、やはりハッピーエンドがいいですよね。
獅子唐は天ぷらが好きですが、作中の食べ方もおいしそう。

リクエストの件、ですがもしよろしければ、私の
連載中(止まっている)タンタンというキョンシーの
1日を描いていただきたいです。普段、エッチなことしているキョンシーですが、普通の1日を読んでみたいです。それとは別件ですが、PLUTOさんの華さんか篠さんのエッチを書いてみたいのですが、構いませんか?
 くろとら 16/06/16 06:05
>「花魁恋道中」を読んだ感想
ネタが切れましたか・・・
烏羽というから烏天狗かと思った。
提灯お化けちゃんのその後、河童との相撲勝負。というのを見てみたいです
 パープル・アイス・ウルフ 16/06/16 08:45
>くろとらさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
遊廓自体がなかなかに業が深い(?)ですからね…
獅子唐の天ぷら、美味しいですよね。私も好きです。

リクエストの件、了解しました。
ちょうど話の流れとして閑話を挟むつもりでしたので、そこで書かせていただきます。他所様の娘さんを預かるのは初めてなので、上手く書けるだろうか…
別件の方も了解しました。過去の話からもお察しのように、私は本番の描写が苦手です。私に代わって良い思いをさせてあげて下さい。

>パープル・アイス・ウルフさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
やはり、ややこしい名前だったでしょうか?黒髪を表しつつ、名前らしい言葉をと思って烏の濡れ羽色からもじったのですが、濡羽や濡烏ではしっくり来なかったので…
リクエストの件です。
一部例外はありますが、基本的にどの魔物娘もメインは一回、都合上必要があればちょい役でという方針なので、河童の話をば…
 PLUTO 16/06/16 12:37
>「花魁恋道中」を読んだ感想
遊廓物は大抵悲恋話が多いと思うので、幸せな結末で良かったです。

私も最初鳥羽の名から鴉天狗を想像しました。

リクエスト・・・ジパングの魔物娘だと白蛇、稲荷、あかなめが好きですが、もう出演しましたか?稲荷はもう出ているような気がする。

 ゆうてい 16/06/16 15:35
>ゆうていさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。

設定の詰めが甘かったようです…
まだまだ精進が足りませんね。

稲荷はもう出ましたので、白蛇かあかなめですね。
 PLUTO 16/06/16 19:42
>「花魁恋道中」を読んだ感想
うーん・・太夫を相手にしてモノにするには・・後半の展開が強引で急すぎるような。
何せ某大名は太夫に入れ込み身請けするのに8千両(2億円?)くらいつぎ込んだなんて話もありますし。
例え魔物娘といっても太夫ですから一介の同心である熊八さんがモノにするにはもう少しエピソードが欲しかったかなと思いました。
  16/06/18 08:15
>あさん
読んでいただき、ありがとうございます。
やはり展開が強引過ぎましたよね…。自分でもそう思うところはあります。
言い訳にしかならないのですが、四千〜六千文字を頭を空っぽにしてサクッと読むがコンセプトなので、平にご容赦を…。
ですが、皆さんに楽しく読んでいただける様に、今後は話の展開、整合性に気を付けて書いていこうと思います。
貴重なご意見、ありがとうございます。
 PLUTO 16/06/18 08:43
こういった話ではあまり焦点の当たらない農民にスポットを当ててみたらいかがでしょう。お相手はグリズリーさんかな?(グリズリーはジパングに普通にいると思います)

ただ一揆とか饑餓とか物騒すぎる話は勘弁で。
 茂兵衛 16/06/18 10:28
>茂兵衛さん
読んでいただき、ありがとうございます。
成る程、農民ですか!
ネタ提供、ありがとうございます。
勿論、ハッピーエンドで。
 PLUTO 16/06/18 13:34
ヤンデレに再挑戦(ボソッ)
無茶振りスンマセン
不快に思われたらスルーしていただいて結構です
是非雑兵さんの 私の狂気 や、
REIDさんの やみ色の愛は貪欲に など読まれるといいかもしれませんよ!
 タコ 16/06/19 22:24
>タコさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
白蛇のリクエストもありますし、再挑戦してみようと思います。
上手くいくかは分かりません…努力はしますが。
 PLUTO 16/06/20 00:08
>「閑話の二 『健啖僵尸』」を読んだ感想
霧の大陸の設定がいま1つなのですが、中華っぽいイメージで良いのかなぁ。何処かに載っているのだろうか?

あとジパングにアンデッドがいないような気もするので、ゴーストのジパング固有種で幽霊が魔物娘図鑑に追加されると良いですね(^^;。

 ゆうてい 16/06/21 21:00
タンタンと先生のお話すごく感激しました!
とっても上手いし、日常てあんな感じなのでしょうね
しかも王朝の聞き取り調査や先生の尻フェチなところも
書かれていて、作品を呼んでいただけたんだなぁと再び
感激です。短編抱き合わせといいつつ長くなったので稲荷亭のお二人から投稿させていただきました。
弥彦さんとお華さんも近日中に投稿します。
今回は本当にありがとうございました。
 くろとら 16/06/22 16:56
>ゆうていさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
私もよく分かりませんが、そのイメージかと思います。
こちらの時代で言えば、元から明にかけて辺りなのかなと私は勝手に考えていますが…

全ては健康クロスさん次第な訳ですが、追加されたらとても嬉しいですね。

>くろとらさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
そこまで思っていただけたとは…
私も感激です!ありがとうございます!
弥彦夫婦の話も楽しみに待っています。
 PLUTO 16/06/22 19:04
>「青い炎」を読んだ感想
白蛇の話、堪能させていただきました。

白蛇は魔物娘の中でも、特に良い意味でも悪い意味でも一途な娘ですね(;^_^A。

・・・そこが魅力なんですけど(笑)。

 ゆうてい 16/06/25 21:51
>ゆうていさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
確かに一途ですね。ジパングでも屈指だと思います。
 PLUTO 16/06/25 22:56
>「青い炎」を読んだ感想
たぶん、樵が見つけなくてもどうもなかったと思う
 パープル・アイス・ウルフ 16/06/26 10:28
怪談っぽい話でしたね、白蛇さん執念深いというか
愛情深いというか。大陸のメデューサは寂しリ屋兼ツンデレなのに大してジパング版はヤンデレっ気があるのですね。華さんも怖くなって弥彦がトイレに付き添ってそうです。

弥彦さん☓お華さんのお話できました。
書かせていただきありがとうございました。
 くろとら 16/06/26 17:34
>パープル・アイス・ウルフさん
まあ、どうとでもなりますね。

>くろとらさん
見比べてみると種族としての根幹は似ていても、その表現方法はかなり違いますよね。
やはり魔物娘は良いですね。

こちらこそ、二話も書いていただいてありがとうございました。
 PLUTO 16/06/26 19:20
言い出しっぺの癖に感想遅れてすみません
やったぜ!大勝利だ!
この文章力でヤンデレを読みたいと思っていたのですよ!
ワガママを聞いていただき本当にありがとうございました!
これぞヤンデレって感じで完璧ノックアウトされましたw
それと何気に華に話した怪談話っていう背景の設定が好きですねw
 タコ 16/06/28 22:00
>タコさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
いえいえ、楽しんでいただけたなら良いんです。
夏も近付いていますし、そういったおちもありかなーと思いまして。
 PLUTO 16/06/29 12:21
>「青い炎」を読んだ感想
復活していただいてとてもうれしいです。
一気読みしました。
やはい華さんは可愛い!稲荷亭の夫婦も好きです。
タンタンの話を再開させてみようかな。
 くろとら 16/10/21 16:39
>「銀の煙管 ??????(図鑑U-p.230)のネタバレあり」を読んだ感想
続きが読めて大変嬉しいです。
本当にありがとう。
  16/12/04 21:12
>「銀の煙管 ??????(図鑑U-p.230)のネタバレあり」を読んだ感想
今回も楽しく読みました。件の魔物娘なら知らぬ内に
合体という荒業もできそうですがそうしないあたり
は羞恥とか相手の意志を尊重しているみたい。
某所では尊厳も何もかもぶっとばして『合体アル!』
とか言う魔物娘もいますが。

リクエストのお話ありがとうございます。
華さん可愛いので楽しみに待っています。
 くろとら 16/12/05 14:13
>>名無しさん
読んでいただき、ありがとうございます。
遅筆ではありますが、今後もご期待に応えられるようにしていきたい所存です。

>>くろとらさん
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
それもまた、愛の形の一つなんでしょうから、問題ないかと思います。
私もくろとらさんの再開を待たせていただいておりますので、無理の無い範囲で…。

遅筆ですので、気長にお待ち下さい。
 PLUTO 16/12/05 21:32
本当に本当にいい作品でした感無量です。
ひとまずお疲れ様でした!
 タコ 17/05/01 01:52
>「弥彦とお華」を読んだ感想
おつかれさまでした。
次作も期待します
 パープル・アイス・ウルフ 17/05/01 08:17
>「青い炎」を読んだ感想
うん、いつもの白蛇さんだな。
  17/05/01 20:21
リクエストに応えていただきありがとうございました。
最初に会った華さんの回想みたいでとってもよかった
です。傘本来の使い方されて華さんも嬉しそう。
密着度も高いですし。
好きだった作品だけにこれで完結とは寂しいですが
他の作品も楽しみにしています。お疲れさまでした。
 くろとら 17/05/04 11:16
皆様を歓迎して当店をご光臨賜ります。
抜群な専売店に行かなければなりません
当店の商品は正規品に対して1:1の完成度で造られています。
お客様優先、良い品質、価格激安、多い選択
※ご注文の方は、ご連絡下さい。
お客様を期待!!
 腕時計 スーパーコピー 見分け [MAIL] 18/09/22 09:08

TOP | 小説へ

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.33